パリ協定とは何かわかりやすく簡単に解説!なぜトランプは離脱した?

アメリカのトランプ大統領が「パリ協定」を離脱!

パリ協定とは、そもそも何?

なぜトランプ大統領は、離脱したの?

アメリカが離脱したら、なにがどうなるというか?

超わかりやすく・超簡単に・超短くご説明いたします!

「トランプ大統領が戦争始めるとを予言した人物がいた!いつ開戦するの?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

トランプが「パリ協定」離脱を表明

「パリ協定」とは?

なぜアメリカ・トランプは離脱したのか?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■トランプが「パリ協定」離脱を表明

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より

2017/6/1、アメリカのトランプ大統領が、地球温暖化防止の為のお約束「パリ協定」からの離脱を表明しました。

これに対してアメリカ国内から、非難の声が多数挙がっています。

世界各国の首脳も、アメリカ・トランプ大統領のパリ協定離脱を非難。

トランプ大統領が言うには、パリ協定は「非常に不公平」なのだそうで、

「アメリカに不利益な協定で、他国の利益になる」

と表明。中国に次ぐ世界第2位の二酸化炭素排出国・アメリカ。

離脱は深刻な打撃となる!と言われています。

 


sponsored link


■「パリ協定」とは?

そもそも「パリ協定」とは、何なのでしょうか?

わかりやすく、短く、解説致します。

 

パリ協定を簡単に解説!

パリ協定とは、2015年に結ばれた協定・・・つまり合意。

「世界各国で協力して、地球温暖化を防止するために、二酸化炭素の排出を減らそう」

という約束。それが「パリ協定」

1997年に「京都議定書」という、二酸化炭素排出を減らそうという約束が存在していたのですが、「京都議定書」が難しすぎるということで、新しく「パリ協定」を結んだのです。

この協定は、規模が大きく、196カ国が参加。北朝鮮も参加しています。

 

日本もパリ協定を結んでる?

当然、日本もパリ協定に参加しています。

日本の二酸化炭素排出量は、世界第5位。

1位・中国(28.2%)

2位・アメリカ(18.0%)

3位・インド(6.2%)

4位・ロシア(4.5%)

5位・日本(3.7%)

日本は中国・アメリカに次ぐ世界第3位の経済大国であるにも関わらず、その高度な技術で、二酸化炭素排出量が極端に少ないですね。

つまり日本は、パリ協定への貢献度が半端じゃなく高いということです。

 


sponsored link


■なぜアメリカ・トランプは離脱したのか?

どうしてトランプ大統領は、「パリ協定」を離脱したのでしょうか?

世界各国から、そしてアメリカ国内からも強烈に批判されるくらいなら、離脱しなかったら良かったのに。

 

トランプが離脱した理由

トランプ大統領が「パリ協定」を離脱した理由は、3つあるみたいです。

1,ロシアゲートと呼ばれる、トランプ大統領とロシアの不透明な関係と疑惑から、大衆の目をそらすため。

2,支持率が低下している現状を打破するために、選挙前の公約だった「パリ協定離脱」を強行した。

3,パリ協定で約束していた「新興国支援金」を浮かせ、国内の雇用創出に使おうとしている。

おそらくですが、真の狙いは「支持率低下の歯止め」でしょう。

2017/5/20・ロイター通信の発表によると、トランプ大統領の支持率は「38%」で就任以来最低を記録。

先日、トランプ大統領の「暗殺未遂事件」が起こってましたが、それほどトランプ大統領の支持率は、低下しているのです。

 

麻生太郎・キレる!

麻生太郎・副総理が「アメリカのパリ協定離脱」にキレてました。

「国際連盟を創っときながら、孤立主義を主張して加盟しなかったのがアメリカ。

今回も、アメリカが離脱した。

所詮あの国は、この程度ってことだ」

更に、山本公一環境大臣も

「(アメリカは)人類の英知に背を向けた

失望のみならず、怒りをも覚えている」

麻生さんや閣僚が、これだけ公然とアメリカを批判するとは、トランプ大統領は相当まずいことをやってしまったのでしょう。

イタリア・フランス・ドイツの首脳も、同じように怒りを露わにしています。

 

アメリカが離脱したら、どうなるの?

アメリカがパリ協定を離脱したら、一体どういうことになるのか?

世界の二酸化炭素排出量の削減は、間違いなくブレーキがかかるでしょう。

しかし、それ以上に196カ国が参加している「パリ協定」をアメリカが離脱した・・・ということは、世界から孤立したということ。

アメリカは、これまで以上に発言権を失うでしょう。

交渉や条約締結をしようとしても、誰もアメリカを信用しなくなります。

つまり、アメリカは世界各国と、大きな溝が出来てしまったということ。

アメリカの没落・・・「終わりの始まり」なんてことを言う人もいますが、「終わりの折り返し地点」くらいではないでしょうか。

覇権国アメリカとはいえ、195カ国を敵に回して、経済がうまくいくわけありません。

本当に終わりでしょうね。

 

「トランプ大統領暗殺の可能性最新の予言!いつ頃かは対北朝鮮戦争が鍵」の記事はコチラ
「北朝鮮にトランプが戦争仕掛けるxデーはいつ?注意すべき2つの日付」の記事はコチラ

sponsored link


■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・アメリカのトランプ大統領が「パリ協定」離脱を表明

・パリ協定とは、二酸化炭素を減らそう、という合意のこと

・トランプ大統領は、支持率が低下しているから、選挙からの公約である「パリ協定離脱」を実行した

・アメリカが離脱したことで、アメリカは世界と大きな溝が出来た

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「トランプの保護主義をわかりやすく解説!3つのメリットとは?」の記事はコチラ
「トランプ大統領に弾劾の可能性!2017年弾劾されたらどうなるの?」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る