岸田文雄外務大臣は英語力が低く無能?学歴(高校・大学)は名門出身

2017年夏の内閣改造でも、留任が噂されている「岸田文雄」外務大臣。

実は英語力が乏しくて無能だという噂です。

学歴を確認してみると、名門出身に見えますけどね。

彼が無能なのか、英語の能力がどれほどのものなのか、調査しました。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・岸田文雄氏は、外務大臣だが、英語が苦手

・学歴は「開成高校」→「早稲田大学・法学部」

・無能と噂される理由は「慰安婦・日韓合意」

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■岸田文雄・外務大臣、英語は話せない?

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

上の動画は、ケネディ大使とのお別れに際して、広島出身の岸田さんが「お好み焼き」を振る舞う様子。

よく見てみると、2人の後ろにはそれぞれの「通訳」が同席していることがわかります。

岸田さんの発言を確認してみても、どうやら英語ではなく日本語で発言しているみたいです。

彼は国連の場でも、思いっきり日本語で発言しています。

どうやら英語の能力は乏しいみたいですね。

元々、第2次安倍内閣誕生後、外務大臣になることを噂されていたのは、岸田文雄さんではなく、「小野寺五典」さんでした。

しかし、小野寺五典さんは「防衛大臣」に指名され、それほど英語が得意なわけではない岸田さんが外務大臣に就任。

とはいえ、岸田さんは英語が全く話せないわけではなく、彼は父親で元衆議院議員の「岸田文武」氏の仕事の都合で、小学校1~3年生までの間「ニューヨーク」で過ごし、パブリックスクール(公立学校)に通学していました。

おそらく、日常会話くらいは話せるでしょう。

外交においては、相手に誤解を与えると、致命的ミスに繋がりかねません。

ですので、念には念を入れて、通訳を利用しているのでしょう。


sponsored link


■学歴は?

岸田文雄外務大臣・・・学歴はというと、中々の名門出です。

小学校は、ニューヨークのパブリックスクールから、千代田区立永田町小学校へ。

卒業後は、千代田区立麹町中学校へ

中学卒業後、名門の「開成高校」へ進学し、無事卒業。

大学は「早稲田大学・法学部」。

早稲田大学卒業後は、「日本長期信用銀行」へと就職しました。

1987年、銀行入行後5年で退職し、父・岸田文武衆議院議員の秘書に。

1993年に初当選。

筋金入りのサラブレッドです。

とはいえ、開成高校って、「東大合格者数36年首位」の名門中の名門高校ですよね。

確か1学年400人の内、50%弱が東京大学に合格しているのだとか。

つまり、開成高校内で「偏差値50」を維持していれば、東大合格できるってことのはず・・・。

なのに岸田文雄さんは「早稲田大学・法学部」・・・。

もしかしたら、「開成高校」では劣等生だったのかな?


sponsored link


■無能という噂は本当か?

2012年12月から、4年半以上も「外務大臣」を務めている岸田氏。

在任期間は、1909日も外務大臣を務めた「吉田茂」に次いで2位。

岸田外務大臣は、何かの能力を飛び抜けて持っている「スペシャリスト」というわけではなく、「ジェネラリスト(万能タイプ)」として有名です。

何事もそつなくこなす・・・・そして安倍総理と同期で仲良し・・・安倍総理から絶大な信頼を受けている人物。

お酒が飲めない安倍総理の代わりに、酒の席をこなしてあげる「酒豪」でもあります。

外務大臣在任中のここ数年。岸田さんは大きな失敗は何もしていません。

ですので、無能ということはありえないはず・・・。

しかし、

なぜ「無能」と言われてしまっているのか・・・・一つだけ理由があるのです。

それは「慰安婦問題の日韓合意」。

この日韓合意で、日本は「軍艦島」の世界遺産登録について、真実でもない「強制労働」を強引に韓国に認めさせられました。

更には「慰安婦問題」について「軍の関与」を岸田大臣はあっさりと認めたのです。

慰安婦像撤去についても、合意文書を残さず・・・・日本国内からは「反発」が起こったのです。

2017年7月現在も、日本人の50%が「日韓合意」に反対していると言われています。

おそらくこの「慰安婦・日韓合意」を結んだことで岸田外務大臣は「無能」と言われてしまったのでしょう。

ただ、「失敗もなく、そつなくこなす」その仕事ぶりをみると、決して無能だとは思えません。

慰安婦合意について

話は少しそれますが、日韓合意について。

慰安婦合意、たしかに軍の関与を認めたことは屈辱的であり、真実からは程遠いものがあります。

しかし、この合意は、韓国に対する外交政策としては、一応成功しています。

文大統領は、国内向けに「慰安婦記念日」などの制定をして、世論をおさめてはいますが、対外的に正式に「日韓合意破棄・再交渉」とは言えずにいる状態です。

「最終的かつ不可逆的に」という文言が入れられたため、破棄できないでいるのです・・・。

おそらくこれからも、韓国は正式に「合意破棄」とは言えずに、国内向けに「破棄」を声高に叫び、日本を挑発してくるでしょう。

日本は挑発にのらず、ただ淡々と「慰安婦問題は、日韓合意で解決済み」と主張し続ければいいだけなのです。

岸田文雄が次期総理大臣?

次期総理の椅子を目指すために、閣外へ出るのでは?と言われていた岸田さん。

2017年夏の内閣改造で、外務大臣として留任する見通しです。

仲良しな安倍総理に貸しを作って、次期総理を狙う際に、安倍総理から協力を取り付けるつもりでしょう。

しかし、菅官房長官や石破茂さんが総理を狙う中で、残念ながら岸田さんは、「そつなくこなす」タイプであることが災いしてか、福田康夫元総理のように「影が薄い・存在感が乏しい」気がします。

次期総理になるためには、リーダーシップを発揮するなどして、もう少し全面に出たほうがいいかもしれません。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・岸田文雄さんは、英語が話せないわけではないが、それほど上手いわけでもない。

・学歴は「開成高校」「早稲田大学・法学部」

・開成高校では、それほど上位の成績ではなかった様子。

・決して無能ではなく、そつなくこなすタイプで、存在感が薄いだけ。

・次期総理になるのは、結構難しいかもしれない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする