北朝鮮とアメリカの戦争発端は先制攻撃?なぜ日本にミサイルが

朝鮮に核実験の兆候あり!

アメリカはこれに対して攻撃を開始するのか?

先制攻撃には韓国の同意が必要!とのことだが・・・・同意が無くても攻撃できる方法があるとしたら?

なぜ北朝鮮とアメリカが戦争を開始したら、日本にミサイルが飛んでくるのか?わかりやすく解説!

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年最新予言!真の危機は4月じゃなく5月?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮に核実験の兆候?(ニュース・動画

先制攻撃するための難関を突破する方法

米朝開戦で、なぜ日本にミサイルが飛んでくる?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮に核実験の兆候?(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

核実験の準備が整った?

2017年4月20日、韓国の政府機関に「北朝鮮が核実験の実施を中国に通知した」という未確認情報が!

これに対して韓国は、情報の出どころと真偽を確認させるために行動開始。

アメリカ軍も日本海に向けて、放射性物質検知のために特殊偵察機を出動させました。

しかし、4月21日現在、この情報の真偽の程は確認されず。

北朝鮮は4月25日に「健軍節」・・「朝鮮人民軍創立記念日」の祝日を迎えるため、それに合わせて核実験を強行し「国威高揚」を狙う可能性が高いと言われてます。

追記いたします。

北朝鮮とアメリカの危機が噂されていた4月が過ぎ、5月になりました。

しかし、北朝鮮に動きは無く、当面の危機は乗り越えた形となっています。

北朝鮮の近くには、未だに空母カールビンソン・潜水艦ミシガン・シャイアンがとどまっていると見られています。

緊張状態は、今もなお続いている状態です。


sponsored link


核実験へのアメリカの反応は?

ただ、北朝鮮が核実験を強行したら、アメリカが黙っているはずがないでしょう。

アメリカは「核実験を行ったら、北朝鮮に武力行使する」とみられています。

北朝鮮は「アメリカが攻撃してこない」と、足元をみたのかもしれません。

何と言っても、アメリカが北朝鮮を攻撃すれば、アメリカの同盟国「韓国」に数十万人の犠牲が出ると言われているのだから。

日本にも、北朝鮮のミサイルが飛んでくる可能性があります。

これらの犠牲を最小限に留める攻撃方法が一つだけあるのです。

それは、先制攻撃。

先制攻撃には難関が!

先制攻撃で、北朝鮮の武器・兵器施設をいち早く制圧!

そして北朝鮮の最高指揮官である「金正恩」を暗殺し、指揮命令系統を遮断!

これで韓国・日本の犠牲は最小限に留められる可能性がある・・・・が、先制攻撃には大きな難関があります。

それはアメリカ軍は「同盟国・韓国の同意がなくては、北朝鮮に先制攻撃出来ない」という難関。


「核ミサイル攻撃を受けた場合の避難方法」について、詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■先制攻撃するために、難関を突破する方法

 

韓国が北朝鮮を守っている?

北朝鮮への先制攻撃。

韓国の同意がなくては、アメリカ軍は北朝鮮に先制攻撃出来ないのです。

同盟国であるはずの韓国が、アメリカの敵国「北朝鮮」への先制攻撃を防ぐ盾になっている・・・・という変な構図。

同胞だから・・・と言う割には、韓国人の北朝鮮への態度は冷たい上に軽い・・・。

とはいえ、アメリカと北朝鮮が開戦したら、韓国・ソウルは北朝鮮軍の「300門」の長距離砲を浴びることになるので、開戦に恐れを抱くのは仕方ないかも。

先制攻撃を可能とする方法

ではアメリカは先制攻撃出来ないのか?

というと、そうでもないかもしれないのです。

アメリカの歴史をみると、「イラク戦争での、有りもしない大量破壊兵器」「ベトナム戦争でのトンキン湾事件」など、言いがかりで開戦している例が多数あります。

アメリカは「まともな口実など無くとも、でっちあげで攻撃を仕掛ける国」なんですよね。

つまり、北朝鮮から攻撃を受けた(とアメリカ軍がでっちあげた)なら、アメリカ軍は即座に反撃するでしょう。

韓国からの抗議を受けることになるだろうが・・・・アメリカがそれを気にするとは思えません。

日本へ原爆を投下した爆撃機「エノラ・ゲイ」の乗組員は「大戦を終わらせるために必要な犠牲だった。我々は大戦を終わらせるという偉業を成し遂げた」と主張し続けたまま、全員亡くなったほどだから。

例えば、北朝鮮の潜水艦とアメリカの潜水艦が睨み合いをしていたとして、アメリカが北朝鮮の潜水艦を撃沈。

この時アメリカが「北朝鮮の潜水艦から魚雷が発射された!」と主張したら・・・。

北朝鮮の潜水艦が撃沈された以上、証拠はない・・・。

ここからアメリカの容赦のない「北朝鮮潰し」が始まったら。

もう誰にも止められないですよね・・・。

まぁ、「攻撃された」と主張している時点で、先制攻撃ではないのですが・・・。

ではこの「言いがかり先制攻撃」が行われるのは、いつなのか?


sponsored link


攻撃開始は、いつ?

確定的なことは言えませんが、最も危険なのは4月30日前後でしょう。

なぜなら4月末に米韓合同軍事演習が終了し、しかも米空母カールビンソンが朝鮮半島に到着している時期で、更には横須賀基地の空母ロナルド・レーガンの整備が終わる頃だから。

北朝鮮周辺には、既にアメリカの原子力潜水艦「シャイアン」を初めとした20隻の潜水艦が待機していると噂されています。

戦力が整ったところで、言いがかり・・・・。

先制攻撃ではなく反撃、という名目で実質先制攻撃をする可能性があるのでは?

とはいえ、短期決戦で終わらせることが出来なると、アメリカが確信しない限り、攻撃はないと思いますけどね。

2017年4月を過ぎれば、山場を越えた!と言えるかもしれません。

追記いたします。

2017年5月9日、韓国で新大統領が誕生しました。

開戦が噂されていた5月9日が過ぎ、一応山場を越えた!と言っていいでしょう。

アメリカは北朝鮮と、ノルウェーで非公式会談を実施。

韓国では、北朝鮮への融和政策を掲げる文在寅氏が大統領に・・・。

北朝鮮・・・韓国から支援を受けたら・・・日米と中韓で実施している「経済制裁」が効力を失う可能性も・・・。

北朝鮮が音を上げるのは、まだまだ先のようですね。


短期決戦で終わらせるための、「アメリカ・トランプ大統領ならやりかねない、最悪のシナリオ」について詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます

・「北朝鮮崩壊2017!トランプがやりかねない最悪かつ最善のシナリオ」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■米朝開戦で、なぜ日本にミサイルが飛んでくる?

 

対岸の火事ではない?

米朝開戦で、なぜ日本に北朝鮮のミサイルが飛んで来るのか?

北朝鮮とアメリカの開戦が噂されるようになってから、日本にも北朝鮮のミサイルが飛んでくる!という報道が数多くなされるようになりました。

なぜ?

米朝戦争は対岸の火事ではないのか?

日本には数多くの「在日米軍基地」があります。

これら在日米軍基地が、米朝戦争での出撃基地・補給基地となることは当然のこと。

上念司さんの予想

しかし、それだけではなく、経済評論家の上念司氏がこんなことを言ってました。

「アメリカと北朝鮮が開戦したら、まず青森県の『車力分屯基地』がミサイルで狙われるだろう。なぜならここには『Xバンドレーダー』というものがあり、これがある限り北朝鮮の潜水艦の位置は筒抜けだから」

又は山口県岩国市の岩国米軍基地が標的となる可能性もあると、一部報道で言われてます

つまり、北朝鮮からすると、アメリカと戦うためには日本の基地が脅威となるのです。

だから、北朝鮮からミサイルが飛んでくる可能性が指摘されているんですね。

在日米軍の価値!

とはいえ、在日米軍基地があることは、悪いことばかりではないでしょう。

日本が戦後70年間も、他国から戦争を仕掛けられること無く平和を享受できたのは、憲法9条があったから・・・ではなく、在日米軍という圧倒的な抑止力があったから。

とはいえ、北朝鮮に国民を拉致されている日本が、平和だとは到底思えませんが・・・。

日本に在日米軍基地がある・・・・拉致被害は、米軍だけでは平和を守れない!ということを物語っているのかもしれません。


「北朝鮮のミサイルが落ちる危険性のある場所」について、詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

・「北朝鮮とアメリカの戦争で日本危険エリアは?一覧表はコチラ!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮が核実験を行う兆候あり。

・アメリカは報復するかもしれない。

・アメリカは先制攻撃はしないかもしれないが、言いがかりで反撃するかも

・日本にミサイルが飛んでくる理由は在日米軍基地があるからだが、基地によるこれまでの恩恵のほうが多いだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る