【音喜多駿】都議が胡散臭い理由!強姦容疑で起訴猶予になってた!

小池百合子さんが実質率いる地域政党「都民ファーストの会」

その顔とも言える存在だったにも関わらず、離党した「音喜多駿」都議

どこか胡散臭いと言われていたが、実は「強姦容疑」で起訴猶予処分になっていた!


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・音喜多議員が強姦で起訴猶予となっていた

・しかし本人は「行き違い」であると主張している

・都民ファーストの会離党は、真っ当な判断だったと考えられる

 

■目次

音喜多駿氏が、強姦容疑で起訴猶予?

「強姦」騒動の真相は?

音喜多駿議員の「都民ファーストの会」離党!評価すべきか否か?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■音喜多駿氏が、強姦容疑で起訴猶予?

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より

都議会最大勢力にして、都知事「小池百合子」さん率いる「都民ファーストの会」、その顔とも言える存在なのが「音喜多駿」議員

そんな彼が、週刊文春から「OL強姦」の容疑で「起訴猶予」となっていたことが明らかになりました。

それによると

「2010年、音喜多議員が早稲田大学を卒業後、ルイヴィトンに入社し勤務していたときのこと。

音喜多さんは、飲み会で知り合った女性と関係を持ったものの、2010年5月に「強姦」による被害届が警察に出された・・・」

とのこと。

2010年8月、起訴猶予となり、不起訴処分となっています。

起訴猶予というのは、証拠は揃っているものの、被害がたいしたことない・・・または「示談」が成立した場合にくだされるものです。

果たして・・・本当にこんなことをやらかしたのでしょうか?

なんだか「爽やか」過ぎて、胡散臭い感じがする・・・と言われていた「音喜多」議員。

ことの真相は、どうなっているのでしょうか?


sponsored link


■「強姦」騒動の真相は?

音喜多議員は、この件について自らのブログを使って説明しています

実はこの警察沙汰になった件、文春が報じる3年も前の2014年8月に、一部日刊紙で報じられており、それに対して音喜多議員は、すぐにブログで釈明しているのです。

「議員になるずいぶん以前の話になりますが

同時交流のあった女性との間で、行き違いになったことがありました。

記事にもあったように、双方が警察から状況を聞かれたりもしましたが、すぐにご理解をいただけました。

念のため申し上げますと、この過程において、金銭的なやり取りが発生したなどという事実も一切ございません」

つまり、示談すらしていないということですね。

「これ以上の詳細は、先方のプライバシーにも係ることなので、説明することは控えさせていただきました」

とのこと。

奥様の江東区議会議員「三次由梨香」議員にも、既に説明済みで、子供に対しては、高校卒業した頃に説明しようと考えているとのこと。

週刊文春からの取材申し込みに対し『公開取材』と称して、ネットで取材している様子を公開しようと提案したが、断られたと言っていました。

何もやましいことはない・・・ということなのでしょう。音喜多議員の説明する態度は、結構堂々としたものですし。

警察が双方から事情を聞いて、あっという間に解決したと主張していますし、実際「起訴猶予」になっているので、大事ではないということですね。

おそらくですが、関係を持ったのち、何かしら痴話喧嘩をして警察沙汰になった・・・ということでしょう。

起訴猶予である以上、それほど大騒ぎするほどのことではないと考えられます。


sponsored link


■音喜多駿議員の「都民ファーストの会」離党!評価すべきか否か?

音喜多議員と言えば、「都民ファーストの会」で、幹事長を務めた方です。

メディアにも頻繁に出演していた音喜多議員が、2017年10月5日に突然「都民ファーストの会」を離党しました。

離党原因について

「都政に問題山積であるにも関わらず、国政に進出しようとする小池百合子都知事に疑問がある」

としていました。

更には

「言論統制をされた」

と主張。

どうやら小池百合子都知事が、メディア出演を含めた情報発信に、制限をかけたらしいのです。

これに対して、都議の「上田令子」氏と一緒に「かがやけTokyo」を設立し無所属で活動することを発表。

この離党に対して、いろいろな声が挙がっています。

賞賛・批判・・・多々ありますが、果たしてこの離党・・・評価して良いものかどうか・・・。

都民ファーストの会離党は、正しいことか?

参議院議員の青山繁晴さんは、この音喜多議員の離党を評価していました。

都民ファーストの会の情報公開の不十分さに対して「ブラックボックス」と称していた音喜多議員。

正しいことをしようとして離党を決断したのでしょう。

中には「選挙に当選したあとで用済みになった」「国政選挙への鞍替えを、希望の党から断られた」などという声も挙がっていたようですが、「用済み」というなら、数年後の任期満了選挙で断罪されるだろうし、「国政鞍替えを断られた」という件は、本人が真っ向否定しています。

これまで音喜多議員が何をしてきたのか?

その実績を見てみると、野党であるためか、実績と呼べるものは、はっきりとしたものはありません。

そして、この離党を評価すべきか否かは、今後の実績によるところも大きいとは思います。

しかし、「小池百合子」都知事による都政が、何の結果も出していないということは事実であり、そんな状態で「国政に進出する」というのは、完全に間違っていると、拙僧も思います。

それに対して、内側から「NO」という声を上げるのは、かなりの度胸が必要だったでしょう。

「風」が吹いている「小池百合子」の下にいることは、当面は安全なはずなのに、それを蹴ったのですから。

今後の結果にもよると思いますが、今回の「離党」の動機について、正しいことをしようとした・・・と考えられますので、評価しても良いのではないでしょうか。

「希望の党」からの公認を、政策が違うという理由で蹴った「原口一博」元総務大臣

この方の決断も合わせて、評価すべきなのかもしれません。

まぁ・・・今後結果を出すことが、大前提ですけどね。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・音喜多議員が、「OL強姦」で起訴猶予となっていた

・本人は、既に解決済み・行き違いと主張していた

・本当に行き違いなのだろう

・都民ファーストの会離党は、評価していいと思う

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「希望の党・公認候補者名簿一覧!支持率低下し目標233人は不可能!」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る