アメリカが北朝鮮を攻撃できない3つの理由!戦争開始の可能性はなし?

北朝鮮攻撃をしないアメリカ

なぜアメリカは北朝鮮を攻撃しないのか?「3つの理由」とは?

戦争は、ありえないのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・アメリカが北朝鮮を攻撃できない理由は3つある

・3つの理由とは「長距離砲」「核兵器」「中国とロシアの反対」のこと

・しかし、戦争の足音は、すぐ間近に迫っている

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■アメリカが北朝鮮を攻撃できない「3つの理由」

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


アメリカのトランプ大統領と、金正恩の間が緊迫し始めたのが「2017年4月6日」

アメリカ軍が、シリアに巡航ミサイル59発を発射したのが発端。

しかし、アメリカ軍はシリアに攻撃したのとは異なり、北朝鮮へはなかなか攻撃しません。

攻撃しない理由は3つあります。

1,「北朝鮮の長距離砲一千門が、ソウルを向いている」

2,「北朝鮮が核兵器を、自衛のために保有している」

3,「中国とロシアが、戦争に大反対しているため」

北朝鮮は、ミサイルや核実験で、アメリカを威嚇・・・。

既にアメリカに到達可能な「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」を、北朝鮮は保有しています。

今や北朝鮮は、アメリカにとって大きな脅威なのです。


ICBM(大陸間弾道ミサイル)」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓


sponsored link


■「3つの理由」を更にわかりやすく解説

1,「北朝鮮の長距離砲」

もしも北朝鮮に攻撃したら、韓国ソウルに向いた長距離砲が、一斉に発射されるでしょう。

そうなったら、短時間で数十万の犠牲者が出るとも言われています。

2,「核兵器を保有」

北朝鮮が核兵器を保有しており、下手に攻撃すれば、核を使われかねません。

また、日本へミサイルが飛んでくる可能性も高いのです。

3,「中国とロシアが大反対」

北朝鮮は、中国にとって「在韓米軍」を抱える韓国との間の「緩衝地帯」

その緩衝地帯がなくなったら、中国は韓国国境に大軍団を配置して、在韓米軍に備えなくてはならなくなります。

何よりも、北朝鮮がなくなったら、大量の難民が「中国」「ロシア」に流れ込みます。

中国・ロシアは、難民を恐れているのです。


ミサイルが日本に落ちた場合の被害」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓


sponsored link


■戦争は、絶対起こらないのか?

3つの理由があるから、戦争は起こらない・・・と言っている専門家もいます。

しかし、甘いと言わざるを得ません。

戦争は起こる可能性が高いです。

なぜなら、北朝鮮は武力行使でなくては、「核」と「ミサイル」を絶対に手放さないからです。

核とミサイルは、アメリカにとって大きなリスク

アメリカは自国の本土への脅威を絶対に許しません。

交渉で、北朝鮮が「核と大陸間弾道ミサイル」を手放さないなら、攻撃するしか無いのです。

トランプ大統領は、戦争の恐ろしさをわかっていません。

わかっていないからこそ、本当にやりかねないのです。

「ティラーソン国務長官」と「マティス国防長官」は、戦争の恐ろしさがわかっているので、かなり消極的。

「長距離砲」と「核兵器」は、先制攻撃で無力化可能でしょう。

中国は・・・「共産党大会」が終わった今、言うことをきかない北朝鮮を苦々しく思っているはずなので、説得可能。

中国を味方にすれば、ロシアは黙らせられます。

戦争は・・・すぐそこまで迫っています。


アメリカと北朝鮮の戦争は、いつ始まる?」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

戦争回避のシナリオ」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・アメリカが北朝鮮を攻撃できない理由は3つある

・「長距離砲」「核」「中国・ロシア」のため、戦争は難しい

・しかし、戦争が絶対おこらないわけではない

・むしろ、戦争は間近に迫っている

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする