トランプ大統領に弾劾の可能性!2017年弾劾されたらどうなるの?

ロシアとのいけない関係が噂されているトランプ大統領

FBI長官を、保身のために解任したとも言われています。

なぜ弾劾されると噂されているのか?

その原因と、予想される結末をご紹介。

これを読めば、トランプ大統領が置かれている窮地がわかる!

「北朝鮮がミサイル発射して日本に落ちる可能性は?最新情勢から予想」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

トランプ大統領・弾劾裁判の可能性!

なぜ弾劾されるのか?

もしも弾劾裁判となったら、どうなるのか?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■トランプ大統領・弾劾裁判の可能性!

アメリカのドナルド・トランプ大統領に「弾劾裁判」の可能性がささやかれています。

弾劾裁判・・・・現在韓国で、前大統領の「パククネ」容疑者が、裁判を受けていますが、彼女が大統領の権力から引きずり降ろされたのも、弾劾裁判がきっかけでした。

どうやらトランプ大統領も、その弾劾裁判を受けることになりそうです。

アメリカで、もしも弾劾裁判が行われたなら、1998年のビル・クリントン大統領以来となります。

ちなみにビル・クリントン元大統領は、女性関係でスキャンダルを起こし「不適切な関係」という「流行語」を生み出すほどに問題となりました。

そのため「大統領としての品格が備わっていない」として、弾劾されることとなったのです。

結果は無罪でしたが、彼の問題行動が原因で、次期ブッシュ政権は、クリントン政権の後始末に謀殺されることとなりました。

目次にもどる

■なぜ弾劾されるのか?

どうしてトランプ大統領は、弾劾されることとなったのでしょうか?

原因は、権力の横領。

ドナルド・トランプ氏が大統領に当選した「大統領選挙」

当初から「ロシア」の介入を利用してのものだ、と噂されてきました。

ロシアは、自分達に都合の良い「トランプ大統領」を秘密裏に支援。

その支援を受けてトランプ氏は大統領に当選したのでは?と疑われています。

そのロシアとトランプ政権の関係を調査していたのが、コミーFBI長官。

トランプ大統領は、調査されるとまずいので、コミー長官に対して「調査を終了せよ」と指示。

しかしコミー長官はそれをやんわり拒絶したため、トランプ大統領は彼を解任。

挙句の果てには、ロシアと接触していたとされる「フリン大統領補佐官」が辞任。

更には、トランプ大統領がロシアのラブロフ外相に対して、ISことイスラム国の秘密情報を漏洩させた疑惑も囁かれているようです。

話をまとめますと、「トランプ大統領が弾劾される理由」は、「ロシアとの不適切な関係」「ロシアへの機密流出」という2つの疑惑。

もしも弾劾されたら、どうなってしまうのでしょうか?

そもそも本当に弾劾されるのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■もしも弾劾裁判となったら、どうなるのか?

もしもトランプ大統領が弾劾裁判で有罪になったら、どういうことになるのでしょうか?

アメリカの大統領は、弾劾で失職したとしても、次の大統領を選ぶための選挙は行われません。

どうなるかというと、副大統領が、大統領へと格上げとなるのです。

つまり、トランプ大統領が解任されても、投票はされず、ペンス副大統領がランクアップして新大統領に就任します。

実は、アメリカの世論は、支持率が低迷して約束した政策を実現できていないトランプ大統領よりも、現実的なペンス氏が大統領となったほうが、アメリカの政治は安定するのではないか?と言っています。

ペンス副大統領・・・日本に来て、横須賀にいた空母「ロナルド・レーガン」の上で

「日本を全力で守る」

と力説したあの凛とした姿は、今でも忘れられません。

それにしてもトランプ大統領が弾劾されるなんで、そんなことあり得るのでしょうか?

トランプ大統領の弾劾はあるのか?

弾劾される事自体はあるでしょう。

しかし、有罪となって大統領辞任、というのは、現実的に考えて、難しいのではないでしょうか。

今のところ、トランプ大統領とロシアの繋がりを明らかにする証拠は見つかっていません

クリントン大統領の女性問題とは異なり、国家機密を漏らしたなんて、そんな大事やらかしたら、いくらトランプ大統領でも失職は避けられないでしょう。

証拠があれば、弾劾となるでしょうけども、今のところそれらしい、はっきりした証拠はないみたいなので、おそらくトランプ大統領も弾劾は、2017年5月から数日間はないでしょう。

「北朝鮮2017年現在の状況は?戦争秒読み状態となった3つの理由」の記事はコチラ
「第三次世界大戦を予言する3名とは?日本への被害と影響を検証!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・トランプ大統領にロシアとの関係について疑惑が持ち上がっている

・弾劾裁判にて、トランプ大統領が失職の危機。

・弾劾裁判が行われる可能性はあるかもしれないが、有罪となる可能性は低い。

・ペンス副大統領が大統領になったほうが、アメリカは安定すると噂されている。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る