北朝鮮の核実験で戦争の可能性大!実験の目的と核で狙う国はどこ?

緊張が増している北朝鮮とアメリカ。

米朝戦争の前触れとして米空母「カールビンソン」が朝鮮半島へ

北朝鮮の核実験が発端となって、開戦してしまうのか?

北朝鮮は核兵器で、どこを狙うというのか?

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮とアメリカが緊張状態

北朝鮮はなぜ核実験をする?

核でどこの国を狙う?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮とアメリカが緊張状態

核兵器とミサイル開発をいつまでたってもやめない北朝鮮に対して、アメリカのトランプ大統領が激怒しています。

これまで20年もの間、対話と圧力をもって北朝鮮の核・ミサイル開発に対峙してきましたが、その結果が「北朝鮮の核保有」と「大陸間弾道ミサイル能力の劇的向上」でした。

アメリカのトランプ大統領はこの事実に焦り、激怒。

シリアへミサイル攻撃をすることで、アメリカが軍事介入する武力行使もあり得るのだと、北朝鮮に圧力をかけてきました

しかし北朝鮮はこの圧力に屈することはなく、米軍の迎撃態勢を整えている始末。

アメリカは空母「カールビンソン」を、予定のオーストラリアへは向かわせず、朝鮮半島付近へ。

4月末に朝鮮半島へ到着。

この空母の到着で、米朝戦争開戦の可能性が一層高まりました・・・。

とはいえこの4月15日には何事もなく、北朝鮮では太陽節という祝日を祝いながら軍事パレードが行われたのみ。

翌日の4月16日にはトランプ大統領が「レッドライン」と呼び、開戦の口実・きっかけとなり得るはずの「ミサイル実験」が行われました。

しかし北朝鮮ミサイルは発射から5秒で爆発!実験は失敗に終り、4月15日という最初の危機は回避した形です。

次の山場は4月25日の「人民軍創立記念日」の式典。

ここで核実験・・又はミサイル実験が行われるのでは?と心配されています。

追記いたします。

アメリカと北朝鮮の危機が噂されていた「2017年4月」が、何事もなく過ぎ去りました。

この間、北朝鮮は「砲兵訓練」や「ミサイル実験」を強行しましたが、アメリカはそれに対して動かず。

中国は北朝鮮からの石炭輸入を停止し、外貨獲得に打撃を与えました。

更には石油パイプライン停止、というカードをチラつかせて「核実験阻止」を狙っています。

アメリカと北朝鮮は膠着状態に!

5月8~9日に、ノルウェーで非公式会談。

圧力から対話へと移行しました。

韓国では、5月9日、親北朝鮮の「文在寅」氏が大統領に当選。

北朝鮮包囲網に、大きな穴が空いてしまうことになるでしょう。

これで北朝鮮を追い詰めることが難しくなりました。

北朝鮮・・・・・まだまだ粘りそうですね。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■北朝鮮はなぜ核実験をする?

北朝鮮が核実験をやめない理由は、アメリカに潰されないため。

つまり「抑止力」として核を保有しているのです。

北朝鮮は「イラクのフセイン大統領」がアメリカに潰された件を研究しているそうです。

なぜフセイン大統領は負けてしまったのか。どうしてイラクはアメリカと戦争することになったのか?

それは核兵器がないから。

核兵器があれば、それが強烈な抑止力となって、アメリカの攻撃を北朝鮮が受ける心配は減るでしょう。

アメリカがもしも北朝鮮を攻撃したら、北朝鮮は韓国へ核攻撃をするかも・・・。

そうなると在韓米軍が被害にあうかも・・・。

また、核の小型化に成功して弾道ミサイルに搭載できるようになったら、北朝鮮はアメリカ本土に対して核を使用するでしょう。

そうなると、おそらくアメリカは北朝鮮に手が出せないでしょう。

核兵器は強力な抑止力となる・・・・北朝鮮は「滅びないため」に核兵器開発をやめないんですね。

・「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■核でどこの国を狙う?

北朝鮮は核兵器を完成させたら、一体どこの国を狙うのでしょう。

間違いなくアメリカを狙うでしょう。

何故か。

北朝鮮はこれまで何度もアメリカとの直接交渉を試みてきました。

しかし、アメリカはそれに応じること無く無視し、経済制裁をするという方法で北朝鮮の核開発をやめさせようとしました。

どうして北朝鮮は直接交渉をしたいのか?

それはアメリカという覇権国に、北朝鮮の「金正恩体制」つまり「金一族」の支配体制を認めさせ、北朝鮮を安泰させたいから。

アメリカに北朝鮮の体制を認めさせれば、北朝鮮を攻撃しようという国は事実上なくなりますからね。

その為、北朝鮮はアメリカを恐れさせ、「金正恩体制を認めるしかない」と言わせるために、アメリカが最も嫌がる「核開発」と、その核を搭載してアメリカ本土を攻撃する事が出来る「大陸間弾道ミサイル」を開発し続けているのです。

核を搭載した大陸間弾道ミサイルをアメリカに撃つ事ができる能力があれば、アメリカは北朝鮮を無視できません。

核がアメリカに撃たれたら恐ろしいほどの被害が出てしまいますからね。

核の脅威を盾にされると、アメリカは北朝鮮の体制を認めるしかなくなるでしょう。

その為、北朝鮮の核は、アメリカを狙っているのです。

又は、日本にある「在日米軍基地」を狙っているでしょうね。

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮とアメリカの緊張が極限に達している。

・北朝鮮が核開発をやめないのは、アメリカからの攻撃を未然に防ぐため。

・北の核はアメリカ本土を、又は日本の在韓米軍基地を狙っている。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る