北朝鮮がミサイルを発射する理由は?なぜなのか、超わかりやすく解説

北朝鮮は、なぜ「ミサイル」や「核実験」を繰り返すのか?

その理由を簡単解説!

「生き残るため」に、他に方法がない?


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・北朝鮮がミサイルを発射する理由は、「アメリカを脅し、平和条約を締結する」ため

・金正恩は、「リビアのカダフィ大佐が、核を放棄したために死亡した」と考えている

・もしも北朝鮮が「核」と「ミサイル」を放棄したら、将来アメリカに滅ぼされるだろう

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■ミサイル発射の理由

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


北朝鮮は、三代目「金正恩」が指導者となってから、何度となく「ミサイル」を発射しまくっています。

なぜ「ミサイル」を発射するのか?

理由は簡単で、ミサイル発射でアメリカを脅すことが目的。

一言で言えば

「平和条約を締結しろ!さもなければミサイルを打ち込むぞ」

とミサイル発射をすることで、アメリカを脅しているのです。

脅すことでアメリカに

「北朝鮮をほうっておくと、ミサイルで攻撃されるかもしれない。まずい」

と思わせる・・。

するとアメリカは、北朝鮮の攻撃を受けないように、北朝鮮との関係を良好なものにしようとするでしょう。

現在北朝鮮は、1950年に始まった「朝鮮戦争」で、敵国・韓国と停戦中・・・67年経過した今も、戦争が継続中。

北朝鮮は、この「戦争状態」を終わらせて「平和条約」を締結したい・・・・。

アメリカと平和条約を締結することで、北朝鮮の「金一族」による独裁体制を認めさせる・・・。

「ミサイル発射」「核実験」を繰り返す理由は

「アメリカを脅し、北朝鮮との間で、平和条約を締結させるため」なのです


sponsored link


■金正恩は「リビア・カダフィ大佐」を手本にしてる?

アメリカは北朝鮮に「核」と「大陸間弾道ミサイル」の放棄を迫っています。

しかし北朝鮮は、あの手この手で「核」と「ミサイル」の開発を継続しています。

なぜ北朝鮮は「核」と「ミサイル」を手放さないのか?

金正恩は、アフリカ・リビアの「カダフィ大佐」を手本にしています。

リビアの独裁者・カダフィ大佐は、アメリカの圧力に屈し、2003年に核兵器を放棄。

その8年後、2011年に「リビア内戦」が勃発し、アメリカの空爆がきっかけとなり「カダフィ大佐」は死亡。

「核とミサイルを手放したら、北朝鮮はアメリカによって滅ぼされる・・・」

と金正恩は思っているのです。さらに

「核・ミサイル放棄で、自分はアメリカに殺される」

とも考えているでしょう。


sponsored link


■核とミサイルを放棄したら、どうなる?

もしも今、北朝鮮が核兵器を放棄したら、リビアのカダフィ大佐の様に、北朝鮮・金正恩はアメリカによって滅ぼされるのでしょうか?

滅ぼされます。

なぜなら、アメリカは自国の脅威となり得る存在を、絶対に許さないから。

金正恩と北朝鮮が、半永久的にアメリカに従い続けるのなら、滅ぼされることはありません。

又は、北朝鮮が「民主主義国家」になるなら、滅ぼされることはないはずです。

しかし、それは考えにくいです。独裁者の地位を、金正恩が捨てるとは思えません。

焦ってミサイル発射を繰り返しているのは、かなり切羽詰まっている証拠。

マティス国防長官が、10月27日、北朝鮮・韓国の境界線「板門店」で

「戦争を望んではない」

と言っていましたが・・・望まなくても、起こりかねない状態、一触即発の状態です。

とはいえ、平和的に解決する方法がないわけではありません。

可能性は相当に低いですが・・・・。


戦争回避・平和のシナリオ」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓↓


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮がミサイル発射を繰り返すのは、アメリカを脅して「平和条約」を締結するため

・金正恩は、リビアのカダフィ大佐が、「核を放棄したから亡くなった」と思っている

・実際、核を放棄したら、北朝鮮は崩壊し、金正恩は亡くなるだろう

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする