北朝鮮がミサイル発射し日本に落ちたら!被害状況といつ撃つのかを予想

北朝鮮ミサイルが、日本に落ちたら被害はどれくらいに?

北朝鮮はいつミサイルを発射するのか?

日本への被害とともに予想


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・北朝鮮の核ミサイルが東京で爆発したら、「90~180万人」が犠牲になると予想されている

・北朝鮮がミサイルを発射するのは、「2017年11月中旬~年末」・・・・北朝鮮が滅びる直前にヤケクソになって発射するかもしれない

・金正恩が亡命すれば、戦争を回避できる

 

■目次

北朝鮮ミサイルが日本に落ちたら?被害を予想

ミサイルは、いつ発射される?

戦争は避けられないのか?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■北朝鮮ミサイルが日本に落ちたら?被害を予想

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より

北朝鮮のミサイルが日本に落ちた場合、被害はどれほどのものとなるのか?

これはミサイルに搭載されている「弾頭」の種類によって異なります。

「核」が搭載されていた場合には、かなりの被害が想定されますが、その核にも威力の違いがあります。

アメリカの北朝鮮研究サイト「38ノース」が、核ミサイルによる被害想定をしていました。

北朝鮮が「25キロトン」の「核ミサイル」10~20発を東京に発射し、東京上空で爆発した場合、東京では「90万人」の犠牲が出ると言われています。

ちなみに広島・原爆は「16キロトン」。

また、先日北朝鮮が実験に使用した「250キロトンの水爆」が東京で爆発した場合、「180万人」が犠牲に・・。

ミサイルに化学兵器「炭疽菌」が搭載されていた場合、東京に着弾したら「136万人」が亡くなると「ウォーシミュレイション」という書籍で予想されています。

「サリン」「VXガス」などが弾頭の場合、「数千人」が犠牲になると予想されています。

■ミサイルは、いつ発射される?

北朝鮮が、先制攻撃で日本へミサイル攻撃する可能性は、極めて低いです。

そんなことしたら、世界中の多国籍軍が北朝鮮を滅ぼします。

 

マティス国防長官は、「ソウルに被害のでない、北朝鮮への先制攻撃の方法がある」と言っています。

もしもアメリカが本気で北朝鮮を攻撃したら、一瞬で終わる可能性が高いです。

日本に落とすつもりでミサイルを発射するとしたら、「北朝鮮が滅びる直前・ヤケクソ気味に発射するパターン」しか考えられません。

北朝鮮の緊張が高まるのは「11月中旬~年末~年始」にかけて。

戦争は瞬時に終わる可能性が高いですので、北朝鮮ミサイル発射のタイミングは、戦争開始直後です。

トランプ大統領が「11月上旬~中旬」にかけて、「アジア歴訪」の予定。

これは「北朝鮮攻撃に対する、最期の根回し」なのでしょう。


sponsored link


■戦争は避けられないのか?

戦争を避ける方法がたった一つだけあります。

「金正恩の亡命」

「フランス」への亡命が最も可能性が高いでしょう。

「金正日」の時代から、フランスには豪邸が用意されていますから。

亡命をしなくてはならないほどの危機感を、金正恩が抱いているとは思えません。

もしも「亡命」が実現したら、北朝鮮の支配体制は、中国主導で変化することとなるでしょう。

独裁体制は変わらず、中国の傀儡政権となること必至。

金正恩が危機感を抱くほどの軍事的圧力・・・。

これが戦争を回避する唯一の方法かもしれません。


金正恩・暗殺計画」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「金正恩暗殺計画・最新2017!アメリカ・トランプはいつ実行する?」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・日本・東京が核攻撃を受けたら「90万~180万人」の犠牲者が出る可能性がある

・北朝鮮がミサイル発射するのは「滅びる直前」

・開戦の可能性が高いのは「11月中旬~年末~年始」にかけて

・金正恩がフランスに亡命すれば、戦争は回避できる

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る