アメリカの北朝鮮攻撃で日本の避難区域は?生活や株価・為替に影響大

アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性が高まっています。

拙僧も日本国民も相当に警戒・心配している事と思います

日本のうちで、避難区域・・・・つまり最も危険なところはどこなのか?

そして、生活への影響・・・・株価為替はどのように推移するのでしょうか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮「太陽節」の軍事パレードが何事もなく終了(ニュース・動画)

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


2017年4月15日の北朝鮮「太陽節」・・・すなわち「金日成」の生誕105周年が終了しました。

当日北朝鮮では軍事パレードが行われ、そこでこれまで表沙汰になってこなかった「新型ミサイル」なども明らかになっていました。

SLBM・・・すなわち潜水艦搭載用のミサイルがお披露目され、しかもICBM・・「大陸間弾道ミサイル」も登場。

北朝鮮近海で空母による圧力をかけているアメリカを牽制するようにしてお披露目されたICBM

「もしも北朝鮮に攻撃したら、このICBMがアメリカ本土に襲いかかるぞ」

という意味なのでしょう。

心配されていた4月15日の米軍による北朝鮮への攻撃はありませんでした。

しかし、まだ緊張状態は続きます。

北朝鮮が核兵器実験・又はミサイル発射をしたら、アメリカはそれを口実にして北朝鮮に攻撃を加えると示しています。

その為、「北朝鮮軍創立記念式典」が催される4月25日が、次の山場と言われています。

北朝鮮はイベントの度に、核やミサイルの実験を強行して、戦力を世界にアピールし、国内を鼓舞する傾向にあるので、4月25日は非常に危険な日となるのでは?と心配されてます。

追記いたします。

北朝鮮有事が心配されていた、2017年4月が終わりました。

アメリカと北朝鮮は、膠着状態に陥り、対話の道を模索し始めています。

しかし、これは北朝鮮得意の「時間稼ぎ」に利用されて終わりでしょう。

北が、対話で「核とミサイル」を放棄するとは到底思えません。

韓国では、北朝鮮に対して融和政策を主張する「文在寅」氏が大統領選挙に当選。

北朝鮮を取り巻く状況は、少しずつ北に優位となってきています。

つまり、徐々に危機は増して行っている、ということでしょうね。


sponsored link


目次にもどる

■日本にミサイルが落ちるとしたら、避難区域は?

北朝鮮とアメリカの間で戦争が勃発したら、日本にも火の粉が降ってくることが予想されます。

何と言っても北朝鮮には1000発を超えるミサイルがあり、しかもサリンやVXガスなどの化学兵器を搭載する能力を持ち、移動式ミサイル発射台を駆使して100~200のミサイルを同時に日本へ発射する事が出来る能力をもっていると言われています。

一度にそれだけのミサイルが落ちてきたら、いくら日本のミサイル迎撃システムが優れていても、到底全て撃ち落とすことは不可能でしょう。

だとしたら、ミサイルは日本のどこに落ちてくるのでしょうか?

まず考えられるのは東京。政治経済の中心地で、特に国会などの中枢がやられたら、日本の指揮命令系統は一気に麻痺。

次に考えられるのは、東京よりも北朝鮮に近く、人口の多い大阪。

大阪などの人口密集地に被害が出れば、日本は一気に恐怖のドン底に陥るでしょう。

その他には、在日米軍基地がある「沖縄」「長崎県佐世保」「山口県岩国市」「神奈川県横須賀市」「青森県三沢市」などでしょう。

これらの地域が狙われて、万が一ミサイルが着弾したら・・・・最悪、核や化学兵器などの被害で避難区域として、今の福島のように指定される事となるかも・・・。

とはいえ、ミサイルが北朝鮮から発射されてから着弾するまでの時間は非常に短いので、おそらく避難している暇はそれほどありません。

開戦が避けられるようにと、祈らずにはいられません。


sponsored link


目次にもどる

■ミサイルが落ちたら、生活・株価・為替にどう影響する?

日本にミサイルが落ちたら、どういう影響があるのでしょうか。

被害が出てしまうことは想像に難くありません。

しかし、被害地域以外の生活についてはどうでしょうか?

もしも東京がやられてしまったら・・・政府中枢に被害が出たら、おそらく日本の行政は一時的にでも混乱することになるでしょう。

では株価や為替などの動きはどうなるのでしょうか?

株価については日本の被害を悲観して、売りが殺到して急落するでしょう。

「戦争特需」なるものを期待する声があるようですが、それは戦争が長期戦になった場合のみ。

しかし北朝鮮には物資が乏しいため、長期戦はほぼ不可能なので、一時的な売りが殺到して下落するでしょう。

しかも被害が起こると円高になることが予想されるので、その円高も株価を下げる要因となると思われます。

円高・・・・ミサイル落っこちたってのに「円」に買いが入るってのも変に聞こえるかもしれませんが、東日本大震災のときも一気に円高になりましたからね。

北朝鮮のミサイル・・・・落ちてこないことを祈るばかりです。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮の「太陽節」が終わった・・・核・ミサイル実験は無かった。

・ミサイルが落ちてくる可能性が高いのは「東京・大阪・在日米軍基地」だろう

・もしもミサイルで被害が出たら、株安・円高になるだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする