空母ニミッツの現在位置・最新情報!ハワイ経由で北朝鮮へ出撃か?

アメリカが、空母ニミッツの出港を決定。

行き先は「西太平洋」

中東へ行くはずのニミッツが、なぜ西太平洋へ?

ニミッツの現在位置と、目的地は?

本当に北朝鮮を目指しているのなら、なにしに行くのか?

「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

ニミッツ出港

ニミッツの目的は?到着と同時に開戦か?

ニミッツの現在位置と到着予定は?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■ニミッツ出港

2017年6月1日に、アメリカ・ワシントン州の海軍基地から、空母ニミッツが出港し、太平洋北西部に向かうと報じられました。

空母ニミッツは、西太平洋とインド洋を経て、中東に向かう予定とのこと。

しかし一部の報道では、ニミッツは日本海で北朝鮮に睨みを効かせている空母「カールビンソン」と交代するとも言われています。

カールビンソンは6月1日から日本海で、空母ロナルドレーガンと合同で訓練を行う予定でしたよね。

カールビンソンと交代する予定のニミッツ・・・。

ニミッツの目的地は、太平洋北西部とのことですが、本当に北朝鮮周辺へ向かっているのでしょうか?

もしも北朝鮮に向かっているのなら、その目的は、何なのか?

「アメリカの北朝鮮攻撃のため空母3隻集結!ハワイから更にもう1隻?」の記事はコチラ

目次にもどる

■ニミッツの目的は?到着と同時に開戦か?

ニミッツの目的は、何なのでしょうか?

報道では、「北朝鮮に対して圧力をかけることが目的」とされています。

ミサイル発射を立て続けに行う北朝鮮。

それを抑止することが目的との見方が大半です。

開戦はあり得るか?

可能性はゼロではありません。

もしかしたら、ニミッツ・カールビンソン・ロナルドレーガンが揃ったところで、北朝鮮に総攻撃ってことになるかもしれません。

が、開戦の可能性は低いでしょう。

これまでの米朝のチキンレースは、既にアメリカの敗北。

特に「マティス国防長官」のコメント

「開戦したら、悲劇的な犠牲が出る」

というこのコメントが「アメリカには武力行使をする意思はない」と、北朝鮮に確信させてしまいました。

武力行使がないと確信したから、マティス国防長官のコメントの翌々日に、北朝鮮はミサイルを発射。

このマティス国防長官の弱気発言からして、アメリカに武力行使の意思はないでしょう。


sponsored link


目次にもどる

■ニミッツの現在位置と到着予定は?

2017年6月1日に、ワシントン州・キトサップ海軍基地を出港して、太平洋北西部へと向かう予定です。

北朝鮮への到着には、最高速度30ノット(約55km)で突っ走っても、おそらく10日前後の日数がかかるでしょう。

となると、北朝鮮周辺・日本海への到着は、北太平洋を横断する航路を取れば、6/11くらい・・・。

もしかすると、米軍基地があるハワイへ寄港する可能性もあるので、数日遅れるかもしれませんが、少なくとも6月中旬には日本海に到着するでしょう。

もしも何かが起こるとしたら、この6月中旬頃だと思われます。

ニミッツが、空母カールビンソンと合流する頃、カールビンソンは空母ロナルドレーガンと合同訓練を行っているはず。

もしかしたら、ニミッツも訓練に参加するかもしれません・・・。

5月末現在の空母ニミッツの位置は、ワシントン州・キトサップ海軍基地。シアトル近くの内海で息を潜めるニミッツ。

可能性は低いとは申しましたが、それでもゼロではない、北朝鮮攻撃。

ニミッツは、北朝鮮攻撃に加わるのでしょうか?

そうはならないことを祈っています。

「日本が今後戦争に巻き込まれる可能性は?2017年中に予言されていること」の記事はコチラ

目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・空母ニミッツが、ワシントン州の基地を出港する。

・目的地は太平洋北西部。北朝鮮周辺だと思われる。

・空母カールビンソンとの交代が目的らしい。

・2隻の空母と共同で、北朝鮮を攻撃する可能性は低い。

・日本海到着は、おそらく6月中旬。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る