国家戦略特区とはを超わかりやすく解説!加計学園の他にどこがある?

加計学園問題で、よく出てくるキーワード

「国家戦略特区」

これはいったいどういう意味なのか?

わかりやすく解説致します。

加計学園の他にも、「国家戦略特区」なるものはあるのか?も調査しました。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■国家戦略特区とは?

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より


国家戦略特区とは、めちゃくちゃ簡単に言ってしまうと、「一部の法律の定めが、ゆるくなっている地域」のことです。

例えば、大学を新設するためには、法律で決められた「様々な難関」をクリアしなくてはならないわけですが、「国家戦略特区」に指定された地域では、特別にその「難関」が易しいのです。

どうして「法律の定めがゆるい地域」が必要なのか、理由が気になります。

それは、「法律の定めをゆるくすることで、経済成長が出来るかどうかを、地域限定で実験して試す」ため。

例えば、小泉純一郎総理の時代に、通常「製造したら犯罪になるお酒を、造っても罪にならない『どぶろく特区』」なるものが存在していました。

「どぶろく特区」をつくって、どぶろくの売上が良かったら、実績があるので全国で「どぶろく製造を合法化する」などの政策を実行しても、反対の声が小さくなると考えられます。

すなわち「特区」とは「実験場」。

国家戦略特区とは、「特別な法律が適用される、法律のハードルが低い地域の事」なのです

最近話題の加計学園が設立された「愛媛県今治市」も「国家戦略特区」に指定された地域です。

加計学園問題と「国家戦略特区」には、どういう繋がりがあるのでしょうか?


sponsored link


■加計学園と「国家戦略特区」の関係は?

加計学園と国家戦略特区の関係はというと、加計学園が獣医学部を設立しようとしている「愛媛県今治市」が「国家戦略特区」に指定された地域です。

つまり今治市は、「法律の定めがゆるい地域」ということです。

今治市の何が「ゆるい」のか?というと、「獣医学部の新設」です。

これまで50年以上も、新しい獣医学部を作ることができなかった日本。

なぜ獣医学部を作ることができなかったのか?というと、文部科学省が「既得権益」として、獣医学部新設を頑なに拒絶してきたからです。

しかし、この今治市では「国家戦略特区」という方法で、獣医学部を新設することが可能となっています。

どうして「獣医学部の新設」がゆるいのか?

今治市には大学が存在していないため、若者は高校を卒業した後、進学のために市を出ていってしまうため、長い間今治市は「大学誘致」を訴え続けてきました。

更には、「四国」には研究機関である獣医学部がないため、「狂牛病」や「鳥インフルエンザ」などに対して、対策が取りにくい地域です。

そのため、政府は四国・今治市を、「国家戦略特区に指定する」という方法で、「今治市の人口流出の問題」「四国に獣医学部がない問題」「50年以上の既得権益・打破の問題」などなど、これらの問題をまとめて解決したのです。

どうして、総理の友人が理事長を務める加計学園のみ、獣医学部新設を認められたのか?というと、「獣医学部新設を申込んだのが加計学園のみだから」です。

「京都産業大学も申請していた」らしいですが、京都産業大学は関西に学部を作るつもりだったらしいので、申請は通りませんでした。


sponsored link


■特区は他に、どんなところにある?

国家戦略特区は、他にどういうものがあるのでしょうか?

実は特区は、地域も違えば種類も違います。

種類は数多くあるため、全て紹介するとなると大変ですので、ここでは、種類の一部と、全地域をご紹介致します。


「『国家戦略特区』に指定された地域」

東京都・神奈川県・千葉市・成田市

大阪府・京都府・兵庫県

愛知県

広島県

沖縄県

仙台市・新潟市・秋田県仙北市

今治市

福岡市・北九州市


特区の種類、つまり「法律のどういうところが、緩くなっているのか?」というと、

例えば、東京都大田区では、外国人観光客の宿泊先を確保するために、「旅館業法」が緩くなっています。

東京オリンピックに備えてのことなのでしょう。

他にも今治市では、通常「市町村」しか設立出来ない「道の駅」を、「民間」でも設立出来るようにしています。

民間に出来ることは民間に!ということです。

獣医学部を新設した「今治市」と似た例として、千葉県成田市では「医学部新設」のハードルが低くなっています。

成田市は、「総理のご意向」と報じられた件と関係ありますよね。

総理のご意向とは

「成田市の医学部設立には、大変な時間がかかってしまったが、今治市では、時間を掛けていられないぞ!というのが総理のご意向だ」

という意味だったそうです。

それが効いたのか、今治市への獣医学部設置は、相当迅速だったみたいです。

ハードルを低くした実験が成功すれば、おそらく全国的に実施されるでしょう。

そうなると、国民からすると、経済活動がやりやすくなり、各種サービスも多数受けられるようになります。

国家戦略特区・・・・安倍総理が「政策の目玉」と位置づけるのもわかる気がしますがね。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・「国家戦略特区」とは、「実験的に、法律が緩くされた地域」のこと。

・加計学園の獣医学部は、この「国家戦略特区」を利用して設立された。

・国家戦略特区は、加計学園獣医学部がある「愛媛県今治市」以外にも、全国にある。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする