トランプ大統領と金正恩に会談の可能性が?実現したら日本はどうなる

危機が続くアメリカと北朝鮮。

トランプ大統領が、金正恩との会談について言及!

米朝会談は実現するのか?

もしも実現したら、日本はどうなるのか?

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮情勢

トランプ大統領が金正恩との会談を示唆?

米朝会談が実現したら、日本はどうなる?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮情勢

2017年4月頃から急激に高まった「北朝鮮危機」

アメリカは北朝鮮に対して「大陸間弾道ミサイル」の開発放棄を迫っています。

そして中国は、北朝鮮の「核開発」の放棄を要求。

北朝鮮はそれに対して猛反発。

「核・ミサイル開発はやめない」

とコメントしています。

アメリカは、それに対して空母カールビンソンなどの米軍を朝鮮半島に集結させ、北朝鮮に圧力をかけています。

中国はというと、同盟関係にある北朝鮮に対して、「石油パイプラインの停止」をチラつかせて核実験を行わないよう圧力。

北朝鮮は「血の同盟」とまで呼ばれた中国の圧力に反発。

中国と北朝鮮の関係が急速に悪化しています。

北朝鮮は、核実験とミサイル実験を強行する姿勢を変えておらず、今もアメリカとの対決姿勢を崩していません。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年最新予言!真の危機は4月じゃなく5月?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■トランプ大統領が金正恩との会談を示唆?

トランプ大統領が金正恩との会談について、前向きなコメントをしました。

「適切な条件の元でなら、金正恩と会談してもいい」

と・・・・・。

トランプ大統領は、このコメントをする直前に

「金正恩は賢い」

と、持ち上げるようなコメントをしています。

更には、大統領選挙にて、トランプ大統領は北朝鮮問題について前向きな姿勢を示していました。

ということは、突然の心境の変化があった!というわけではないのでしょうね。

この「米朝会談」について、アメリカの報道官は「何も具体的な準備はしていない」とコメントしました。

会談に前向きなコメントをしたのは、トランプ大統領が金正恩に対して揺さぶりをかけるため、という意見もありますが、一方ではトランプ大統領が会談に前向きな姿勢を示しているとも言われています。

もしも米朝会談が実現したら、金日成・金正日が実現できなかった偉業を、金正恩は成し遂げた事になります。

何と言っても、北朝鮮の悲願は、「アメリカに金一族の支配体制を認めさせること」ですからね。

そのために、核開発やミサイル開発を推し進めてきたのです。

もし万が一、金正恩とトランプ大統領の会談が実現したら、日本はどうなるのか?

これはいいことなのか?悪いことなのか?

どっちなのでしょうか?

・「北朝鮮戦争開始日と結末!自称イルミナティが未来人ぶって予言してみた」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■米朝会談が実現したら、日本はどうなる?

 

首脳会談はパフォーマンス?

もし万が一、米朝首脳会談が実現したら、日本にどういう影響があるのでしょうか?

米朝首脳会談が実現した時には、既に米朝間で交渉がまとまり、首脳会談自体はパフォーマンスという事になっているでしょう。

いくら米朝のトップ同士が会談したからと言っても、何でもかんでも即決出来るわけじゃない!ということ。

つまり、米朝首脳会談に対して、トランプ大統領が「前向き」と言っても、それだけで実現するようなものではない!ってことですね。

首脳同士が会談した!ということは、大きなニュースなわけですから、アメリカも北朝鮮も、成果をアピールしないと、世界からバカにされてしまいかねないのです。

そうなったら、国の威信が失墜してしまいます。

アメリカ・北朝鮮双方の思惑

では、アメリカと北朝鮮は、互いにどういう成果を米朝首脳会談に期待しているでしょうか?

アメリカは当然「核・ミサイル開発の放棄」でしょう。

そして北朝鮮は「金一族の支配体制を認めさせること」でしょう。

実はこの双方の主張は、思いっきり対立しています。

金一族の支配体制を認めさせること・・・・・・民主主義の国・自由の国であるアメリカが、人権を踏みにじっている北朝鮮の独裁体制を、認めるとは到底思えません。

北朝鮮はそれを理解しているから、アメリカに対して「力づく」で「金一族の支配体制を認めさせる」ために「核・ミサイル開発」を進めているのです。

つまり、アメリカが要望している「核・ミサイル開発の放棄」を金正恩が認めると、北朝鮮が期待している「金一族の支配体制をアメリカに認めさせる」ことが出来なくなるということですね。

双方の主張が真っ向から対立しているということです。

しかもトランプ大統領は「『適切な条件の元でなら』会談に応じる」と言っています。

こんな状況で『適切な条件』なんて整うはずありません。

おそらく首脳会談は行われないでしょう。

もし万が一「首脳会談」が行われたら?日本への影響

とはいえ、もしも万が一「首脳会談」が行われたとしたら?

日本にどういう影響があるのでしょうか?

もし万が一、北朝鮮の「核・ミサイル開発」をアメリカが認めたとしたら・・・。

日本は窮地に陥ることになるのではないでしょうか。

何故かと言うと、北朝鮮には「拉致被害者」がいるから。

表向き軍事力を持たない日本は、アメリカという後ろ盾を利用して、北朝鮮に拉致被害者を帰すように要求しています。

しかし、アメリカが北朝鮮と首脳会談をして、もし万が一「友好条約」なんて結ぼうものなら、日本は北朝鮮という危険な国を近くにおいて、アメリカの協力を得られないことになりかねないのではないでしょうか。

米朝首脳会談・・・・実現して、「核・ミサイルの放棄」「拉致被害者帰国」などが実現したら嬉しいですが、流石にそれは難しいんじゃないでしょうか?

・「北朝鮮戦争の2017年ベストシミュレーション!中国と開戦の可能性」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・アメリカと北朝鮮の危機が続いている。

・トランプ大統領が北朝鮮との首脳会談に前向きなコメントをした。

・おそらく米朝首脳会談は実現しない。

・もし実現したら、北朝鮮の脅威が確立してしまう可能性がある。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る