アメリカ大統領の弾劾裁判制度をわかりやすく解説!トランプ解任か?

ロシア疑惑で窮地に立たされているトランプ大統領

弾劾されて、解任の可能性も浮上。

アメリカの弾劾制度とはどういうものなのか?

これからトランプ大統領が解任されるまで、どういうプロセスがあるのかを解説。

いつ頃トランプは解任か?次の大統領は誰なのか?を解説致します。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■元FBI長官「コミー」氏が証言!

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


ロシアゲート疑惑

アメリカでトランプ大統領が、危機に瀕しています。

トランプ大統領が罷免した、元FBI長官「コミー」氏が、公聴会でロシアゲート疑惑について証言。

「コミー長官に対して、トランプ大統領から、ロシアゲート疑惑への調査をやめるように、指示はあったのか?」

という質問に対して、コミー長官は

「指示はあった」

と証言。

トランプ大統領の指示は、ロシアゲート事件捜査への妨害だったと思うか?という質問に対して

「私が判断することではありません」

と応えました。

ただ、アメリカの世論は、トランプ大統領に対して相当厳しい様子。

トランプ大統領の弾劾が、現実味を帯びてきた!とも言われているくらいです。

■「大統領の弾劾制度」を解説!

韓国では、「パククネ」前大統領が弾劾裁判で有罪となり、罷免されていました。

では、アメリカの大統領の弾劾裁判とは、どういう制度なのでしょうか?

罷免までの「2つのハードル」とは?

アメリカの弾劾制度は、「2段階」制となっています。

つまり、アメリカ大統領を罷免・つまりクビにするには、2つのハードルを超えなくてはならないのです。

1,「下院で、過半数の議員が、弾劾裁判の開催に賛成」

2,「上院で、3分の2多数が、大統領の罷免(クビ)に賛成」

この2つの段階をクリアすることで、アメリカ大統領は罷免され、クビとなります。

次の大統領の決め方は?

トランプ大統領が罷免されたら、次の大統領はどのように決められるのでしょうか?

また選挙を行う!のではなく、選挙は行わず、「副大統領を、大統領に格上げ」して、「罷免された大統領の任期期間を務めさせる」のです。

つまりトランプ大統領が、「弾劾裁判」で罷免されたら、選挙が行われることはなく、自動的に「ペンス副大統領」がアメリカ大統領になります。


sponsored link


■トランプは弾劾されるか?

トランプ大統領は弾劾されるでしょうか?

コミー長官が証言した、現時点で「弾劾」される可能性は低いと思います。

理由は簡単で、トランプ大統領が所属する「共和党」が、上下院の両方で、過半数を維持しているから。

上院では、全100議席の内、共和党は52議席

下院では、全435議席の内、共和党は240議席

まず下院で、トランプが所属する共和党が過半数を握っているので、そもそも弾劾裁判自体が始まりません。

もし万が一、下院・共和党から、裏切り者が出て、弾劾裁判となったとしても、「大統領を辞めさせるには、上院で3分の2以上、の賛成」が必要です。

上院でも共和党が過半数を握っている今、弾劾はかなり難しいです。

現時点でトランプの弾劾は、相当に可能性が低いともいます。

2018年の中間選挙で、議席数が変動した後に弾劾裁判が行われる、というのなら現実的ですが、2017年の今は無理でしょうね。

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・コミー元FBI長官が、トランプによる「ロシアゲート疑惑」の捜査妨害を示唆。

・大統領弾劾には、下院の過半数、上院の3分の2の賛成が必要。

・トランプの弾劾は、おそらくされないだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする