北朝鮮と中国に戦争の可能性が!関係悪化した2017現在の状況解説

これまで蜜月関係・血の同盟と言われていた中国と北朝鮮。

2017年の北朝鮮危機で、関係は急速に悪化。

中国と北朝鮮の間で、戦争が勃発する可能性が?

周辺各国の情勢も交えて、状況を可能な限り分かりやすく解説させていただきます!

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮危機、これまでの経緯(ニュース・動画)

北朝鮮と中国の関係が悪化!

中国と北朝鮮の間で戦争勃発?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮危機、これまでの経緯(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

アメリカ

トランプ大統領が、4月上旬にシリアへミサイル攻撃!

この攻撃は、核開発・ミサイル開発をやめない北朝鮮への「警告」と明言していました。

アメリカはさらに、北朝鮮の「核・ミサイル開発」をやめさせるために、空母カールビンソンをはじめとする軍を、朝鮮半島へ集結させました。

北朝鮮

北朝鮮はこれに反発。

核とミサイル開発はやめない!と明言し、対決姿勢を露わにしています。

中国

中国は?というと、米中首脳会談でトランプ大統領の罠にハマり、更にはアメリカの圧力に屈してしまいました。

そのため中国は北朝鮮に経済制裁を課しています。

日本

日本は?というと、国連常任理事国であるアメリカ・ロシアと緊密な連絡を維持し、イギリスを訪問して「北朝鮮包囲網」の形成に尽力。

更には海上自衛隊とアメリカ軍が共同訓練!

そして何よりも、憲法改正の論議を加速!北への対策を着々と構築中です。

韓国

5月9日、「親北朝鮮・反米・反日」と呼ばれている「文在寅」氏が韓国大統領選挙に勝利しました。

文在寅氏は、北朝鮮に対して融和政策を主張しておりますので、各国の北朝鮮包囲網が崩れることになるでしょう。

そしてアメリカに対しては「高高度迎撃ミサイルTHAAD」の配備見直しを主張。

日本に対しては「慰安婦問題・日韓合意」の見直しを主張しています。

前政権が決めた国際合意を白紙に戻すと言っているので、韓国と日米の関係が悪化することが予想されます。

国際協調が・・・・中々難しいのが韓国・・・ということかな?

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年最新予言!真の危機は4月じゃなく5月?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■北朝鮮と中国の関係が悪化!

北朝鮮と中国の関係が急速に悪化しています。

これまで「蜜月関係」「血の同盟」とまで呼ばれていた北朝鮮と中国。

この関係悪化について「歴史的ターニングポイント」と呼ぶ人もいます。

北朝鮮と中国の関係と歴史について、詳しくは以下のリンク記事をご覧くださいませ。

「北朝鮮と中国の関係・歴史を分かりやすく簡単に説明!なぜ仲良しなの?」の記事はコチラ

中国は北朝鮮の「核開発」に反対しており、「ミサイル開発」に反対するアメリカと利害が一致していたため、北朝鮮に対して経済制裁を発動。

それまで北朝鮮の重要な外貨獲得手段だった「石炭輸入」を停止。

そのおかげで北朝鮮は、石炭輸出量が、例年の200分の1にまで低下。

更には、北朝鮮軍の生命線でもある「石油」の輸出停止もチラつかせています。

石油資源の輸入を、中国にほぼ頼り切っている北朝鮮。

石油パイプラインを停止されたら、北朝鮮は3ヶ月で動けなくなります。

しかし、中国と北朝鮮は、1961年に締結した「軍事同盟」があります。

その同盟があるにも関わらず、アメリカに協力して北朝鮮に圧力をかける中国。

北朝鮮からすると、これは中国の裏切り行為。

そのため、両国の関係は急速に悪化しています。

北朝鮮と中国の開戦・・・・あり得るのでしょうか?

・「北朝鮮戦争の2017年ベストシミュレーション!中国と開戦の可能性」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■中国と北朝鮮の間で戦争勃発?

中国と北朝鮮の間で、戦争が起こるのでは?という噂もあるようです。

北朝鮮と「血の同盟」と呼ばれる軍事同盟を締結している中国。

しかし、中国からすると、言うことをきかず、散々反対してきた「核開発」をやめない北朝鮮に手を焼いてきました。

そのため、中国はアメリカを後ろ盾にして、北朝鮮に圧力をかけて核開発をやめさせようとしています。

それは北朝鮮からすると困る!

北朝鮮は、異例とも言える中国名指しの批判を行いました。

「中国はレッドラインを越えた」

「中国はこれ以上北朝鮮を試すべきではない」

それに対して中国も「北朝鮮を批判」

「中国の国益がわかっていない北朝鮮に、レッドラインがどこなのか理解させないといけない」

と、批判の押収をしております。

北朝鮮が中国を名指しで批判することは、かなり異例な事だと言われていますので、過去最高に関係悪化しているってことでしょうね。

上念司の意見「中朝戦争」勃発?

上念司さんが、北朝鮮と中国の戦争についてコメントしていました。

それによると、2021年に中国と北朝鮮の軍事同盟が切れるみたいなんです。

その時に、軍事同盟の更新をしないのでは?と・・・。

中国はそれをもって、いつまでたっても核開発をやめない北朝鮮に軍事介入!対して北朝鮮は、北京に核ミサイルを撃ち込む・・・。

では2021年まで、戦争は起こらないのか?というと、どうやらそうではないみたいです。

2017年4月、アメリカと北朝鮮の緊張が続く中、中国は、軍事同盟があるにも関わらず、軍事介入しないことを仄めかしていました。

「外科手術的なアメリカの攻撃について、中国は介入しない」

と・・・・。

これはつまり「限定空爆を北朝鮮に行うなら、中国は邪魔も反対もしません」という意味。

軍事同盟は効力を失った・・・と中国はいいたいのでしょうね。

アメリカが北朝鮮と全面戦争となり、北朝鮮の金一族政権を脅かすなら、中国は介入する!とは言っていますが、アメリカ側で?北朝鮮側で?どっちの側に味方して軍事介入するのか?を明言していません。

もしもアメリカに北朝鮮を滅ぼされ占領なんてされてしまうと、中国は、北朝鮮という盾を失うことになるでしょうから、とても困るでしょうね。

そうなるくらいなら、中国が自ら北朝鮮を滅ぼして、新たな政権を北朝鮮に打ち立てるかも。

中朝戦争・・・・ありえない話ではないでしょう。

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮と中国の関係が悪化している。

・中国は北朝鮮の「核開発」をやめさせたい

・北朝鮮は、中国の「経済制裁」をやめさせたい

・両国の戦争もあり得るかもしれない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る