慰安婦問題の真実とウソ!日本が捏造してしまった2つの証拠とは?

慰安婦問題・日韓合意

韓国では再交渉・破棄が叫ばれているこの問題。

実は日本が、証拠を捏造してしまってた。

捏造してしまった2つの証拠とは?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

韓国の新大統領が「日韓合意」破棄へ(ニュース・動画)

慰安婦問題、日本が捏造してしまった「2つの証拠」

今後、慰安婦問題はどうなるのか?

本日のまとめ(慰安婦問題への反論動画リンク

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏。

目次にもどる

■韓国の新大統領が「日韓合意」破棄へ(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

韓国の新大統領「文在寅」。

彼は大統領選挙での公約に「慰安婦問題における日韓合意の再交渉」を掲げて当選。

「日韓合意」とは2015年末に結ばれた、慰安婦問題について「最終的・不可逆的に解決したことを確認する」とした約束。

大統領就任後、表立って日本に「合意破棄」や「再交渉」を要求してくることはありませんが、なんとか再交渉したい!と仄めかしています。

5/25日には、韓国の首相候補である「李洛淵」氏が、慰安婦問題についてコメントしていました。

「(日本が)日韓合意を韓国人の多くが受け入れられない現実を認めて、河野談話を元にして知恵を発揮してほしいと、私は思っている」

日韓合意という国家間での約束を、政権が変わっただけで覆す。「最終的・不可逆的に解決!」という合意など無かったかのような韓国政府の態度。

合意が実現した以上、日本が知恵を出す必要などないというのに・・・・。

それにしても、そもそも慰安婦問題とは何なのか?

それについて説明させて頂きます。


sponsored link


目次にもどる

■慰安婦問題、日本が捏造してしまった「2つの証拠」

慰安婦問題とは、一体何なのか?

めちゃくちゃ簡単に言ってしまうと、「慰安婦問題」というのは、

戦時中の日本軍が、韓国女性を乱暴する目的で、無理矢理拉致した

と、韓国が日本を訴えている問題。

そしてそれに伴い、韓国が日本に対して「謝罪と賠償」を求め続けている問題のこと。

しかしこの、日本軍による「慰安婦問題」、御存知の通り「捏造」です。

2つの証拠

日本軍は、そんなことをした証拠は皆無。

にも関わらず、韓国がいわゆる「従軍慰安婦」というものが存在したと主張する根拠は、主に2つ。

 

1,「吉田清治」という日本人が、自らの著書で「自分は日本軍にいた頃、慰安婦とするために済州島で韓国女性を拉致した」とする証言

その「吉田清治の証言」をもとに、朝日新聞が書いた「慰安婦」の記事

 

2,何の根拠もなしに「河野洋平」元官房長官が、罪を認めて謝罪してしまった

 

この2つを証拠として、韓国は日本に慰安婦問題について「謝罪と賠償」を求めてくるのです。

「1」については、既に嘘だということが証明されています。

吉田清治という人物は、自らが「韓国女性を拉致した」と著書に書いたわけですが、済州島の住民に当時そんなことがあったのか?を尋ねた所、「そんなことはなかった」と、誰もが証言。

吉田氏本人も、「本当のことを書いても売れない」と言って、この証言が嘘であることを認めています。

挙句の果てには吉田清治の長男が、「父の嘘に耐えられない」として、父が韓国国内にたてた「謝罪碑」の碑文を書き直していました。

朝日新聞では平成26年に、「吉田清治」関連の記事18本を間違いだと認めて取り消しています。

いわゆる従軍慰安婦の根拠が崩れても、なお韓国では、「慰安婦問題についての謝罪と賠償」を求めてきます。

何故かというと、当時の官房長官「河野洋平」が、根拠もなく謝罪してしまい、未だに「正しい判断だった」と主張しているから。

河野談話と呼ばれるこの「謝罪」で、日本は「慰安婦」について、罪を認めてしまい、捏造が許されてしまったのです。


sponsored link


「慰安婦」と「従軍慰安婦」の違い

慰安婦従軍慰安婦。この2つ、一体何が違うのか?

従軍慰安婦とは、「軍に従事させられた慰安婦」ということ。

対して「慰安婦」とは「民間業者が行った慰安婦という事業」。

従軍慰安婦ならば、日本という国家が謝罪しなくてはならないでしょう。

しかし、従軍慰安婦が存在した証拠は皆無。

実際には民間業者が、違法に、韓国女性を無理やり慰安婦として働かせていたという事。

しかもジャーナリスト「櫻井よしこ」さんの調査によると、日本政府は

「女性を売買して、無理やり慰安婦として働かせている慰安婦業者を、日本政府は取り締まっていた」

のだそうです。

つまり慰安婦問題とは、

「日本軍が無理矢理働かせていたのではなく、一部の民間業者が女性を慰安婦として無理矢理働かせていた。

その事実が、いつの間にか『日本軍が無理矢理拉致した』という話にすり替わり、韓国が日本に『謝罪と賠償』を求める根拠となっている」

ということです。

民間業者が行った悪事は、当時の法律で裁かれるべきものであり、日本政府はそれを取締していました。

民間の悪事であっても、一応日本は韓国に謝っています。

この問題は、1965年の日韓基本条約で「完全かつ最終的に解決」しているはずなのですが・・・韓国は蒸し返しまくってます。


sponsored link


実は「日韓基本条約」で解決済み

1965年、日韓基本条約という条約が締結されました。

その条約に「国民による請求権に関する問題」について「完全かつ最終的に解決された」と書かれています。

つまり、慰安婦問題で韓国が日本に求めている「賠償」は、既に終わっている、ということ。

にも関わらず日本は、あまりにもしつこい韓国の請求に応じて、2015年末に日韓合意を結び、安倍総理が「謝罪」し、「つぐない金」として10億円を拠出。

それに対して、韓国政府は「大使館前の設置された少女像撤去に努力する」約束でした。

にも関わらず、少女像は動かず、日韓合意を再交渉。

いくら相手の要求を満たしても蒸し返され続け、「動くゴールポスト」と称される韓国の「慰安婦問題」。

今後日本はどうすればいいのか?


sponsored link


目次にもどる

■今後、慰安婦問題はどうなるのか?

 

日本はどうすれば良いのか?

日本国民はどうすればいいのか?というと、

「日韓合意で、慰安婦問題は最終的・不可逆的に終了した。

日本は10億円の拠出と、安倍総理による『心からのお詫び』を実行したのだから、大使館前の慰安婦像を早く撤去してください」

と言い続ければよいでしょう。

韓国の新大統領が、就任直後に安倍総理に対して

「国民の大多数が受け入れられないのが現実だ」

と言ったそうです。しかしそんなこと日本からすれば、知ったこっちゃありません。

更には韓国の「文」という国会議員が来日して、

「日韓合意の破棄でも履行でもない『第三の道』を!」

と発言してます。何を言っているのやら・・・。

日本がすべきことは、何もありません。

既に合意しているのだから、納得しない韓国国民を、韓国政府が納得させればいいだけ」です。

日本がこの件について、これ以上動く必要はなく、100万回でも「日韓合意を履行してください」と言い続ければ良いだけ。


sponsored link


慰安婦問題に、真の終わりはない!

あまりのしつこさに、日本及び日本人は、韓国にウンザリしていますが・・・韓国と対するためには「根気」が必要になります。

何といっても「恨みを1000年忘れない」国家ですからね韓国。

好きになる必要などないですし、無視でいいでしょう。

作家・竹田恒泰さんや経済評論家・三橋貴明さんなどの著名人が、「韓国と仲悪くなってよかった」と言っているくらいです。

「慰安婦問題は、韓国が相手である限り、永遠に解決などしない。

韓国人は、そもそも解決させるつもりなどない。」

と思ったほうがいいです。

しかし、日韓の断交はマズイ?

韓国はその位置からして、日本にとっては北朝鮮からの「」の役割を担っています。

国交断絶して北朝鮮に着かれないように、見張りは必要かもしれません。

「生かさず殺さず」ではなくて「ギリギリ殺さず」が最良。

とはいえ、韓国は滅亡が近いかもしれません。

あと10年保つかどうか・・・。

韓国滅亡について、詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

「韓国崩壊の最新予言2017!いつどうなるのか2つのシナリオ紹介!」の記事はコチラ
「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ(慰安婦問題への反論動画リンク

本日の記事をまとめますと

・韓国が「慰安婦問題・日韓合意」の再交渉を模索している。

・そもそも慰安婦問題はガセ。

・日本は韓国に対して「日韓合意を実行せよ」と100万回でも言い続ければよい。

・韓国人が相手である限り、慰安婦問題の解決など永遠にない。

以上となります。


アメリカの地でこの慰安婦問題に対して、1人反論をする日本人がいます。

彼の名前は「谷山雄二朗」。

彼は異国の地で、日本人の名誉を守るために奮闘!

慰安婦問題は捏造である」と英語で演説をした人物。

英語圏の外国人に「慰安婦問題」について尋ねられたら、この動画を見せれば良いかもしれません。

55分ほどの動画になりますが、よろしければ、ご確認くださいませ。

日本語の字幕が入ってますので、英語が話せなくても理解できます。

「谷山雄二朗 慰安婦アメリカ演説」の動画はコチラ

谷山雄二朗さん・・・お見事です。


本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮2017年現在の状況は?戦争秒読み状態となった3つの理由」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る