豊洲市場問題を超わかりやすく超短く最新解説!黒幕は副知事?

世間を賑わせている豊洲新市場移転問題

どういう問題なのかを「超」わかりやすく「超」短く解説

黒幕は、浜渦元副知事なのか?

今後、どうなる?豊洲新市場!!


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

「豊洲新市場移転問題」を超わかりやすく・超短く解説(ニュース・動画

黒幕は「浜渦」元副知事?

移転するかしないかの判断はいつ?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「豊洲新市場移転問題」を超わかりやすく・超短く解説(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

豊洲新市場移転問題。

この豊洲新市場移転問題の問題点は2つ。

築地から豊洲に移転しても大丈夫なのか?」ということと「豊洲の問題は誰の責任なのか?」ということ。

発端は豊洲新市場の地下に空間が見つかったこと。

この地下の空間には「盛り土」をして地震への強度をあげる予定でした。

しかもその空間には、有害物質で汚染された水が溜まっていたのです。

その為、小池さんは築地市場から豊洲への移転を延期。

延期したおかげで、豊洲新市場への移転を予定していた業者は移転できないがために、これまで用意していた物などの維持費だけで、莫大な費用を負担することになったのです。

小池さんは、豊洲の安全面確保の動きと、その地下空間の問題の責任者を探す調査を開始。

しかし、調査は難航を極め、石原慎太郎元都知事や浜渦元副知事などへ質問する「百条委員会」まで設置して、責任追及をしだしたのです。

更には、豊洲新市場の地下水から、基準値の100倍という有害物質ベンゼンが検出されました。

このため、移転は更に出来なくなったのです。

ただ、専門家チームの調査によると、「有害物質が検出されたのは、あくまでも地下水であり、地下水を使うわけではない豊洲の食には何の問題もない」とのこと。

それでも小池都知事は、移転を決断せず、新たにチームを発足して、移転できるかどうかを総合的に判断すると表明。

その為、費用を負担している業者は移転延期に悲鳴をあげ、一方豊洲の食の安全を心配する消費者は「移転に難色」を示しているのです。

業者と消費者の板挟みになっている小池さん・・・・移転するかしないかの決断が出来ずに自体は長期化の様相を呈してきました。

この豊洲新市場の汚染水問題が誰のせいなのか・・・。

どうして汚染水がひどい豊洲に移転することになったのか。

それを追求しているんですね。

「小池百合子の評判は?」の記事はコチラ

目次にもどる

■黒幕は「浜渦」元副知事?

「豊洲問題は誰の責任なのか?」については、「百条委員会」を設置して追求しました。

百条委員会とは「嘘をついたら即逮捕」という、とても厳しい質問をする場。

ここに石原慎太郎さんが都知事を務めていた際の副知事「浜渦」さんを呼んだわけです。

理由は、この「どうして豊洲が、築地の引越し先に選ばれたのか」を調査するため。

豊洲の土地はもともと「東京ガス」の土地であり、工場があったため、有害物質で汚染されていることは予想されていました。

しかし、土壌洗浄をすれば大丈夫!と東京都が判断して、市場を作り出したのです。

その東京ガスの土地を購入するための交渉をしていたのが「浜渦」元副知事。

浜渦さんは土地購入の責任者と言われています。

ということは、有害物質で汚染されている「豊洲への移転」の責任者が浜渦元副知事ということになりますが・・・・。

元知事本局長の「前川 燿男」さんが百条委員会でこう証言していました

「豊洲問題の実際の実態上の最高決定者は浜渦元副知事だった」

浜渦さんが逮捕されるのでは?と言われていますが、それは豊洲問題の犯人だからではなく、百条委員会での答弁に偽証の疑いがあるため。

ちなみに本人は偽証を否定しています。

「石原慎太郎の逮捕は間近?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■移転するかしないかの判断はいつ?

今後どうなるのか?

責任者はおそらく見つからないでしょう。

東京都という巨大な組織の中で、「誰のせいなのか?」と調査してみたところで、全ての元凶・黒幕など見つかるはずもないでしょう。

浜渦氏が責任者と言われているようですが、土地購入の責任者であって、おそらくこの問題の根源ではないのではないでしょうか。

となると、責任追求は、誰かに泥をかぶせて終わる・・・ということになってしまうのかも。

多分その役は「石原慎太郎」さんや、やっぱり「浜渦」さんになるでしょうね。

では移転はいつになるのか。

おそらく移転の決断は、2017年7月の東京都議会議員選挙の後になるでしょう。

小池百合子さんは、この「豊洲移転問題」を利用して、自分に近い政党「都民ファーストの会」の勢力を拡大しようとすると噂されています。

問題を政局に利用して、自らの勢力拡大のチャンスとする小池百合子知事。

最近は有識者から批判の声も挙がっていますね。

「小池百合子の夫は韓国人?」の記事はコチラ

目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

豊洲移転問題の問題点は2つ「移転して大丈夫なのか?」「豊洲問題の責任者は誰なのか?」

・浜渦元副知事・逮捕の噂がある。

・おそらく移転の決断は2017年7月以降。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ


sponsored link


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る