希望の党の女性メンバーは誰?公認候補者名や小沢一郎との関係も調査

希望の党の女性メンバー一覧!

公認候補者名もまとめて紹介!

「豪腕」「壊し屋」と呼ばれた「小沢一郎」と、「希望の党」の関係も合わせて解説!


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・希望の党、第二次公認候補発表時点で、女性候補は「38名」

・公認を辞退した3名を除き、二次公認までで合計「198」名

・小沢一郎さんは、希望の党へ合流できず、自由党も政党要件を満たせなくなり、政党助成金をもらえず、完全に終わった

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■「希望の党」女性メンバー一覧

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より


希望の党は10月4日現在、公認候補者名を2度発表しています。

これまでの公認候補は「199名」

過半数233人以上の擁立を目指しているとのことですから、まだ第三次・四次が控えていると考えられます。


ちなみに「元職」「前職」「新人」の意味ですが・・・。

元職」とは、9月28日の解散で失職した人のこと。

前職」とは、以前は衆議院議員だったが、9月28日の解散で失職したわけではなく、落選するなどして直近衆議院議員ではなかった人

新人」は、国会議員になった経験がない人のことです。


sponsored link


希望の党・参議院議員の女性メンバー

希望の党所属の女性メンバー・・・「小池百合子」さんは当然女性メンバーです。

以下の公認メンバーの他にも、希望の党結党集会に参加した女性の「参議院議員」が2名がいます

「行田邦子」参議院議員(民主党→みどりの風→みんなの党→無所属→希望の党)

「中山恭子」参議院議員(元・日本のこころ)

第一次公認候補(36名)

北海道4区「高橋美穂」(元職)

茨城3区「ひぐちまい」(新人)

栃木3区「渡辺みゆき」(新人)

群馬1区「いのくち幸子」(新人)

埼玉3区「みわあさみ」(新人)

埼玉7区「小宮山泰子」(前職)

千葉2区「竹ケ原裕美子」(新人)

千葉3区「くしぶち万里」(元職)

千葉5区「岡野じゅんこ」(新人)

千葉8区「太田和美」(前職)

神奈川2区「はしもと久美」(新人)

神奈川4区「風間法子」(新人)

神奈川7区「川野あん」(新人)

神奈川10区「市川よしこ」(新人)

東京1区「松沢香」(新人)

東京4区「難波美智代」(新人)

東京6区「植松恵美子」(新人)

東京11区「ししどちえ」(新人)

東京14区「やはぎ麻子」(新人)

東京19区「ささきりか」(新人)

東京22区「金ヶ崎絵美」(新人)

東京24区「吉羽美華」(新人)

石川1区「田中美絵子」(元職)

石川2区「しばた未来」(新人)

愛知1区「佐藤夕子」(元職)

愛知3区「余語さやか」(新人)

愛知10区「安井美沙子」(新人)

滋賀3区「小川やすえ」(新人)

京都1区「しまむら聖子」(新人)

兵庫6区「いくむら奈応子」(新人)

岡山1区「蜂谷弘美」(新人)

広島5区「橋本琴絵」(新人)

愛媛1区「富永きよ」(新人)

長崎1区「西岡秀子」(新人)

長崎2区「山口はつみ」(新人)

鹿児島2区「さいとうカヨ」(新人)

第二次公認候補(2名)

北海道12区「水上美華」(新人)

千葉7区「波多野里奈」(新人)


sponsored link


■希望の党・公認候補者名一覧

第一次公認候補者発表で「192名」が発表されました。

そのうち「110名」が、元民進党・・・。

おそらく「希望の党は、ほぼ民進党」と呼ばれないために、約半数を「希望の党新人」にしたのでしょう。

まぁ、いくら看板すげ替えても、希望の党は「民進党(小池百合子を総理大臣にするための踏み台)」ですけどね・・。

二次公認発表では「9名」発表し、「2名」が公認を辞退したため、合計で199名

過半数確保には「233名」必要ですので、おそらくあと「34名」擁立してくるでしょう。

第一次公認候補

上でご紹介いたしました「女性候補」は「」で記されています。重複していますのでご注意くださいませ。

北海道2区 「松木謙公」(前職)

北海道4区 「高橋美穂」(元職)

北海道9区 「山岡達丸」(元職)

青森1区 「升田世喜男」(前職)

青森2区 「工藤たけし」(新人)

青森3区 「山内たかし」(新人)

岩手1区 「階猛」(前職)

岩手2区 「畑浩治」(元職)

宮城1区 「伊藤優太」(新人)

宮城3区 「いちじょう芳弘」(新人)

宮城4区 「坂東たけひこ」(新人)

秋田1区 「松浦大悟」(新人)

秋田2区 「緑川たかし」(新人)

秋田3区 「村岡敏英」(前職)

山形1区 「あらい寛」(新人)

山形2区 「近藤洋介」(前職)

山形3区 「阿部寿一」(元職)

福島2区 「岡部みつのり」(新人)

福島4区 「小熊慎司」(前職)

福島5区 「吉田泉」(前職)

茨城1区 「福島伸享」(前職)

茨城2区 「石津政雄」(元職)

茨城3区 「ひぐちまい」(新人)

茨城4区 「大熊利昭」(元職)

茨城5区 「浅野さとし」(新人)

茨城6区 「青山やまと」(新人)

栃木1区 「柏倉祐司」(元職)

栃木3区 「渡辺みゆき」(新人)

栃木4区 「藤岡隆雄」(新人)

栃木5区 「大豆生田みのる」(新人)

群馬1区 「宮崎岳志」(前職)

群馬2区 「石関貴史」(前職)

群馬4区 「不破弘樹」(新人)

群馬5区 「いのくち幸子」(新人)

埼玉1区 「武正公一」(前職)

埼玉2区 「すがかつみ」(新人)

埼玉3区 「みわあさみ」(新人)

埼玉4区 「吉田よしのり」(新人)

埼玉5区 「高木ひでふみ」(新人)

埼玉7区 「小宮山泰子」(前職)

埼玉8区 「小野塚勝俊」(元職)

埼玉9区 「すぎむら慎治」(新人)

埼玉10区 「坂本祐之輔」(前職)

埼玉11区 「三角そうた」(新人)

埼玉12区 「森田としかず」(新人)

埼玉14区 「鈴木義弘」(前職)

埼玉15区 「高山智司」(元職)

千葉1区 「田嶋要」(前職)

千葉2区 「竹ケ原裕美子」(新人)

千葉3区 「櫛渕万里」(元職)

千葉5区 「岡野じゅんこ」(新人)

千葉6区 「遠藤宣彦」(元職)

千葉8区 「太田和美」(前職)

千葉9区 「奥野総一郎」(前職)

千葉10区 「谷田川元」(元職)

千葉11区 「たがや亮」(新人)

千葉12区 「樋高剛」(元職)

千葉13区 「水野智彦」(元職)


sponsored link


神奈川1区 「長島一由」(元職)

神奈川2区 「はしもと久美」(新職)

神奈川3区 「勝又恒一郎」(元職)

神奈川4区 「風間法子」(新職)

神奈川5区 「吉岡けんじ」(新職)

神奈川7区 「川野あん」(新職)

神奈川9区 「笠浩史」(前職)

神奈川10区 「市川よしこ」(新人)

神奈川12区 「原てるお」(新人)

神奈川13区 「太ひでし」(新人)

神奈川14区 「本村賢太郎」(前職)

神奈川15区 「乃木涼介」(新人)

神奈川16区 「後藤祐一」(前職)

神奈川17区 「神山洋介」(前職)

神奈川18区 「三村和也」(元職)

山梨2区 「いげたまこと」(新人)

東京1区 「松沢香」(新人)

東京2区 「はとやま太郎」(新人)

東京3区 「松原仁」(前職)

東京4区 「難波美智代」(新人)

東京5区 「福田峰之」(前職)

東京6区 「植松恵美子」(新人)

東京7区 「荒木あきひろ」(新人)

東京8区 「木内孝胤」(前職)

東京9区 「高松さとし」(新人)

東京10区 「若狭勝」(前職)

東京11区 「ししどちえ」(新人)

東京14区 「やはぎ麻子」(新人)

東京15区 「柿沢未途」(前職)

東京16区 「田村謙治」(元職)

東京17区 「西田ちから」(新人)

東京18区 「ときた敦」(新人)

東京19区 「ささきりか」(新人)

東京20区 「かのあきら」(新人)

東京21区 「長島昭久」(前職)

東京22区 「金ケ崎絵美」(新人)

東京23区 「伊藤しゅんすけ」(新人)

東京24区 「吉羽美華」(新人)

東京25区 「小沢鋭仁」(前職)

富山3区 「柴田巧」(新人)

石川1区 「田中美絵子」(元職)

石川2区 「しばた未来」(新人)

石川3区 「近藤和也」(元職)

福井2区 「斉木武志」(元職)

長野1区 「篠原孝」(前職)←希望の党の公認を辞退

長野2区 「下条みつ」(元職)

長野3区 「井出庸生」(前職)

長野4区 「寺島義幸」(元職)

長野5区 「なかじま康介」(新人)

岐阜3区 「阪口直人」(元職)

岐阜4区 「今井雅人」(前職)

岐阜5区 「阿知波吉信」(元職)

静岡1区 「小池政就」(元職)

静岡2区 「松尾つとむ」(新人)

静岡3区 「鈴木望」(元職)

静岡4区 「田中健」(新人)

静岡5区 「細野豪志」(前職)

静岡6区 「渡辺周」(前職)

静岡8区 「げんまけんたろう」(新人)


sponsored link


愛知1区 「佐藤夕子」(元職)

愛知2区 「古川元久」(前職)

愛知3区 「余語さやか」(新人)

愛知4区 「牧義夫」(前職)

愛知5区 「野々部尚昭」(新人)

愛知6区 「森本和義」(元職)

愛知9区 「岡本充功」(前職)

愛知10区 「安井美沙子」(新人)

愛知11区 「古本伸一郎」(前職)

愛知13区 「大西健介」(前職)

愛知14区 「田中克典」(新人)

愛知15区 「せき健一郎」(新人)

三重4区 「藤田大助」(元職)

滋賀2区 「田島一成」(前職)

滋賀3区 「小川やすえ」(新人)

滋賀4区 「徳永久志」(新人)

京都1区 「しまむら聖子」(新人)

京都3区 「泉健太」(前職)

京都4区 「北神圭朗」(前職)

京都5区 「井上かずのり」(新人)

京都6区 「山井和則」(前職)


sponsored link


兵庫1区 「井坂信彦」(前職)

兵庫3区 「よこはた和幸」(新人)

兵庫4区 「野口たけみつ」(新人)

兵庫5区 「梶原康弘」(元職)

兵庫6区 「いくむら奈応子」(新人)

兵庫7区 「畠中光成」(元職)

兵庫10区 「つげあつひと」(新人)

兵庫11区 「長安豊」(元職)

兵庫12区 「池畑こうたろう」(新人)

奈良1区 「馬淵澄夫」(前職)

奈良2区 「松本まさゆき」(新人)

奈良3区 「前川清成」(新人)

和歌山1区 「岸本周平」(前職)

和歌山2区 「坂田たかのり」(新人)

鳥取2区 「湯原俊二」(元職)


sponsored link


岡山1区 「蜂谷弘美」(新人)

岡山2区 「津村啓介」(前職)

岡山4区 「柚木道義」(前職)

岡山5区 「樽井良和」(元職)

広島2区 「松本大輔」(元職)

広島4区 「上野かんじ」(新人)

広島5区 「橋本琴絵」(新人)

広島6区 「佐藤公治」(元職)

広島7区 「さとう広典」(新人)

山口1区 「大内一也」(新人)

山口4区 「藤田ときお」(新人)

徳島1区 「仁木博文」(元職)

香川1区 「小川淳也」(前職)

香川2区 「玉木雄一郎」(前職)


sponsored link


愛媛1区 「富永きよ」(新人)

愛媛2区 「横山博幸」(前職)

愛媛3区 「白石洋一」(元職)

愛媛4区 「桜内文城」(元職)

高知1区 「大石宗」(新人)

福岡1区 「石井英俊」(新人)

福岡2区 「稲富修二」(元職)

福岡5区 「楠田大蔵」(元職)

福岡7区 「はら圭介」(新人)

福岡9区 「緒方林太郎」(前職)

福岡10区 「城井崇」(元職)

福岡11区 「村上とものぶ」(新人)

佐賀1区 「原口一博」(前職)→公認を辞退し、無所属に!

佐賀2区 「大串博志」(前職)

長崎1区 「西岡秀子」(新人)

長崎2区 「山口はつみ」(新人)

長崎3区 「末次精一」(新人)

長崎4区 「宮島大典」(元職)

熊本1区 「松野頼久」(前職)

大分1区 「吉良州司」(前職)

大分3区 「浦野ひでき」(新人)

宮崎1区 「道休誠一郎」(元職)←希望の党の公認を辞退

鹿児島2区 「さいとうカヨ」(新人)

鹿児島3区 「野間健」(前職)

比例代表

東北 「寺田学」(前職)


sponsored link


第二次公認候補

北海道12区 「水上美華」(新人)

埼玉6区 「大島敦」(前職)

埼玉13区 「北角嘉幸」(新人)

千葉7区 「波多野里奈」(新人)

福井1区 「鈴木宏治」(新人)

静岡7区 「福村隆」(新人)

兵庫9区 「川戸康嗣」(新人)

宮崎1区 「外山斎」(新人)

宮崎3区 「花輪智史」(新人)


sponsored link


■小沢一郎との関係は?

元「民進党」議員であり、「自由党」の代表「小沢一郎」氏

「豪腕」「壊し屋」と呼ばれ、「野党再編」の時は必ず姿をあらわす男。

政界及びジャーナリストからは「もう終わった人」と呼ばれていますが、「安倍政権打倒」を叫んで「野党再編」に動き出す様子が、今回の選挙でも見られました。

9月28日に希望の党との合流を示唆していた「小沢一郎」さん。

「政権交代実現のためには、野党は一つにならないと」

と言っていました。

どうやら小沢一郎さんは、自由党を希望の党と合流させるのではなく

「自らが離党し、一人だけ希望の党から公認をもらう」という方法を考えていたみたいです。

一つになって戦った「民主党」から出ていき、「国民の生活が第一」なる政党を立ち上げた小沢一郎さん。

「何のために政権交代したいのか?どんな政策を実現したいのか?」

それがさっぱり伝わってきません。

何を目的として「政権」を取ろうとしているのか、はっきりしていない以上、政権とっても「民主党」と同じく悪夢となります。

それが「小池百合子」さんにもわかっているのか?

それとも「小沢一郎」という既に終わった政治家に、魅力を感じなかったのか、希望の党は「小沢一郎」との合流を拒否。

なぜか小沢さんは、「自由党から」ではなく、無所属での出馬を決意。

「自由党があるのに、代表の私だけ希望の党へ行くことは出来ない。

前原代表が無所属で出馬するというので、足並みを合わせた」

と、将来的に希望の党へ入れてもらうために無所属になった・・・というわかり易すぎる目論見を、あえて隠していました。

おそらく希望の党は、小沢さんを受け入れることはないでしょう。

自由党は今回の選挙で「玉城デニー」前議員が落選するとすれば、「国会議員5名」という政党要件を満たせないでしょうから、政党助成金ももらえずに運営に行き詰まります。

それがわかっていた小沢さんが、泥舟から逃げた・・・ということでしょう。

希望の党に捨てられた小沢さん・・・本当に終わったみたいです。

政界引退を自ら決めるべき時期だと思いますがね。


希望の党の支持率が、今後低下し、分裂する!」という件について考察いたしましたので、よろしければ以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓

希望の党に、消費税増税凍結は可能か?」という件について考察いたしましたので、よろしければ以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓↓


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・希望の党「第一次・第二次公認候補者」の中で、女性は「38名」

・公認候補者は「第二次」までで、合計199名

・233名になるまで、公認候補者発表は続くだろう

・小沢一郎さんは、希望の党から拒絶され、自由党は「政党助成金」をもらえず、完全に終わった

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

選挙の日程や、希望の党の議席獲得数の予想」については、以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓

選挙結果・各党の議席予想」は以下のリンク記事をご利用下さいませ。

↓↓↓↓↓


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする