斟酌の意味とは?政治での使い方、忖度との違いをわかりやすく説明!

森友学園問題で最近ワイドショーでよく耳にする言葉「斟酌(しんしゃく)」

一体どういう意味で、どういうふうに使われているのでしょうか?

森友学園問題と絡めて、「斟酌」の意味をわかりやすく解説致します。

そして同じくワイドショーで騒がれている「忖度(そんたく)」との違いを明らかに致します。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「籠池諄子の頭がおかしい?理由は何?」の記事はコチラ
「『悪魔の証明』の意味を森友学園問題を交えてわかりやすく説明」の記事はコチラ

■目次

斟酌の意味とは?忖度との違い

「森友学園問題」の経緯

「森友学園問題」における斟酌の意味とは?

本日のまとめ(森友学園ニュース・動画

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■斟酌の意味とは?忖度との違い

森友学園問題」の騒動において、よく耳にする言葉がありますよね。

斟酌(しんしゃく)」という言葉・・・・。また、「忖度(そんたく)」という言葉についてもよく耳にしますが・・・。

どういう意味なのでしょうか?

まずは「斟酌」という言葉の「意味」と「使い方」を調査してみました。

斟酌」の意味は

「相手の心情・事情を汲み取ること」「手加減をすること」

だそうです。

では、「忖度」の意味は何なのでしょうか?

忖度」の意味は

相手の気持ちを推し量ること

つまり、「斟酌」は「相手の事情を汲み取る・手加減をする」で、「忖度」は「相手の気持ちを推し量る」ということなのでしょうね。

この二つを比べてみると、「斟酌」では相手の気持ちを「察する・汲み取る」のみならず、「手加減」してあげる、という行為も加えられる様に思いますが、「忖度」ではあくまでも「察する」だけ・・・・という違いがあるように思えます。

そして「斟酌」では「汲み取る」だけですが、「忖度」では、「推し量る」という少し強めに相手を察しているのではないでしょうかね。

とはいえ、これは拙僧の勝手な推測ですので、間違ってるかもしれませんけどね(^_^;)

違ってもどうか勘弁してください(T_T)

目次にもどる

■「森友学園問題」の経緯

大騒ぎになっている「森友学園問題

この問題の中で「斟酌」という言葉が頻繁に出てきます。

野党議員が必死になって口にしていますよね

「シンシャクがあったんじゃないですか?総理!!」

「認めましょう!シンシャクがあったと思いませんか?総理!!」

などなど・・・・特に民進党は政権運営能力なんてないのに、政権奪取という叶わぬ夢を追っかけて、お家芸である「政権批判」に必死です。

無理ですよ民進党さん!政権取るなんて!(^_^;)

話を戻しましょう。

その「斟酌」を理解するために、まずは森友学園のこれまでの経緯を簡単にご説明いたします。

森友学園問題の発端は、森友学園が小学校建設のために購入した国有地が、通常の価格であった「9億円」から、実際の売却額が「1億円」へと、なんと「8億円」もの値引きをされてしまっていたことです。

この値引きの理由が「政治家の口利き」なのでは?と疑われていたのです。

更にはその口利きをしたのが「安倍総理」なのでは?と言われていたのです。

なぜかというと、この森友学園の名誉校長に就任していた人物こそ、安倍総理の妻である昭恵夫人だったから。

昭恵夫人を通して、安倍総理が森友学園に便宜を図ったのでは?と言われているのです。

それのみならず、森友学園には「工事請負契約書」を偽造して、補助金を不当に引き上げて受け取っていた疑惑も持ち上がっています。

さらにはこの疑惑が持ち上がっている森友学園に対して、安倍総理が100万円を寄付していた疑惑を抱かれているわけですね。

もちろん安倍総理は「寄付」についても「口利き」についても関与を全否定しています。

そこで疑われたのが「斟酌(しんしゃく)」又は「忖度(そんたく)」なのです。

ちなみに現在「森友学園」の元理事長である「籠池泰典」氏は、建築会社への支払い未納により損害賠償を請求され、自宅を仮差押えされてしまっています。


sponsored link


目次にもどる

■「森友学園問題」における斟酌の意味とは?

さて、では政治において、「斟酌」という言葉・・・・どのようにして使われているのでしょうか?

斟酌・・・・「相手の気持ちを汲み取る」「手加減をする」

という意味ですが、この「斟酌」という言葉・・・森友学園問題とどういう関係があるのでしょうか?

8億円も土地の値段が値引きされたことで、安倍総理が口利きをしたのではないか?と疑われたものの、そんな証拠がどこにもないことで、「斟酌」「忖度」があったのではないか・・・と言われています。

斟酌・・・つまり「口利きは無かったものの、安倍総理の妻・昭恵夫人が名誉校長を務める森友学園が土地を購入しようとしているので、土地を管理していた近畿財務局が、気を使って・安倍総理という権力者の気持ちを推し量って、口利きがないにも関わらず勝手に森友学園に対して値引きしてあげた」

ということですね。

安倍晋三氏は言わずと知れた日本国の内閣総理大臣。つまり日本の最高権力者。

そんな安倍晋三の妻が名誉校長を務める森友学園が土地を欲しがっている。

偉い人なんだから、何か便宜を図ってあげなければ!と勝手にプレッシャーを感じた近畿財務局が、頼まれもしないのに勝手に土地を8億円も値引きして売ってあげた・・・ということです。

これについて、安倍晋三は「そんなことあるはずがない」と否定しております。

しかし、安倍総理の絶大な権力を考えてみると、その疑いが持ち上がるのも仕方ないでしょう。

たとえ安倍総理自身が口利きをしていなくても「斟酌」があった!ということは、民進党いわく「問題がある」のだそうです。

総理大臣という絶大な権力を持つ人間が、斟酌されることに気をつけないなんて、職務怠慢だ!

ということでしょうね。

まぁ、斟酌があっても総理の責任か?と言われると、そうではない気がするのですがね(^_^;)

斟酌・・・・強い権力を持つものに対して、周囲の人間が勝手に行う気遣い・手加減・・・。

安倍総理の知らない所で起こってしまった・・・・・。確かに問題があるかもしれません。

何といっても今回値引きされたものは「国有地」です。

つまり国の土地・・・・国民のものであるはずの国有地が、斟酌されたことで8億円も損なわれたわけですからね。

民進党が勢いづくのもわかる気がします。

でもね、これで安倍政権が退陣しても、民進党が次の選挙で議席を増やすことはないでしょう。

だって・・・・必死に批判ばっかりしている民進党・・・・政権運営能力があるとは思えません。

批判しているだけで、しっかりした代案を出さないと、野党としてもそれほど存在意義があるとは思えませんしね(T_T)

目次にもどる

■本日のまとめ(森友学園ニュース・動画)

本日の記事をまとめますと

・「斟酌(しんしゃく)」とは「相手の気持を推し量る・手加減する」という意味。

・森友学園問題で「斟酌」という言葉が何度も聞こえてくる

・国有地払い下げの際に斟酌されて8億円値引きされたのでは?と言われている。

・森友学園の名誉校長「安倍昭恵」夫人に対して、土地を管理していた近畿財務局が斟酌したのではないか?ということ。

以上となります。

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

忖度(そんたく)の意味を森友学園問題を交えてわかりやすく説明!」の記事はコチラ
籠池氏の逮捕はいつ?」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る