一帯一路構想の現状とサミット参加国一覧!日本が中国の野望を粉砕

中国が主導する「一帯一路」構想

壮大な野望を展開している中国だが、周辺国は警戒!

サミット参加国一覧をみると、「一帯一路」の現状がわかる?

日本・安倍総理が、中国の野望を、既に粉砕した?

「一帯一路とは何かを簡単に説明!日本の立場は危険でメリットはゼロ」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

「一帯一路」サミットの参加国

現状は前途多難?青山繁晴氏が言う中国の野望

安倍総理が既に中国の野望を粉砕?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■「一帯一路」サミットの参加国

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

中国が提唱している「一帯一路」構想。

この一帯一路構想について話し合われるサミットが開催され、世界各国から首脳や代表団が参加。

首脳が参加した国は29カ国。

G7からは「イタリア」の「ジェンティロー二首相」が参加。

ただ、G7からは他に参加していません。

「ロシア」の「プーチン大統領」も参加しています。


ヨーロッパからは、

「イタリア・ギリシャ・スペイン・チェコ・セルビア・ベラルーシ・ポーランド・スイス・ハンガリー・トルコ」

合計10カ国


アジアからは

「ロシア・キルギス・ウズベキスタン・インドネシア・カンボジア・スリランカ・ラオス・モンゴル・マレーシア・ベトナム・フィリピン・パキスタン・カザフスタン・ミャンマー」合計14カ国


オセアニア・南アメリカ・アフリカからは

「フィジー・チリ・アルゼンチン・ケニア・エチオピア」

合計5カ国


この他、100以上の国から代表団が参加し、50近くの組織から代表者が参加したと言われています。

日本からも、自民党の二階幹事長他・数十名が参加。

とはいえ、数は多いものの、先進7カ国から出席した首脳は「イタリア」のみ。

日本からは、経済産業副大臣が参加したとは言え、政府に関係ない二階幹事長が率いているとは・・・。

どうやら前途は多難みたいです。

 

■現状は前途多難?青山繁晴氏が言う中国の野望

一帯一路構想は、中国自身の貿易量を増加させ、しかも「共同経済圏」を作り上げることにも繋がるため、「TPP」や「EU」のような共同体を作り上げる事になります。

もし共同体が出来上がったとしたら、中国はその中心にいて、世界への影響力は強まることでしょう。

ただ、有識者が言うには、そんなに簡単にうまくいきそうもないみたいです。

上念司氏

上念司氏が言うには、中国の一帯一路構想は、「投資金が戻ってくるかどうかわからない」代物だそうです。

元々一帯一路とは、インフラ整備・・・つまり道路や水道などの「生活に必要不可欠な設備」へ投資するためのもの。

しかし、投資先にしっかりとした経済基盤がないため、不良債権化してしまう危険性があり、周辺国からの批判が結構多いみたいです。

田中秀臣氏

上武大学教授の田中秀臣氏も、上念さんと同じようなことを言っています。

一帯一路構想の投資先である東南アジアでは、政治の汚職が蔓延しており、投資資金が戻ってくる可能性が低いのだそうです。

その為、参加を検討している国は多いものの、どこでも慎重姿勢を取っているようです。

青山繁晴氏

青山さんは、中国の一帯一路を以前から危険視してきました。

中国は、第二次大戦以後、世界で唯一国土を広げ続けた国であると言い、東への道を日本に閉ざされた中国は、次の侵攻先を「西」に定めた・・・と青山さんは言っています。

確かに、北にはロシア・東に日本がいて、北東には出られない中国。

南シナ海へ進出し、一定の成果を納めた今、次に進むべきは西

一帯一路構想は、西への進出を目的としたものだ!というのが、青山繁晴さんの意見みたいです。

 


sponsored link


■安倍総理が既に中国の野望を粉砕?

200~250文字

安倍総理は6月6日、中国の「一帯一路」構想を評価し、協力する意向を示しました。

これに対して中国は、「歓迎する」と表明。

しかし、安倍総理は日本が協力する、「3つの条件」を明らかにしました。

1,投資し完成したインフラは、誰でも使えるものにすること。

2,投資資金が、しっかりと循環し、経済を潤すものであること。

3,投資先について、きちんと返済出来る国に投資すること。

つまり「中国のためだけの投資にならないようにせよ」「貸したお金がしっかり返ってくるようにすること」と安倍総理は釘を刺したのです。

ただでさえ危険な投資の話だというのに、安倍総理に釘を刺されたとあっては、中国の「一帯一路」という投資戦略は、いきなり破綻したと言ってもいいのではないでしょうか。

軍事転用しようと想っていた「インフラ」も、公共利用を条件にされてしまった以上、無理に転用はできません。

安倍総理、笑顔で協力を表明しときながら、中国の野望を砕く。

結構残酷なことをする人ですね・・・。

「イスラム国勢力の最新情報!2017年ISが必ず壊滅する3つの理由」の記事はコチラ
「安保理とは何かをわかりやすく解説!なぜ北朝鮮決議に効果がない?」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・中国の「一帯一路」サミットに100カ国以上が参加。

・先進国7カ国からは、イタリアしか参加しなかった。

・一帯一路構想は、投資資金が戻ってこない可能性が高い。

・安倍総理は、中国の思惑を理解した上で、条件付きでの参加を示唆した。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「加計学園問題は何が問題なのか?【3分】で理解できるやさしい解説」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る