一帯一路とは何かを簡単に説明!日本の立場は危険でメリットはゼロ

中国が目指しているという「一帯一路(いったいいちろ)」とは?

簡単に短く・分かりやすく解説致します。

日本の立場では、一対一路は危険な代物で、メリットがない?

中国が目指しているものとは、一体何なのか?

検証してみました。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■一帯一路とは?

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より


一帯一路」とは、何のことなのか?

よく「海のシルクロード」とか言われているみたいですが、どういう意味なのか・・・。

一帯一路とは「一帯」と「一路」、2つの単語が組み合わせられた言葉。

「一帯」というのが、中国とヨーロッパをつなぐ陸路「シルクロード」のこと。

「一路」というのは、中国沿岸から東南アジアを経由して、中東・エジプトへと繋がる「海上ルート」のこと。

「海上ルート」のことを「21世紀海上シルクロード」と呼ぶこともあります。

つまり「一帯一路」とは

「中国が目指す、新しい貿易ルート」と「ルート上に位置する国家間の、経済共同体」

のことです。

■一帯一路が実現したら、どうなる?

この「一帯一路」の構想が実現したら、どうなるのでしょうか?

中国が狙っているという「一帯一路」。

なんだか嫌な予感がします。

貿易の活性化

一帯一路。

既に陸路では、スペインと中国の間で、鉄道が開通しているとのこと。

陸路(鉄道)なら、海路とは異なり、迅速かつ正確に物資を流通させることが出来るため、中国からすると『貿易増加』が期待できます。

経済圏の構築

「経済圏の構築」が、中国の狙いです。

簡単に言ってしまうと、ヨーロッパ「EU」のような、「経済共同体」をアジアで「中国を中心に」構築していく・・・。

すると、中国は「アジアのリーダー」として、世界に影響をおよぼすことが出来るでしょう。

日本も、その影響から無関係ではいられません。


sponsored link


■日本の立場は、危険!メリットゼロ?

「一帯一路」に対して、日本はどういう立場を取っているのでしょうか?

安倍総理が協力を表明

2017年6月5日、安倍総理は「一帯一路」構想に対して

「日本も協力していきたい」

と表明しました。

対して中国の外務省報道官は、日本の姿勢に対して「歓迎」を表明

ただ、安倍総理は「公正なルールと、新興国への配慮、この2つがあれば協力する!」とコメントし、釘を刺すことも忘れていません。

安倍総理の思惑は、関係が悪化した中国との関係修復を狙っていると考えられます。

日本が追い込まれる

一帯一路構想が成功したら、日本は追い込まれるリスクもある気がします。

「アジアでの経済共同体」が成立すると、中国の存在感が嫌でも高まります。

ということは、日本の存在感が低下していくことも避けられません。

「パリ協定離脱」で、世界から孤立気味のトランプ率いるアメリカ。

北朝鮮との「チキンレース」に敗北し、金正恩から完全に侮られているアメリカ。

そんなアメリカは、おそらく日本にとって、それほど頼りになる存在ではないでしょう。

そんな中で、一帯一路が完成したら、危険。

とはいえ、これほど大掛かりな構想が、そう簡単に実現するとも思えませんけども、油断は禁物でしょう。

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・一帯一路とは、陸と海の貿易ルート及び、経済共同体のこと

・実現したら、中国の貿易量は増加し、アジアでの存在感が増すことになる

・一帯一路に安倍総理が協力を表明し、中国はそれを歓迎

・もし経済共同体が成功したら、日本の存在感は薄くなる

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする