文在寅の反日発言は何故なのか?国交断絶の可能性と3つのシナリオ!

韓国で大統領に就任した「親北朝鮮」の「文在寅」氏

どうして彼は、反日なのか?なぜ過激な発言を繰り返すのか?

文在寅氏が大統領になって、日韓の国交が断絶する?

考えられる3つのシナリオと、韓国に迫る北朝鮮の思惑とは?

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

文在寅氏が韓国の大統領就任!(ニュース・動画)

文在寅の反日は、更に強まる!理由は?

国交断絶に繋がりかねない、3つのシナリオ

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■文在寅氏が韓国の大統領就任!(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

5月9日、韓国で行われた大統領選挙。

「新北朝鮮・反米・反日」と評される「文在寅(ムン・ジェイン)」氏が、新大統領に就任しました。

前任者である「朴槿恵(パク・クネ)」氏は、複数の罪状で起訴され、現在勾留中。

就任後、文在寅大統領は、安倍総理と電話で会談。

安倍総理は、大統領就任に対して祝辞を述べると同時に、2015年末に結ばれた「慰安婦問題・日韓合意」の履行を要求しました。

それに対して、選挙前は「日韓合意・再交渉」を声高に語っていた文在寅氏は意外と冷静・・・。

韓国の難しい国際事情を説明。

「韓国国民の大多数が、情緒的に合意を受け入れられずにいる」

とした上で、大使館・領事館前の少女像撤去について、合意の履行について

「努力する」

と述べたそうです。

ただ、現実的に国内の反発が強すぎるためか

「(大使館・領事館前の少女像について)民間領域で起きた問題でもあり、韓国政府の力にも限界があるため、履行には時間が必要だ!」

とコメント。

それでも、双方ともに「未来志向」という言葉を述べて、双方の関係構築が重要であるという認識を共有したそうです。

まぁ、スタートダッシュでいきなり対決姿勢を鮮明にするとは思えませんので、文在寅氏のコメントは、当然といえば当然でしょう。

しかし、これが「文在寅」氏の本性か?というと、全くそんなことはありません。

噂では、首相の席に「知日派」と呼ばれる「日本在住経験のある人物」を据えたそうですが、これも日本と上手くやっていくためではありません。

韓国大統領が反日なんていうのは、当たり前なのです。

文在寅氏が、日本に嫌がらせをし始めるのは、予想よりも相当早いはずです。

その理由は簡単で、彼は「何も出来ない」から・・・。

・「北朝鮮と戦争開始で日本の被害想定は?ミサイルには半径何m逃げれば」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■文在寅の反日は、更に強まる!理由は?

 

文在寅氏が、反日発言をする目的

文在寅氏の反日行動は、今後強まる一方だと思われます。

理由は簡単です。

文在寅氏の支持率は、今後下がる一方だから。

歴代韓国大統領は、支持率が下がると、デモや反対集会が激化し、大統領の座から引きずり降ろされるリスクに悩まされてきました。

中国も韓国も、国内での衝突を避けるために、対外的に強気に出ることで、国内の不満を和らげる手法をよく使います。

韓国の場合、反日教育を施されているので、大統領が「反日の言動」をすると、支持率が上昇するのです。

なぜ文在寅氏の支持率は、必ず下がるのか?

韓国は、日本とは比べ物にならないくらい、大きな問題を多数抱えています。

例えば、経済。

韓国では、若者の世代は「七放世代」と呼ばれ

(「就職」「恋愛」「人間関係」「夢」「マイホーム」「結婚」「出産」)

の7つを諦めなくてはならない・・・・と言われているのです「ヘル(地獄)朝鮮」というワードが、流行語になるほど、若者の世代は絶望に包まれています。

現在の韓国では、15~29歳の失業率が9.8%と、過去最高を更新。

この若者の問題の他にも、

対中対米(THAAD配備問題)・対日(日韓合意問題)などの外交問題。

北朝鮮に対する防衛問題。

そして財閥による経済独占、格差の問題。などなど

問題が山積しているのです。

歴代大統領たちは、この問題を全く解決することが出来ませんでした。

しかも文在寅氏を支援する政党「共に民主党」は、議会の過半数にも届いていません。

議会の60%で安定多数となる韓国では、このねじれは致命的。

文在寅氏は、結局何も決められず、物事を前にすすめる事が出来ずに、国民の支持を失っていくことは、容易に想像できます。

そのため、文在寅氏の支持率は下落し、それを補うつもりで、「反日言動」が過激になっていくと予想されるのです。


sponsored link


日韓合意再交渉要求に、日本はどう対応すべきか?

日本の与党・自民党の中で、慰安婦問題における「日韓合意」について、強烈な意見が相次いでいるそうです。

「日韓合意の再交渉など、受けてはならない」

という意見です。

確かに、一度「最終的、かつ、不可逆的に」と合意した問題について、合意後2年も経たない内に再交渉・・・・あまりにもおかしな話です。

日本は、韓国からの要求に対して「日韓合意の履行を求める」と言い続け、かつ、この日韓合意に賛成した諸外国へ「韓国の態度」をアピールすることが大切でしょう。

とはいえ、日本からすれば、韓国は北朝鮮に対する盾の役割を、その位置関係から担っていると言えますので、断行というのはちょっと乱暴かも・・・。

と思ったら、どうやら韓国との国交を、否応なしに断絶せざるを得ない状況になりつつあるみたいですね。

どうしてか?というと、韓国が・・・消滅しかねないから・・・。

・「北朝鮮はなぜアメリカと戦争に?超わかりやすく簡単に説明!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■国交断絶に繋がりかねない、3つのシナリオ

国際政治学者の「藤井厳喜」さんという方が、「韓国消滅」について語っていました。

その発言を元にして考えてみると、「日韓国交断絶」が、すぐ間近に迫ってきている事がわかります。

藤井厳喜さんが言う「韓国消滅」の可能性とは?

拙僧のオリジナルも含めて、3つのシナリオがあると思います。

1,南北統一で韓国消滅!

藤井厳喜さんが言うには、「南北統一」により、選挙という平和的な方法で、韓国が消滅しかねない!のだそうです。

どういうことかというと、文在寅は選挙前から

「大統領になったら、最初に北朝鮮へ行く」

「南北を統一するなら、連邦制が良いだろう」

と公言する程の「親北朝鮮」派の人物。

つまり、北朝鮮との融和政策と「南北統一」を悲願としている人なのです。

韓国はアメリカとの「THAAD配備」、日本との「日韓合意」という、前政権での約束を反故にしようとしています。

筋金入りの「親北朝鮮」で「アメリカ嫌い」「日本嫌い」の人物ってことですね!

もしも彼が、大嫌いな米軍を韓国から追い出し、北朝鮮と「連邦制(一国両制・安全外交保障のみ統一)」で統一をしてしまったら・・・・。

そうなった時、北朝鮮の金正恩は、韓国を「制度」でも呑み込もうとするでしょう。

例えば、韓国制度と北朝鮮制度・・・・どっちの方がいいか?を選挙で決めるとしたら・・・北朝鮮有権者2000万人は、当然北朝鮮制度に投票するでしょう。

では、韓国の有権者3200万人は、どっちを選択するか?

ヘル朝鮮に辟易している韓国人有権者が、600万人ほど「北朝鮮の制度」に投票してしまったら・・・・韓国は、あえなく消滅・・・。

北朝鮮は、選挙前は、自由と権利を訴えた選挙活動をするでしょう。

しかし、選挙に当選してしまったあとは・・・・。独裁政治を取り戻して、韓国を支配・・・ってことになるだろうことは、容易に想像できますよね。

これが「藤井厳喜」さんの予想。彼が言うには「10年以内に、北朝鮮が半島を統一するかもしれない」と言っていました。


sponsored link


2,米韓同盟破棄で、朝鮮戦争勃発!

藤井厳喜さんが言うには、アメリカのトランプ大統領は、同盟国韓国に対して、怒りを抱いているみたいですね。

「同盟国としてやる気があるのか?」

と・・・。

トランプ大統領は、「高高度迎撃ミサイルシステムTHAAD」の運営費「1000億ドル」を支払うようにと、韓国に迫りました。

しかし、韓国はこれを拒絶。

この行動は「反米」の文在寅氏の選挙活動を後押しし、反米感情が高まった有権者は文在寅氏に投票しました。

トランプ大統領は、実は文在寅氏の支援者が怒ることをわかっていて、この「THAAD運営費」についてコメントしたのだとか。

マクスター大統領補佐官が、火消しに躍起になり「運営費は、アメリカが支払い、後に再交渉しよう」とコメント。

するとトランプ大統領は、マクスター大統領補佐官に激怒したそうです。

韓国に対して、自分の真意が伝わっていない!と・・・。

アメリカは、それだけ韓国にウンザリしているということでしょう。

こうなると、文在寅氏は反米ですからね、韓米同盟を破棄して、米軍を追い出すかも・・・・。

そうなったら、北朝鮮は即座に韓国へ武力侵攻を開始するでしょう。

アメリカという後ろ盾がいないのですから・・・。

韓国消滅・・・・日韓国交は、当然断絶でしょうね。

北朝鮮による韓国への侵攻については、藤井厳喜氏は言及していませんが、米軍がいなくなったら、北朝鮮は韓国に容赦ないと思いますよ。

朝鮮戦争で、アメリカ軍の援軍がなかったら、韓国軍は惨敗していたでしょうからね。


sponsored link


3,アメリカに追随して、日本が韓国を見捨てる!

韓国が「韓米同盟」を破棄して、在韓米軍を追い出したとして、その後北朝鮮が進行してこなかった場合はどうなるでしょうか?

韓国は中国に接近し、かつての朝貢関係のような同盟を結ぶでしょう。

そうなると、韓国もまた、北朝鮮や中国と同じく、共産主義的な国家構造を押し付けられることに・・・・。

アメリカは当然、韓国を敵性勢力としてみなすでしょう。

そうなると、日米同盟を結んでいる日本も、アメリカとの関係を強化する意味を込めて、韓国を北朝鮮と同じように扱い、国交を断絶することになるでしょうね。

これは・・・・日本にとって、対馬のすぐ対岸に北朝鮮並みの脅威を受ける!という意味で、かなりマズいことになります。

 

韓国大統領選挙前、有識者たちは口を揃えて言いました。

「誰が韓国の大統領になっても、反日であることに変わりはない」

しかし、その中でも「文在寅」氏・・・かなりマズい人だったのではないでしょうか。

日本にとっても韓国にとってもアメリカにとっても、最悪・・・・・北朝鮮と中国に取っては最高な人選・・・・。

もしかしたら、アメリカは中国に、大統領選挙における諜報活動で敗北したのかも・・・。

これら3つのシナリオが、実現するとは限りませんが、可能性は相当に高いのではないでしょうか。

「北朝鮮と中国の関係・歴史を分かりやすく簡単に説明!なぜ仲良しなの?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・文在寅氏は、反日の言動を今後、間違いなく強めていく

・韓国に対し、トランプ大統領は相当に怒りを抱いているらしい。

・10年以内に、朝鮮半島の統一がなされるかも・・・。

・そうなると、否応なしに日本は韓国と国交断絶となるだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る