空母ロナルドレーガン現在地!2017北朝鮮へ出港の理由は3つの任務

2017年6月6日追記!ロナルドレーガンが日本海から撤収?カールビンソンが帰国!

最強最新の米軍空母「ロナルドレーガン」が

横須賀港を出港しました。

その目的地はどこなのか?

そして、ロナルドレーガンが担っている「3つの任務」とは?

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

ロナルドレーガンが出港(ニュース・動画)

目的地は北朝鮮?

3つの任務とは?

本日のまとめ

5月31日追記!津軽海峡を通過し日本海へ

6月6日追記!ロナルドレーガンが日本海から撤収!

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■ロナルドレーガンが出港(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

よくネットニュースで書かれている「最強空母・カールビンソン」・・・これは間違いだそうです。

参議院議員・青山繁晴さんが言うには、

「最新最強の空母はロナルドレーガン。カールビンソンよりも大きい」

だそうです。

そのロナルドレーガンが、5月16日午後1時32分に、横須賀港を出港しました。

目的地は、16日現在、明かされていません。

最強最新空母「ロナルドレーガン」が、万全の定期整備を終えて、満を持して出港したのですが、現在位置はどこなのか?

おそらくですがロナルドレーガンは、西太平洋に向かっているのではないでしょうか。

ロナルドレーガンをメインとする第7艦隊・・・・。その第7艦隊の守備範囲は、西太平洋とインド洋という、広大な地域です。

これだけの地域を守っているにも関わらず、北朝鮮のみに集中しているわけにはいかないでしょう。

おそらくですが、定期的な航路に従い、西太平洋に移動するのでは?

つまり、5月16日午後に横須賀を出港した後、東名アジアを経由して西太平洋へ。

その後朝鮮半島へ向かうのではないでしょうか。

おそらく、5月第三週は東南アジア近辺。

そして西太平洋に向かうのではないでしょうか。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■目的地は北朝鮮?

なぜ「ロナルドレーガン」は出港したのでしょうか?

ロナルドレーガンの真の目的地はどこなのか?

北朝鮮で間違いないと思われます。

北朝鮮は、5月14日早朝に、日本海にミサイル一発を発射。

新型ミサイルだと言われており、しかもその発射方式は「ロフテッド軌道」という、垂直に真上に発射するものだったとのこと。

この「ロフテッド軌道」で発射されたミサイルは、現在の日本のミサイル防衛システムPAC3では、迎撃困難と言われているそうです。

それほどまでに威嚇を続ける北朝鮮に対して、アメリカが黙っているとは思えません。

空母カールビンソンが日本海に居座ったままであるとはいえ、いつまでも居続けることは出来ません。

カールビンソンと交代するための出港だったのではないでしょう。

実際、ロナルド・レーガンは6月に、カールビンソンと合流して合同訓練を実施すると言われていますからね。

作家の「竹田恒泰」さんが言うには、

「空母は3隻あれば、永久に居続けることができる」

らしいのです。もしかしたら、北朝鮮に圧力をかけるため、いつまでも空母を居座らせるつもりなのではないでしょうか?

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■3つの任務とは?

ロナルドレーガンが担っている任務は、おそらく3つあると思います。

その任務とは、何なのでしょうか?

北朝鮮への圧力

北朝鮮への圧力。

これについては先程ご説明したとおりです。

北朝鮮は、カールビンソンに睨まれている状態でも、ミサイル発射を続けているわけですが、それでも空母が朝鮮半島近くに居続けることには、一応北朝鮮の行動を抑止する事になっているでしょう。

ロナルドレーガンが朝鮮半島に張り付くことは、北朝鮮の暴発を防ぐ効果があると思います。

北朝鮮への反撃

二つ目の任務は、「北朝鮮への反撃」でしょうね。

滅多にないことだとは思いますが、「北朝鮮が、韓国・日本・アメリカ軍に対して先制攻撃」をした場合に、即座に反撃するために、ロナルドレーガンは出港したのでしょう。

やはり、在韓在日米軍が北朝鮮に反撃するよりも、臨戦態勢を整えたロナルドレーガンが北朝鮮近くにいたほうが、迅速に反撃できるでしょう。

北朝鮮への先制攻撃

考えにくいとは思いますが、ロナルドレーガンは「北朝鮮へ先制攻撃」をするために、横須賀から出港したのではないでしょうか?

もしかしたら、カールビンソンとの交代のためではなく、カールビンソンと協力して北朝鮮を攻撃するために出港したのかも。

カールビンソンは6月まで朝鮮半島に張り付く予定。

青山繁晴さんが5/15に言ってましたが、

「朝起きたら北朝鮮がなくなっていた・・・ということになるかも」

と・・・・。青山さんは

「もしも北朝鮮とアメリカが戦争したら、アメリカはこれまでのような長期戦となるような作戦は採用しない。おそらく一瞬で終わる」

とも言っていました。

5/14のミサイル発射で、北朝鮮に「アラスカ・ハワイ」などの「アメリカ本土」を攻撃することが可能であるということが、明らかになりました。

「あとで振り返ったら、この5月14日が歴史の転換点になっているかもしれない」

ということも、青山さんは言ってました。

北朝鮮への先制総攻撃・・・・・ロナルドレーガンの出港は・・・・そのシグナルなのか??可能性は低いとは思いますがね。

・「北朝鮮はなぜアメリカと戦争に?超わかりやすく簡単に説明!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・ロナルドレーガンが、5月16日に横須賀港を出港した。

・おそらく目的地は朝鮮半島。西太平洋を巡回した後に半島へ向かうのだろう。

・ロナルド・レーガンは、6月頃カールビンソンとの合流し合同訓練。

・可能性は低いとは思うが、もしかしたら、北朝鮮への先制攻撃もあるかも。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。


sponsored link


目次にもどる

■5月31日追記!津軽海峡を通過し日本海へ

空母ロナルドレーガンが、5月31日、津軽海峡を通過して日本海へ入りました。

日本海に展開している空母「カールビンソン」と共同演習をすることが目的。

6月1日には、アメリカ西海岸ワシントン州から、空母「ニミッツ」が出港予定。

目的地は北朝鮮周辺。

「空母ニミッツの現在位置・最新情報!ハワイ経由で北朝鮮へ出撃か?」の記事はコチラ

空母3隻が、1度に朝鮮半島周辺に集結することは、極めて異例。

青山繁晴さんや、軍事ジャーナリストの潮匡人さんは、

「(3隻集結は)ほとんど宣戦布告に等しい」

と言っていました。

空母ニミッツが日本海に到着するまでに、カールビンソンはアメリカへ向かって移動するとも言われており、「3隻集結はあり得ない」友言われていますが・・・・。

青山繁晴さんは、3隻集結に絶句するほど、開戦への脅威を感じているとおっしゃっていました。

開戦・・・・本当に始まってしまうのでしょうか?

 


sponsored link


目次にもどる

■6月6日追記!ロナルドレーガンが日本海から撤収!

2017年6月6日、ロナルドレーガンが日本海から離れ、沖縄の東側海上で、海上自衛隊との訓練を行うと報じられました。

ロナルドレーガンは、空母カールビンソンと、日本海上で共同訓練を3日間に渡って実施。

カールビンソンは、現在日本海へ向かっている米空母ニミッツと交代し、アメリカへ帰還予定。

ニミッツは6月1日にワシントン州の基地を出港し、日本海へ。

カールビンソン・ロナルドレーガン・ニミッツ・・・3隻の空母が揃うことはなさそうです。

つまり、北朝鮮への攻撃も、先送りでしょう。

やはり、アメリカは北朝鮮との「チキンレース」に敗北してしまったようです。

もしかしたら、秋くらいまで、アメリカは北朝鮮に好き放題させるつもりなのかも。

秋が過ぎたら、攻撃態勢となる可能性もありますが・・・。

以下のリンク記事で「開戦はいつ?」について詳しく解説致しましたので、よろしければ御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮にトランプが戦争仕掛けるxデーはいつ?注意すべき2つの日付」の記事はコチラ

 

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る