大陸間弾道ミサイルの威力・範囲と注意すべき3種類!迎撃は難しい

北朝鮮が開発を進めているという「大陸間弾道ミサイル」。通称「ICBM」

この「大陸間弾道ミサイル」の威力と、射程範囲。爆心地から半径何kmが危険なのか?

実は大陸間弾道ミサイルの迎撃は難しい?

もしも北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル」が完成してしまったら、アメリカはどうなる?

簡単に、短く、わかりやすく解説いたします。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮が、ミサイル発射を連発

大陸間弾道ミサイルの威力と「注意すべき弾頭3種類」

迎撃は、難しい

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮が、ミサイル発射を連発

 

北朝鮮がミサイル発射!

4/29早朝、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射。

ミサイルは日本海、日本の「排他的経済水域」に落下しました。

発射されたミサイルは「スカッド」系のミサイルだと思われます。

スカッド系のミサイルは、射程距離500~1000km。

搭載できる弾頭が多彩で、射程距離は短いものの、殺傷能力が高く、移動式発射台を使えば、一度に多数発射できる代物。

北朝鮮はこのミサイル発射で、「精密誘導」に成功し、狙った地点から誤差7mで着弾した、と発表しました。

北朝鮮ミサイルは、日ごとにその精度と危険性を増しています。

マティス国防長官の弱気発言

アメリカが北朝鮮に武力で圧力をかけ、それに屈しない意思を表すために北朝鮮がミサイルを発射する・・・。

2017年春、武力行使をチラつかせるアメリカと、核・ミサイル開発をやめようとしない北朝鮮の間で、「チキンレース」が繰り広げられていました。

しかしこのチキンレース・・・・アメリカの敗北が濃厚。

アメリカのマティス国防長官が、こう言いました。

「北朝鮮への武力行使は、信じられないほど悲劇的な犠牲を生む」

国防長官が、弱気発言。

これは、「アメリカは武力行使できない」と言ったようなもの。

マティス国防長官の言葉を耳にした北朝鮮は、1週間毎にミサイルを発射。

アメリカが武力行使出来ないと知って、北朝鮮は強気になったみたいです。

空母「ニミッツ」出撃

アメリカ軍の空母「ニミッツ」が、6月1日にアメリカ・ワシントン州の海軍基地を出発します。

行き先は太平洋北西部。つまり北朝鮮。

どうやら日本海に居座り、北朝鮮に圧力をかけている空母「カールビンソン」と交代するための出撃のようです。

北朝鮮周辺にはカールビンソンの他にも、最新最強空母「ロナルドレーガン」がいます。

つまりニミッツが合流すれば、カールビンソン、ロナルドレーガン、3隻の空母が集結することになります。

青山繁晴さんからすると、これは「宣戦布告のようなもの」だそうです。

チキンレースに敗れたアメリカ。

ヤケクソになって北朝鮮を攻撃するつもりなのかもしれません。

「空母ニミッツの現在位置・最新情報!ハワイ経由で北朝鮮へ出撃か?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■大陸間弾道ミサイルの威力と「注意すべき3種類」

アメリカが危険視する、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル。

通称「ICBM」

威力といっても、ミサイルに搭載する「弾頭」の種類によって様々です。

ここでは、注意すべき弾頭を「3種類」ご紹介いたします。

細菌・弾頭

北朝鮮のミサイルといえば、核が最も危険と思われていますが、実は核兵器よりも危険な弾頭が存在します。

それは「細菌兵器」。

特に「炭疽菌」は犠牲者数が最も多くなると、恐れられています。

あるシミュレーションで、炭疽菌を搭載したミサイルが東京に落ちた場合、犠牲者は「186万人」になると言われていました。

半径何mまで危険なのか?

風向きにもよると思いますので、一概には言い切れません。

もしも炭疽菌ミサイルが着弾したら、風上に逃げ、口や鼻をおさえ、すぐに病院へ行くことが有効でしょう。

化学兵器・弾頭

化学兵器。

「化学兵器をミサイルの弾頭に搭載する技術を、北朝鮮は既に持っている」

と安倍総理が言っていました。

化学兵器といえば、「サリン」や、金正男暗殺にも使用された「VXガス」。

これらが搭載されたミサイルが都心に落ちた場合、犠牲者は5000人ほどとされています。

炭疽菌に比べたら極端に少ないですが、それでも後遺症などが残るリスクは高いため、非常に残酷な兵器です。

水に弱いという特徴がありますので、身体に付着してしまったら、即水洗いして病院へ!

核・弾頭

核兵器。

最も危険な兵器。

それが大陸間弾道ミサイルに搭載されて、東京に落下したら、犠牲者は40万人。

このシミュレーションで仮定された核の威力は12キロトン。

長崎に落ちた核兵器「ファットマン」の2分の1の威力。

北朝鮮は30キロトンの核兵器を保有しているとされてますので、実際東京に落ちてきたら、更に犠牲が増えるかも。

爆心地から60km離れたところでも、屋外にいたら全身火傷をしてしまうと言われています。

爆発とともに発せられる閃光を目にすると、失明するとも言われています。

「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■大陸間弾道ミサイルの迎撃は、難しい

 

ミサイル迎撃・実験の成功率は?

実は大陸間弾道ミサイルの迎撃は、難しいと言われています。

アメリカでは北朝鮮のミサイル実験に対抗して、ミサイル迎撃実験が行われています。

しかし、どうやらミサイル迎撃に成功している割合は、50%を少し上回るくらい。

これでは、北朝鮮のミサイル発射を完全に防げるとは、言い切れないでしょう。

更に難しくなった「ロフテッド軌道」

北朝鮮は、ミサイルの発射角度を垂直に近づけて撃ち出す「ロフテッド軌道」という技術を手にしました。

これは、上空2000kmまでミサイルを撃ち、一気に降下させることで、速度を増し、迎撃を難しくする方法。

宇宙ステーションが、上空500km・・・その4倍の高さから落ちてくるのですから、スピードは桁外れでしょう。

迎撃が難しくなった北朝鮮のミサイルと技術力。

アメリカとトランプ大統領は、北朝鮮へ攻撃を仕掛けるつもりだとも言われています。


果たして、Xデーはいつになるのか・・。詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

「北朝鮮にトランプが戦争仕掛けるxデーはいつ?注意すべき2つの日付」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮が、またしてもミサイルを一発発射した。

・北朝鮮には、核や化学兵器の他にも「炭疽菌」という危険な兵器がある。

・北朝鮮の大陸間弾道ミサイルは、迎撃が難しい。

・アメリカは、北朝鮮を攻撃するかもしれない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る