北朝鮮戦争勃発の確率2017最新情報!11月トランプ来日が分岐点

2017年現在、北朝鮮で有事が勃発する可能性が指摘されています

戦争が起こる確率はどれくらいあるのか?

最新情報を元に、確率を出してみました


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・戦争が起こる確率は「40%」ほどだろう

・アメリカ軍の戦争準備は、ほぼ整いつつある。空母が集結すれば準備完了

・攻撃するか否かの決断は、アジア歴訪の後に行われるだろう

 

■目次

北朝鮮で戦争が起こる確率とは?

アメリカ軍の戦争準備が整いつつある

トランプ大統領は、いつ決断するのか?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■北朝鮮で戦争が起こる確率とは?

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より

2017年4月の「アメリカ軍によるシリア攻撃」から緊張が高まった「北朝鮮危機」

2017年の10月になって、かつてないほどに緊張が高まっています。

北朝鮮周辺にはアメリカ軍が集結!

韓国軍とともに、合同軍事演習を行っています。

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮への攻撃可能性を示唆

対して「マティス国防長官」と「ティラーソン国務長官」は、戦争に消極的。

トランプを、マティスとティラーソンが押しとどめている状態なのです。

北朝鮮・・・・・10月はずいぶんとおとなしくしています。

また、北朝鮮サイドは、アメリカと非公式会合を行っているとコメント。

マティス・ティラーソンの努力、北朝鮮の態度、非公式会合など。

これらを観てみると、開戦の確率は「40%」ほどまで低下したと考えられます。

戦争の恐ろしさを、真の意味でわかっていないトランプ大統領だけは、積極的な状態です。

ただ、一つだけ恐ろしい情報があります・・・アメリカが「在韓の資産を引き上げるように」と指示していること

非公式会合をしている一方で資産引き上げ・・・・もしかしたら、本気で開戦するつもりなのかもしれません・・・。


sponsored link


■アメリカ軍の戦争準備が整いつつある

アメリカ軍の準備が整いつつあります。

10月30日現在、朝鮮半島周辺には3つの空母が集結しています。

「ロナルド・レーガン」

「セオドア・ルーズベルト」

「ニミッツ」

3つの空母が集結するのは、2011年以来。

しかもアメリカ軍は、韓国軍と合同軍事演習を行っています。

「実戦を想定した軍事演習」だそうです。

つまり、アメリカが本気であることを示しています。

マティス国防長官が言うには

「韓国・ソウルを危険にさらさない攻撃方法が存在する」

以前は「韓国への被害が大きすぎて、攻撃は不可能」と言われていました。

つまり、アメリカ軍にリスクはないのです。

その準備は整いつつあります。


アメリカ軍が北朝鮮を攻撃できない理由」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「アメリカが北朝鮮を攻撃できない3つの理由!戦争開始の可能性はなし?」の記事はコチラ

sponsored link


■トランプ大統領は、いつ決断するのか?

もしも北朝鮮有事が起こるとしたら、トランプ大統領はいつ、戦争の決断をするのでしょうか?

2017年11月14日以降でしょう。

もちろん戦争をしないという決断をする可能性もあります。

アジアを歴訪するトランプ大統領・・・歴訪は11月14日まで行われます。

3つの空母が北朝鮮周辺に集結しているのは、攻撃に備えての他にも、トランプ大統領の歴訪に備えてという理由もあるのです。

このアジア歴訪は、北朝鮮攻撃のための最期の根回しです。

この歴訪が終わった後「開戦か」「平和的解決か」を決断するでしょう。

ただ、平和的解決方法は、ほとんど手がないのが現状です。

イケイケのトランプ大統領が、平和的解決を選択するかどうか・・・マティス国防長官とティラーソン国務長官の真価が問われるときです。


平和的解決・唯一の方法」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「北朝鮮が今後どうなるか動きを大予言!戦争と平和への展開とシナリオ」の記事はコチラ

決断の後、攻撃開始はいつなのか?」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「アメリカの北朝鮮攻撃開始時期はいつ?11月と12月の動向を予言」の記事はコチラ

北朝鮮滅亡の日はいつなのか?」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

【北朝鮮】滅亡の日はいつ?2017~18年の崩壊シナリオを予言」の記事はコチラ

 

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・アメリカと北朝鮮の戦争が起こる確率は、「40%」程度

・アメリカ軍の準備は、ほぼ完了している。空母3隻集結で完全に完了する

・アジア歴訪が終了したのち、トランプ大統領は開戦か否かを決断するだろう

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る