安倍総理の辞任はいつ?2つの理由で退陣はまだ先!

加計学園問題で追求される安倍総理

民進党は辞任を要求

しかし、安倍政権の支持率は50%を割らず

安倍総理の辞任がいつなのかを予言!

まだまだ辞任しない『2つの理由』とは?

「忖度とは?使い方と意味をわかりやすく安倍・森友学園と一緒に解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

加計学園問題で責められる総理

加計学園問題で辞任はない

安倍総理の辞任はいつ?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■加計学園問題で責められる総理

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より

加計学園問題

文部科学省に、「総理のご意向」なる文書が存在しているという話から始まった騒動。

一体何が問題で、野党は、安倍総理の何を問題視しているのか、はっきりとはわかりにくいこの問題。

民進党は、総理辞任と「政権の総辞職」を要求しているみたいですが、そもそも「二重国籍問題」を明らかにしていない党首が率いる民進党に、その資格があるのやら・・・・。

安倍総理は、この問題について「関わっていない」と関与を否定。

民進党は、文書の存在を調査せよ!と自民党に要求。

しかし、自民党は「文書が存在していないことは既に調査済み」として、調査要求を拒否。

民進党は、「やましいことがないなら要求に応じよ」と、与党を「有罪扱い」しているにも関わらず、証拠を突きつけることもせずに「有罪というレッテル貼り」のみで対抗!

安倍総理を責めるなら、民進党が「安倍総理は有罪である」という証拠を見つけるのが筋だと思うのですが、そんな発想は民進党にはない様子。

そもそも「再調査」をして「文書はありませんでした」というだけで、民進党が納得するか?というと、するわけがありません。

「打倒安倍政権」のためならなんでもやってきた民進党。

再調査しても、またまた難癖をつけ続けるに決まっています。韓国の「謝罪が足りない」と似た感じで、「調査が足りない」とかね。

北朝鮮危機が囁かれているこの時に、「政権打倒のために加計学園問題にかかりきり」とは、大したものです・・・。

 

「北朝鮮にトランプが戦争仕掛けるxデーはいつ?注意すべき2つの日付」の記事はコチラ

sponsored link


■加計学園問題で辞任はない

加計学園問題で、総理の辞任はないでしょう。

なぜなら、自民党は既に衆参両院で、「単独過半数」を握っているからです。

近いうちに、国会議員選挙もないため、議席が減る可能性も少ないです。

民進党がどんなに騒いでも、自民党の「単独過半数」は揺らぎません。

もし万が一、自民党の中から、「反・安倍総理」という声が聞こえてきたら、「内閣不信任案」が可決されて、安倍総理・退陣となるかもしれません。

しかし加計学園問題について、民進党が何の証拠も持っていないことは、自民党の議員達にバレています。

加計学園問題で、自民党を窮地に追いやる証拠は出てこないでしょう。

それを自民党員たちが見透かしている以上、自民党内から「反対勢力」が出てくることはありえません。

総理の辞任は、まだまだ先でしょう。

一時的に支持率が30%代まで下がりはしたものの、政権交代が実現したときの「麻生内閣」の支持率は17%まで落ちていました。

政権交代・安倍総理退陣は、かなり非現実的でしょうね。

「加計学園問題は何が問題なのか?【3分】で理解できるやさしい解説」の記事はコチラ

sponsored link


■安倍総理の辞任はいつ?

加計学園問題で辞任しないとなると、総理の辞任はいつになるのでしょうか?

加計学園なんかで辞めてたまるか!民進党の印象操作になんか負けてたまるか!と頑なになっている安倍総理。

いつ総理を辞めるのだろうか?

辞任はいつ?

総理の辞任・・・それは「2021年9月」でしょう。

なぜか?というと、安倍総理が「自民党総裁」を辞めなくてはならない「任期切れ」の時期が「2021年9月」だから。

自民党のトップである「総裁」が、自動的に総理大臣に指名されますので、「総裁」を辞めると同時に「総理」も辞めることになります。

東京オリンピックが、2020年ですので、オリンピック閉幕のちょうど1年後が、安倍総理退陣の時期となります。

「辞任は、まだ先」である2つの理由

なぜ2021年9月まで、辞任することはありえないのでしょうか?

理由は2つあります。

1,「対抗する民進党が、あまりにもだらしないため、自民党を脅かすことが出来ない」

2,「自民党内に、安倍総理の対抗馬がいない」

まず一つ目の「民進党がだらしないため」ですが、自民党に対抗できる議席数を誇っているのは「民進党だけ」です。

しかし民進党は、「政策論議」を全くせず、「週刊誌報道」の後追いとも思える「森友学園・加計学園」の追求ばかり。

しかも「批判・反対」しかやっていないため、政党として信頼されていません。

その証拠に支持率が低迷。全く上がっていません。

自民党からすると、民進党が「野党第一党」である以上、政権は安泰、となるわけです。

 

2つ目、「自民党に安倍総理の対抗馬がいない」

自民党の中には、「石破茂」「岸田外務大臣」などの、次の総理の椅子を狙う人たちが数多くいます。

特に石破茂さんは、総理の椅子に意欲をみせており、次の総裁選で勝利を目指しています。

しかし、残念ながら2人ともそれほど存在感がない。

麻生太郎副総理や、稲田防衛大臣・菅官房長官なども、次期総理ポストに近いと言われていますが、残念ながら安倍総理ほどのリーダーシップを発揮できるかどうか・・・。

「自民党外と党内」にライバル不在ということで、総理の地位は盤石!

一度、体調不良で総理の椅子を退いただけあって、今の安倍総理の意欲は半端じゃないと思われます。

 

「加計学園疑惑報道しない真実語る3人の有識者!今治獣医学部開設は正しい」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・安倍総理は、加計学園問題で追求されているが、民進党の追求には詰めが足りない。

・加計学園問題では、内閣不信任を可決させることは出来ない。

・総理の辞任は2021年9月までない。

・自民党外にも党内にも、安倍総理のライバルがいない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る