Jアラートの音が怖いのは何故?鳴ったらどう避難すべきか!

Jアラート・・・「国民保護サイレン」

北朝鮮とアメリカの緊張状態が続くなかで話題になっているこの「アラート」

なぜ不気味な音を採用しているのか?

そして、音が鳴ったら、どうすれば良いのか?

わかりやすく解説させていただきます♪

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

スポンサーリンク

生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

太陽節の翌日にミサイル発射は、音速で失敗(ニュース・動画

Jアラート・・・音が不気味なのはなぜ?

Jアラートが鳴ったら、どうやって避難すればいい?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■太陽節の翌日にミサイル発射は、音速で失敗(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年4月15日、故「金日成」主席の生誕祭「太陽節」で軍事パレードを行った北朝鮮。

北朝鮮では、記念日に核やミサイル実験を強行する傾向にあったため、この太陽節にも「核実験」を行うのでは?と予測されていました。

これまで北朝鮮の「核開発」「ミサイル開発」に対して強く反対していた米国は、

「核実験やったら攻撃する」

と脅していました。その圧力が功を奏したのでしょう。

しかし、北朝鮮も、アメリカの圧力に屈した形となることを潔しとせず、4月16日にミサイル発射を強行!

北朝鮮新補から、「弾道ミサイル」と思われる飛翔体が飛んだことが確認されたみたいので間違いないでしょう。

ただ、北朝鮮はせっかく発射したミサイルについてコメントなし。

いつもならあのコントみたいな口調のキャスターさんが

「北朝鮮のミサイルが栄光とともに舞い上がったーーー!!(`・ω・´)ゞ」

なーんて言う所、それが今回はありません。

どうやらこのミサイル実験、失敗して落下したみたいですね。

まぁ、本当に失敗したのかどうかわかりませんが・・・。

トランプ大統領に屈しないぞ!という意思表示のためにミサイルを飛ばしたものの、もしかしたらアメリカの攻撃を引き出してしまう可能性もあるため、「失敗しといてやった」ということかも。

まぁ、世界に恥を晒したわけですから、それはないか・・・・。

米国ではこの「弾道ミサイル失敗」に対して一応コメント

「大陸間弾道ミサイルではない。おそらく中距離ミサイル。発射後4~5秒で失敗した。

特に対処する必要はない」

完全に北朝鮮をバカにしてますね!米国(^_^;)

でもまぁ、この対応で、北朝鮮に「米国は北朝鮮と開戦したくない」と悟らせ、足元を見られることになる気がしますが・・・。

その北朝鮮のミサイル・・・・日本にも飛んで来るのでは?と言われているみたいなんですが・・・・大丈夫なのでしょうか?

追記いたします。

2017年5月8,9日に、北朝鮮とアメリカの非公式会談が、第三国ノルウェーで行われました。

トランプ大統領は、北朝鮮がアメリカの武力圧力に屈せず、中国の経済制裁も上手くいかなかったことに業を煮やしたのでしょう。

既に、外交は北朝鮮のペース・・・。韓国で親北朝鮮の大統領「文在寅」氏が当選してしまったことで、金正恩にとっては追い風・・・。

危機は形を変えて、更に悪化しているかもしれません。

 

「北朝鮮のミサイルは発射から何分後に日本のどこに落ちる?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■Jアラート・・・音が不気味なのはなぜ?

Jアラート・・内閣官房から発信される注意喚起。

地震なんかでも時々緊急地震速報をスマホで知らせてくれますよね。

もしも北朝鮮からミサイルが日本に飛んできた場合、「国民保護サイレン」とも言われているサイレンが鳴り始めるとされてます。

その国民保護サイレンの音が・・・・非常に不気味と噂されています。

国民保護サイレンの音が聞こえる動画を紹介しているサイトへのリンクをご用意致しました。

まずはこの音を聞いてみてくださいませ。

かなり不気味な音なので、ご注意ください(´・ω・`)

「国民保護サイレン」の動画はコチラ

かなり不気味・・・・。不協和音というやつですね。

どうしてこんな不気味な不協和音を使用しているのか?

不協和音は、不安定な音調からして、不安を与えると言われています。

もしもJアラートを「なにこれ?」と思ってもらえないと、命取りになりますよね。

そのため、聞いた人がびっくりするような音を使用しているみたいです。

確かに、心地いい音なんか流したら、そのまま聞き入ってしまいかねませんよね。

ですが「不協和音」なら「なんだなんだ?」という感じに、行動を起こしたくなります。

シカトされちゃったら「国民保護サイレン」じゃありませんものね(^_^;)

「日本のミサイル防衛システムの技術は意外と脆弱?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■Jアラートが鳴ったら、どうやって避難すればいい?

Jアラートが鳴ったら、どういう手順で避難すればいいのでしょうか?

このJアラートを発信している「内閣官房」のはなりによると、

まずはミサイルが発射されたら発射情報を送信しますので、その段階では

「テレビやラジオなどをつけて、詳しい情報を確認する」

ことを推奨しています。

次にミサイルの「通過情報」を送られますが、日本に落ちてくる可能性がある場合には、「屋内避難」するようにとメッセージを送るそうです。

さて、ミサイルが落っこちてくる場合、「屋内」といってもどこに避難すればいいのか?

具体的には、「頑丈な建物」、最もいいのは「地下」でしょうね

地下がない場合には近くの「頑丈な建物」内に避難して、窓やドアから離れた部屋の中央で見を低くして衝撃に備える。

ガラスなどが飛んでこないように、テーブルや椅子などで窓ガラス方向に対して盾を作ることも大切。

参議院議員の青山繁晴さんが言うには、日本の地下街は、場所によっては通常ミサイルの衝撃にも耐えられるということですので、地下に逃げ込むのが最も安全ということでしょうね

Jアラート・・・・明治天皇の子孫で、作家の竹田恒泰さんが言うには、これが鳴ったら3分以内に避難しなくてはならないそうですので、全速力で走らなくてはならないでしょう。

命を守る不協和音・・・・ちょっと我慢が必要みたいです。

「北朝鮮の核兵器の威力は半径何キロまで?避難方法は?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮のミサイルが落っこちた。

・米国は「対処しねー」と表明。

・Jアラートが不協和音なのは、注意を引くため。

・ミサイルが飛んできたら、地下、又は頑丈な建物に避難する。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る