【パリ協定】アメリカはなぜ脱退できた?3つの事情と影響を解説!

パリ協定

世界196の国と地域が加盟している、世界的な温暖化防止対策の合意。

それを一方的に脱退したアメリカのトランプ大統領。

なぜ脱退など出来たのか?3つの事情とは?

脱退による日・米・世界への影響を、分かりやすく解説!


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■アメリカが「パリ協定」離脱

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より

アメリカが、世界196の国と地域が加盟する協定「パリ協定」を離脱しました。

パリ協定とは、地球温暖化を防止するための協定。

しかし、トランプ大統領はこのパリ協定を「不公平な協定であり、再交渉が必要だ」として、一方的に離脱したのです。

アメリカは、中国に次いで、世界第2位の「温室効果ガス・排出国」。

そのアメリカが、パリ協定から一方的に離脱することを表明したため、トランプとアメリカに対して、世界は声を揃えて非難しています。

麻生副総理は

「アメリカはその程度の国だ」

と吐き捨てるように言っていましたし、各国首脳は「トランプとの再交渉には応じない」と言って、既に一致。

アメリカ国内からも、トランプに対しての不満の声が噴出しています。

ホワイトハウス前では、デモが発生していますし、環境保護運動家「レオナルド・ディカプリオ」さんも、環境保護を訴え、オバマ前大統領もトランプを批判!

アメリカ全土が混沌とした状態にあります。

■なぜパリ協定を離脱できた?

トランプ大統領が「パリ協定・離脱」という暴挙を行うことが出来た事情。

196の国と地域が定めた約束を一方的に破棄したということは、アメリカ以外の195の国と地域が、団結してアメリカに対し牙をむくことを意味します。

工学者・武田邦彦氏が「地球は温暖化していないので、トランプは正しい」と言っていましたが、そういう問題ではなく、協定離脱は「世界を敵に回しかねない暴挙」です。

こんな無茶がなぜ出来たのか?

その事情は、主に3つ。

1,「北朝鮮政策で、失敗したから」

2,「政策の失敗続きで、支持率が低迷し、崖っぷちだから」

3,「目先の損得勘定のみで動いているから」

北朝鮮政策で失敗

「北朝鮮」に対して、空母3隻を集結させて、圧力をかけているアメリカ。

しかし北朝鮮は、3週連続でミサイル発射を強行し、「チキンレース」と称された北朝鮮とアメリカの冷戦は、アメリカが敗色濃厚です。

空母3隻が北朝鮮近くに集結した瞬間に攻撃が始まるのでは?とも言われていますが、北朝鮮に対する圧力、中国にやらせた「経済制裁」、尽く結果が出ていません。

トランプの北朝鮮政策は、現在のところ、失敗と見て間違いないでしょう。

支持率低迷で崖っぷち

トランプの2017年5月現在の支持率は「38%」

大統領就任時、50%をギリギリ越えていたトランプ。

既に不支持率は50%を超え、崖っぷちの状態です。

目先の損得勘定しか考えてない

トランプは、流石に元ビジネスマンだけあって、「目先の利益しか見えていない」と指摘されています。

確かに、パリ協定離脱は、「エコビジネス」などのビジネスチャンスを潰す愚行かもしれません。

何よりも、195もの国と地域を敵に回すとは、正気を失ったとしか思えません。

「なぜパリ協定離脱という、狂気の沙汰を行えたのか?」

↓↓↓

「正気を失っているから」

としか言えません。


sponsored link


■アメリカ離脱による影響とは?

アメリカ離脱によって、世界は、アメリカは、日本は、どういう影響を受けるのでしょうか?

世界はアメリカへの信頼を一気に失いました。

これで「覇権国・アメリカ」の崩壊は、一気に加速するでしょう。

そして世界への影響は?というと、超大国アメリカが抜け落ちた穴を埋めるため、旧西側諸国はより団結するかもしれません。

トランプの「自国第一主義」、イギリスの「EU離脱」による「反グローバリズム」の流れが、変わるかもしれないです。

そして、日本への影響は?というと、おそらく日本はこれまで以上に存在感を増すでしょう。

トランプ氏と良好な関係を築き、「猛獣使い」と称される「安倍晋三」総理。

「ケネディ・アメリカ大使」を手なづけて、オバマ前大統領を広島に呼びつけたり、「ドゥテルテ大統領」とも良好な関係を築いた安倍総理を、トランプとの橋渡しに頼ろうとする向きが強まるでしょう。

ロシアのプーチン大統領とも良好な関係を築いている安倍総理。

覇権国へのチャレンジャー中国との「主導権争い」が、これから激化していくでしょう。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・アメリカ・トランプ大統領が「パリ協定」を一方的に離脱表明。

・トランプは、世界を敵に回しかねない暴挙を行った。

・トランプは正気を失ったのかもしれない。

・これで、アメリカは崩壊に向けて動き出し、日本は存在感を増すだろう。

以上となります。

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする