北朝鮮はなぜミサイルを撃つ?日本へ落ちたら影響は?

ミサイル開発をやめない北朝鮮。

どうして北朝鮮はミサイルを日本海に撃ちまくっているのか?

その目的は一体何なのでしょうか?

そして、もしも日本に落ちてきたら、その影響は?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮のミサイル発射の歴史

北朝鮮が「核実験」の他に「大陸間弾道ミサイル」の実験をして久しいですね。

北朝鮮はこれまで何度となくミサイル実験を繰り返してきました。

北朝鮮の弾道ミサイル発射が始まったのは1993年。

1,1993年5月29日の「ノドン1」の日本海への発射。

2,1998年8月31日、人工衛星「光明星1号」の打ち上げと称して「テポドン1号」を発射。

3,2006年7月5日、「スカッドC」「スカッド」「ノドン」「テポドン2号」

4,2009年4月5日、人工衛星「銀河2号」の打ち上げと称して「テポドン2号改良型」を発射。

5,2012年4月13日、人工衛星「光明星3号1号機」の打ち上げと称し「テポドン2号改良型」を発射。

6,2012年12月12日、人工衛星「光明星3号2号機」の打ち上げと称して「テポドン2号改良型」を発射。

7,2013年にもミサイル発射実験が行われたとのことです。

8,2014年6月29日、「スカッド」又は「ノドン」を発射。

9,2016年2月7日、人工衛星「光明星」を打ち上げると称して「テポドン2号改良型」を発射。

10,2017年3月6日、合計4発の弾道ミサイル「スカッド改良型」を発射。

11,2017年4月5日、KN15中距離弾道ミサイルを発射。

12,2017年4月16日、ミサイル発射後5秒で爆発。

13、2017年4月29日、対艦ミサイル「KN17」発射。ミサイル発射後数分で爆発。(空中で爆発させることが目的だった可能性もあり)

14、2017年5月14日、新型ミサイル『火星12』を発射。高度2000kmを越えるロフテッド軌道によるミサイル発射に成功。

15,2017年5月21日、ミサイル「北極星2型」を発射。ミサイルはロシア本土から100kmの地点に落下。発射成功。

16、2017年5月29日、短距離弾道ミサイル「スカッドC型」を発射。日本のEEZに落下。G7サミットで北朝鮮を議題にした直後の発射。

これまで合計16回もミサイル発射実験をしているんですね。

でもどうしてこれほどまでにミサイル発射実験をする必要があるのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■なぜミサイルを発射する?目的は?

どうしてミサイル発射実験をしなくてはならないのか?

それは「アメリカ本土を攻撃する能力を身につける」ため。

アメリカはこれまでイラクやアフガニスタンなどの国を攻撃し、その国を崩壊させてきました。

その為北朝鮮は「次は我が身」として対策を講じてきたのです。

その対策が「核兵器開発」と「大陸間弾道ミサイル開発」。

核を大陸間弾道ミサイルに付けて、アメリカ本土を攻撃し得る能力を保有する。

そうすれば、アメリカからの攻撃を受けずにすむ・・・つまり抑止力となる!!という理屈です。

確かにアメリカからすると、北朝鮮を攻撃してしまうと、核で本土を攻撃されてしまうともなると、北朝鮮攻撃をためらいますよね。

北朝鮮はそれだけアメリカからの攻撃を恐れているんですね。

実際、シリアを攻撃したアメリカですが、北朝鮮への直接攻撃の可能性は低い!と言われていますから。


sponsored link


目次にもどる

■日本に落ちてきたら、どうなる?

日本にミサイルが飛んできたら、どういうことになるのでしょうか?

現在日本のミサイル迎撃体制は「在日米軍」「イージス艦」「PAC3」という三段構えになっています。

しかし、これで撃ち落とすことが出来るミサイルは、参議院議員・青山繁晴さん曰く3~4発くらいしかないと言われています。

北朝鮮では、移動式ミサイル発射台を利用して、200のミサイルを同時に発射する能力があるとのこと。

つまり、北朝鮮が本気で日本にミサイルを撃ち込もうと思ったら、日本が無傷ということはほぼ不可能。

その為、国会内では敵が攻撃を開始する前に叩くための、「敵基地攻撃能力」を保有すべきとして、憲法を改正し「自衛隊」ではなく「国防軍」を持とうと言っているわけです。

それに対してまともな対案もなしに「反対」と言っているのが、民進党などの野党。

そのため、日本に北朝鮮のミサイルが落ちてきたら、相当な数の人が亡くなることになってしまう可能性が高いです。

何と言っても、北朝鮮には「金正男」氏を暗殺したVXガスやサリンなどの化学兵器が大量にありますからね。

これらを搭載したミサイルが日本に降ってきたら、どれほどの被害が出るのか・・・・想像も出来ません。

特に「炭疽菌」を搭載したミサイルは危険で、東京に落ちたら186万人が亡くなる、と言われています。

北朝鮮のミサイル、危険性は日を追うごとに高まっています。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・これまで北朝鮮は11度のミサイル実験を繰り返してきた。

・北朝鮮がミサイルを開発する理由は、アメリカの攻撃を未然に防ぐため。

・日本に北朝鮮のミサイルが降ってきたら、防ぎきれない。

・もしも北朝鮮のミサイル100~200発が落ちてきたら、被害は計り知れない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント