麻生太郎の兄弟姉妹は7人全員が超大物!家系図は戦国時代まで遡る?

華麗なる一族・麻生太郎

太郎氏は、7人兄弟の長男。総理大臣にまで上り詰めた人物ですが、彼の兄弟姉妹は全員が超大物だった!

麻生家の家系図は、戦国時代とも繋がっている?

麻生太郎さんの兄弟全員を徹底調査!


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・麻生太郎氏の兄弟は、ほぼ全員が大物であり、妹たちも実業家や皇室に嫁いでいる

・妹に、寛仁親王殿下に嫁いだ親王妃信子さまがいる

・先祖をたどれば「藤原鎌足」にたどり着く

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■麻生太郎氏の経歴!

元総理大臣、副総理にして財務大臣も務める麻生太郎氏。

漫画オタクで「べらんめぇ宰相」と呼ばれたお方。

ちなみに「べらんめぇ」とは「早口でまくし立てる」という意味。

「べらぼうめ」という言葉が、隅田川の向こう側である江東区などでは「べらんめぇ」と言われているのです。

麻生太郎氏の母は、元内閣総理大臣「吉田茂」の三女「和子」さん。

太郎氏は「麻生塾小学校」へ入学後、小学3年生のころに学習院初等科へ編入。

小さい頃は両親が東京に住んでいたため、福岡県に祖母と一緒に住んでいました。

学習院の初等科にて、亡くなった弟さんと二人だけが、他の子とは違い「革のランドセル」ではなく、布地のランドセルであったとのこと。

総理大臣の孫で、財閥の子弟である麻生太郎さん・・・・裕福な生活をしていたというイメージが定着していますが、かなり質素な生活をしていたみたいです。

その後、学習院初等科から学習院大学まで進学し、卒業後はアメリカ・サンフランシスコ郊外の「スタンフォード大学」へ留学。

そこでも、送金を受け取っていたわけではないため、お金に苦労したと言ってました。

帰国後は「麻生産業」に入社し、その後アフリカ・シエラレオネでダイヤモンド掘削の仕事に2年間ついていました。

その後は、麻生セメントの代表取締役社長に就任。

それまで炭鉱業を主にしていたグループの中核産業を「セメント業」に転換することに成功。

セメント業への多額の設備投資をしていた際に、周囲から

「麻生さんとこは、4代目の太郎さんの代で終わりだな」

と陰口を叩かれまくったが、その転換がオイルショック後の経済成長を捉えて成功。

現在の株式会社「麻生」の土台を築き上げることとなったのです。

政界進出!

麻生セメントの社長の座を弟に譲り、麻生太郎氏は、1979年10月の衆議院議員選挙に初めて出馬し、初当選。

その後、1983年の衆議院議員選挙で落選した後、2017年9月現在まで、全ての選挙で当選しています。

自民党小泉政権において、「政調会長」を務め、「総務大臣」「外務大臣」を務めています。

2006年9月、自民党総裁選に立候補し、安倍晋三氏に敗北・・・。安倍総裁の元で、「自民党幹事長」を務めました。

2007年9月、自民党総裁選で、福田康夫氏に敗北。2008年8月に再び「自民党幹事長」に就任。

2008年9月、自民党総裁選にて勝利。第92代内閣総理大臣に就任。

安倍政権・福田政権で国民に抱かれていた不信感と、メディアによる報道で叩かれまくった挙句、2009年9月衆議院議員選挙で惨敗。

民主党に政権を奪われて自民党総裁を辞任。

2017年9月現在、安倍政権で「副総理・兼財務大臣」を務め、59名の国会議員を抱える「志公会(麻生派)」の会長を務めています。


sponsored link


■兄弟姉妹はなんて名前?仕事は?

麻生太郎さんには、6人の弟と妹がいます。

三男三女の長男が麻生太郎さん。

ご兄弟の名前と仕事をご紹介致します。

麻生太郎

麻生太郎さんは、言わずと知れた政界の大物。

元内閣総理大臣・吉田茂の孫にして、自らも総理大臣。

ちなみに父方の祖父は、同じ「麻生太郎」というお名前です。

次郎

麻生太郎さんの弟・・・。

残念ながら早世なさっておられます。

1964年3月20日の「学習院大学ヨット遭難事故」で亡くなっておられます。

雪子

お仕事は定かではありませんが、ご主人は「ミングオブジャパン」という会社を経営している実業家。

後述しますが、このご主人「相馬和胤」さんは、相当な大物だそうです。

旦子

彼女のご主人も、かなりのキャリアを持っておられる方らしいですね。

元スペイン大使です。詳しくは後述致します。

米子

麻生兄弟の中で、唯一ご主人の名前が上がっておられない方です。

華麗なる一族の一員であることは間違いありません。

太郎氏の後を継ぎ「麻生セメント」の社長に就任。

その後、会長に就任。

信子

信子さんが最も有名です。

「ヒゲの殿下」という愛称で親しまれた「三笠宮寛仁親王」の奥様。

寛仁親王妃信子さまと呼ばれています。


sponsored link


■妹は皇室に嫁いでいた!

三女の「信子」さんは皇室に嫁がれています。

「ヒゲの殿下」こと「三笠宮寛仁親王」とご結婚なされました。

「三笠宮寛仁親王」は、昭和天皇の弟「三笠宮崇仁親王」の第一男子。

残念ながら2012年6月6日、66際の若さで薨去なされました。

内親王妃信子様の二人のお嬢様は、「女王」という称号を与えられて、名前の下の女王とつけられて呼ばれています。

長女は「彬子(あきこ)女王」殿下

次女は「瑤子(ようこ)女王」殿下

お二人ともお正月の一般参賀にて、陛下とご一緒にご公務を務めておられます。

麻生太郎さんと寛仁親王殿下が、同じ学習院であったことから、友人関係にあったようです。

当時16歳の「信子」さまに対し、当時26歳の寛仁親王殿下が求婚・・・。

まだ高校生で若すぎたため、8年後の1980年に正式に婚約!

この結婚には「麻生太郎」さんの後押しもあったと言われています。


sponsored link


■妹婿も超大物

妹婿二人もかなりの大物です。

相馬和胤氏

雪子さんのご主人「相馬和胤」さんは、「ミングオブジャパン」という会社のトップを務めておられる実業家です。

競走馬の生産をしている方で、競走馬「スーパークリーク」を生産した人。

荒船清彦氏

旦子さんのご主人・荒船清彦は、駐アルゼンチン・駐スペインの元大使。

麻生太郎さんの義理の弟に当たる方ですね。

■家系図は戦国時代にまで繋がっている?

麻生家が有名となったのは、麻生太郎の曽祖父が石炭事業で成功したため。

記録が火事で消失してしまったため、確かな記録が残っていないということです。

ただ、その血筋は「中大兄皇子」と一緒に「大化の改新」を行った「藤原鎌足」の子孫で、「藤原氏」の一族。

ご先祖様は鎌倉時代のあたりから福岡県遠賀郡で「麻生」を名乗り、代々かなり大きな庄屋さんを務めていたみたいです。

麻生氏はその後、麻生太郎氏の曽祖父「太吉」の代に、松下村塾出身の元老「井上馨」からの力添えを得て「石炭事業」で成功。

「麻生財閥」を築き上げたのでした。

戦国時代にも繋がりが!

麻生家は、戦国時代どころか鎌倉時代から栄えていた名家ということになります。

直接ではないのですが、麻生さんの家系図は「妹婿」である「相馬和胤」さんを通じて、どうやら戦国時代に繋がっているみたいです。

相馬さん・・・・どういう方なのか?

実は彼は、戦国時代に東北地方で一大勢力を築きあげていた戦国大名「相馬氏」の末裔。

16代当主の「相馬義胤」は、伊達政宗と死闘を繰り広げた武将。

「和胤」さんは33代目の相馬氏当主であり、今は息子の「行胤(みちたね)」さんが、34代目の当主となっています。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・麻生太郎氏は、麻生セメント社長を経て政界進出し、総理大臣へ

・兄弟は全員が大物であり、妹たちも実業家や元大使に嫁いでいる

・特に信子さんは、寛仁親王殿下に嫁いでいる

・麻生家は、福岡で代々庄屋を務めており、妹婿の相馬和胤さんは戦国大名の末裔

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする