リーズ大学の偏差値レベルとランキング!佳子さまの留学先は名門か?

佳子内親王殿下が、イギリスの「リーズ大学」へ留学なされることが決定しました。

「ICU」こと「国際基督(キリスト)教大学」へ通っておられる佳子内親王殿下。

留学先の「リーズ大学」の偏差値レベルとランキングは?案外低め?

「リーズ大学」は名門なのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・リーズ大学の偏差値は「東北大学」より若干低めだと思われる

・リーズは、3万人以上が通う名門国立大学

・日本国内からは、「テロが起こったイギリス」に内親王殿下が留学されることを心配する声も挙がっている。

 

■目次

リーズ大学の偏差値とランキング?

リーズ大学出身の日本人

内親王殿下の留学を心配する声も・・・。

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■リーズ大学の偏差値とランキング?

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

佳子内親王殿下が留学されるという、イギリスの国立大学「リーズ大学」。

リーズという都市は、イングランド北部に位置し、ロンドンから電車で2時間ほど。

人口は約「75万人」

国立「リーズ大学」の偏差値はどれくらいなのでしょうか?

調査してみましたが、海外の大学には、「偏差値」というものがそもそも存在していないらしいので、推測するしかありません。

リーズ大学は「QR世界大学ランキング2015」で「87位

「THE世界大学ランキング2015~2016」で「133位

「イギリス国内大学ランキング2016」では「127校中16校」という結果でした。

これらのランキングに「偏差値」などは全く考慮されていないので、あくまでも参考程度に御覧ください。

ちなみに「QR世界ランキング2018」で、リーズ大学は「トップ100」から陥落したそうです。

日本の「東北大学」が「76位」にランクしていますので、「リーズ大学」の能力は「東北大学」より若干低めなのかもしれません。

東北大学の偏差値は「60~67.5」程度なので、リーズ大学に偏差値を定めるなら東北大学よりも低めで「60」前後かも。

ちなみに「QR世界ランキング2018」での、日本の大学の100位以内のランクインは以下の通りでした。

「東京大学」28位

「京都大学」36位

「東京工業大学」56位

「大阪大学」63位

 

■リーズ大学出身の日本人

リーズ大学で学んだ日本人について調査してみました。

テレビなどでおなじみの有名人はいませんでしたが、かなりの社会的地位をもつ方々がこの「リーズ大学」を巣立っておられました。

 

例えば「世界のトヨタ」の創業者である「豊田佐吉」を大伯父にもつ「豊田周平」さん(トヨタ自動車の元取締役)。

青山学院大学の教授「須田とし子」さん

奈良県立大学の准教授「新納克広」さん

甲南大学准教授「小西幸男」さん

放送大学准教授「原田順子」さん

などなど・・・結構マイナーな方々ばかりですね・・・。

 

留学先としてはそれほどメジャーではないですからね。

有名人の留学先に選ばれることが少ないのかもしれません。


sponsored link


■内親王殿下の留学を心配する声も・・・。

ネットユーザーからは、「佳子内親王殿下」が留学されることを心配する声が多数上がっています。

なぜなら、留学先が「イギリス」だから。

イギリスと言えば、「イスラム国」などのテロ組織から「テロ攻撃」を立て続けに受けていました。

そんなイギリスに行かれる理由について、報道では

「佳子内親王殿下が、心理や芸術にご興味を持たれておられ、リーズ大学パフォーマンス文化産業学科にて、『舞台芸術の理論と歴史』を学ぶため」

としています。

佳子内親王殿下は、大学の敷地内にある「学生寮」で過ごされ、2017年9月~2018年6月までの約10ヶ月の間、留学なされるみたいです。

なぜ内親王殿下のお住いについて「寮で生活なさる」と報じてしまう必要があったのか?テロリストにも情報が公開されてしまった・・・という声まで挙がっていました。

イスラム国の崩壊は時間の問題ですが、テロが無くなるわけではないですからね。

リーズ大学は、3万人以上が通学しているというイギリスでも有数の巨大な大学だそうです。

巨大な大学だったら、セキュリティもやりづらい気がするので、中々心配ですが・・・。

警護はしっかりしていただきたいものです。

「イスラム国勢力の最新情報!2017年ISが必ず壊滅する3つの理由」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・リーズ大学の偏差値は、おそらく「60」ちょっとくらい。

・世界大学ランキングで、国立リーズ大学は、惜しくも100位以内を逃した。

・日本人の出身者もいるが、結構マイナーな人が多い。

・佳子内親王殿下の留学について、危ぶむ声も挙がっている。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る