憲法改正を超分かりやすく簡単に解説!賛成派3つの主張と自衛隊問題

安倍総理が目指しているという「憲法改正」

超わかりやすく超簡単に解説致します。

賛成派が主張する、改正が必要な3つの理由と

日本が抱えている「自衛隊問題」についても、短く解説致します。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「憲法」ってなに?(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より


憲法改正」が話題になっていますが、そもそも「憲法」ってなに?

憲法とは、何なのか?

憲法・・・・よく話題になるのが「憲法9条」

「戦争してはならない。戦力(軍隊や武器など)を持ってはならない」

という法律です。

憲法って・・日本人全員が、守らなくてはならない法律なの?

例えば、テレビ番組「なんでも鑑定団」に「日本刀」を持ち込む人が、時々います。

鑑定を依頼する方々は「日本刀」という武器を所持しているわけですよね。

しかし

「日本刀を所持しているなんて!戦力を持っているじゃないか!憲法違反だ!」

とはなりません。

届け出をしていなければ、「銃刀法違反」で逮捕されるかもしれませんが、「憲法違反」で逮捕される人はいません。

実は「憲法は、国民が守らなくてはならない法律・・ではない」のです。

「憲法」は「国家、または国家を運営する人たち(大臣などの政治家)が守らなくてはならない法律」なのです。

憲法に「戦争しません」「軍隊を持ちません」と書かれているのなら、「国会議員」は、「戦争します」「軍隊を持ちます」と、国会で決定できないのです。

憲法とは、国家が悪いことをしないように、政治家や国家の行動を制限する法律」なのです。


sponsored link


目次にもどる

■憲法改正って?短く解説!

「憲法改正」とは?

言葉通り「憲法を変える」ということ。

憲法が変えられる!ということは、「国家・政治家」の、「やってはいけないことが変わる」ことを意味します。

例えば、「憲法9条」には

「戦争してはいけません。戦力(軍隊など)を持ってはいけません」

と書かれています。

これが改正されると、日本は「戦争ができる国家」になります。

だから、憲法改正に反対している人たちは

「憲法を改正してしまうと、戦争になってしまう!」

と大騒ぎしています。

でも、憲法を改正すると、本当に戦争になってしまうのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■憲法改正に賛成する人の「3つの主張」

憲法改正に賛成している人たち。

彼らは「憲法9条を変えなくてはならない!」と主張しています。

憲法改正を主張するなんて・・・賛成派は、戦争をやりたい人たちなのか?と思ったら、そうではないみたいです。

彼らが今「憲法改正」をしたがる「3つの主張」を確認してみましょう。

1,「戦争やりたくない」だから憲法改正

憲法改正に賛成している人たちは、「憲法9条」と変えなくてはならない!と言っています。

戦争やりたい人たちなのか?と思いきや、彼らの目的は「戦争をしないこと」だそうです。

「戦争しないために、『戦争しちゃいけない』という法律を変える」

矛盾している気がしますが、賛成派の言い分は、以下の通り。

「戦争できません!と言って、軍隊を持っていないと、他国から『日本は簡単に攻め落とせる国』だと思われかねない。

用心のため、軍隊を持っていたほうが、他国から攻撃される危険性が減る。

戦争なんて絶対にしてはいけないからこそ、軍隊を持たなくてはいけない」

戦争といっても、2種類の戦争がありますよね。

1,「他国から攻撃されて始まる戦争」と

2,「こっちから攻撃して始まる戦争」。

賛成派は、「他国から攻撃されて始まる戦争」を心配して、「憲法改正は必要」と訴えているみたいです。

反対派は、逆に「こっちから攻撃して始まる戦争」を心配しています。

憲法改正・賛成派は、「こっちから攻撃して始まる戦争」について、「国民が、しっかりと国家を監視すれば大丈夫」と言っています。

2,北朝鮮があまりに危険!

最近、北朝鮮が危ない!と、ニュースで騒がれています。

北朝鮮といえば、核兵器やミサイルを持っていて、日本人を拉致した犯罪国家!

そんな危ない国が目の前にあるのだから、せめて武装しておかないと、危険だ!というのが、賛成派の言い分です。

3,やるなら今しかない!

憲法を改正するには、大きく2つのハードルがあります。

1つ目が「国会議員3分の2の賛成」、2つ目が「国民投票

まず国会で、国会議員「3分の2」以上が「憲法改正に賛成」する事が必要です。

しかし、通常の法律をつくる場合と違って、憲法の場合、国会議員たちの賛成だけで憲法は変わりません。

その後、「国民投票」・・・つまり選挙のように、有権者が投票し、半分より多くの人が賛成して、初めて憲法が改正されるのです。

現在、憲法改正を主張している国会議員たちだけで、1つ目のハードル「3分の2以上」を上回っています。

これは、非常に珍しいことなのです。

だから「賛成派」は、「憲法を改正するチャンスは、今しかない」と言っているのです。


sponsored link


目次にもどる

■現在の憲法では、「自衛隊」は違法?

日本には、「軍隊はないが、自衛隊はある」のです。

「自衛隊」・・・国会議員は「あれは軍隊ではない」と言っています。

実は、自衛隊・・・・「憲法違反なのではないか?」という問題が、長く議論されてきたのです。

確かに、自衛隊はどこからどう見ても「軍隊」。しかし、憲法9条には「日本国は、戦力(軍隊)は持ちません」と書かれています。矛盾していますよね。

でも、日本に自衛隊がなかったら、他国は「簡単に攻め落とせて土地が手に入る!だったら攻め込んでやる」と言い出しかねません。

特に北朝鮮には「ミサイル」があります。

北朝鮮は、一度に200発のミサイルを、日本に発射する能力があるそうです。

それに対して、「日本のミサイルを撃ち落とす能力」は、どんなに頑張っても、一度に60~70発だけだそうです。

つまり、「日本国民を1人も犠牲にせず、日本を守る」ことは、北朝鮮が相手である限り、もはや不可能・・・ということなのかもしれません。

しっかりとした軍隊があれば、北朝鮮は日本を下手に攻撃できなくなるかもしれませんが・・。

北朝鮮だけでなく、日本の尖閣諸島を「俺達のものだ!」と主張している中国が、軍隊で日本に攻めて来て「戦争」になる可能性も、ないとは言えません。

自衛隊・・・・命がけで、被災者や海外の困った人たちを助けているのに「憲法違反」なんて言われたら、なんだかかわいそうですよね。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・憲法は、国が違法なことをしないように、国の行動を制限する法律。

・憲法改正に賛成している人たちは、「軍隊を持っていないと、攻め込まれて戦争になる」と主張している。

・反対派は、「軍隊を持っていると、攻め込んで戦争になる」と主張している。

・自衛隊は、これまで長く、その存在が「憲法違反なのではないか」と言われてきた。

以上となります。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする