北朝鮮核実験のタイミング最新情報!2017年に強行する?

北朝鮮の核実験!準備完了、あとはその時を待つばかり?

核実験の意味!それは「アメリカによる開戦」を意味する!

またそれは「北朝鮮の崩壊」をも意味する。

そして日本にとっては、「避けようのない災厄」となる??

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年最新予言!真の危機は4月じゃなく5月?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

北朝鮮が6回目の核実験実施を中国に通知(ニュース・動画

核実験はいつ?

核実験強行後、米軍の攻撃中止はありえない?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮が6回目の核実験実施を中国に通知(ニュース・動画)

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年4月20日、韓国政府と、その関係機関に驚くべき情報が。

「北朝鮮が6回目の核実験の実施を中国政府に通知した」

この未確認情報の真偽を確認するために、韓国の関係機関は行動を開始。

また、アメリカ軍も北朝鮮の核実験を警戒して、放射性物質を検知できる「特殊偵察機」を日本海に向けて出発させた。

アメリカのトランプ大統領は、再三に渡って北朝鮮に向けて「核開発」「大陸間弾道ミサイルの開発」を放棄するように促してきた。

最後通牒のつもりだろう。トランプ大統領は北朝鮮に、レッドライン(開戦基準)を仄めかしています。

「核実験、大陸間弾道ミサイル実験を宣戦布告とみなす」

つまり、次に核実験・大陸間弾道ミサイル実験をやったら、武力行使に打って出て、北朝鮮という脅威を排除する!と・・・。

朝鮮半島での有事を望まない中国・習近平国家主席は、4月の米中首脳会談で、トランプ大統領に対して「対話での解決」を要請。

しかしトランプ大統領は強硬姿勢を崩さず

「中国が北朝鮮への経済制裁をやらないなら、アメリカが同盟国とともにやる」

とさらなる強硬姿勢で挑んだ・・・。

焦った中国は北朝鮮に対して説得工作を行うが、4月20日時点まで目立った成果はなし。

噂では「金正恩」に対して「亡命」をすすめたらしいが、祖父の代から続く「北朝鮮」を、金正恩が手放すはずがない。

そして、イラク・フセイン政権やリビア・カダフィ政権のような、アメリカの手による悲惨な末路を辿らないためには「核」を保有するしかない!と盲信する金正恩に、核放棄を納得させることも出来ないだろう。

トランプ大統領は4月20日、これまで手厳しく批判してきた中国に対して、北朝鮮問題に取り組む習近平を高く評価する!と表明!

これは中国の北朝鮮への説得工作に対して、ある一定の努力は評価するが、結果が出ないと見限るぞ、という圧力でもあるのだろう。

北朝鮮周辺には、アメリカ軍の戦力が集中している。

佐世保港に一時浮上した原子力潜水艦「シャイアン」を始めとする、潜水艦群。噂によると20隻。

4月25日頃に朝鮮半島に到着予定の米空母「カールビンソン」。

横須賀基地で整備中の最強最新空母「ロナルド・レーガン」。

4月30日に終了する「米韓合同軍事演習」に参加している「米軍」。

つまり、4月末に北朝鮮を攻撃する米軍が集結すると思われる。

北朝鮮が、これらの戦力に対する圧力を振り払うには、方法は2つ。

1つは「核放棄」・・・。しかしこれをやれば、北朝鮮・金正恩の威信は地に落ち、クーデターを招きかねない。

2つ目は「核実験」・・・・圧倒的な核兵器の威力を見せつけることで、米軍の戦意を挫く。

しかし「核実験」は開戦の火蓋を切ることにもなりかねない。

アメリカに、北朝鮮攻撃の口実を与えることにもつながる危険な一手。

だが、北朝鮮にはもう手が残されていない。

アメリカの武力行使が、威嚇でしか無いと北朝鮮が確信しない限り、一か八か、これまで必死に開発してきた核にすがるしかないだろう。

核が北朝鮮に平和をもたらすことは、あり得ないというのに・・・。

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■核実験はいつ?

北朝鮮が中国に通知した核実験・・・いつ行われるのか?

最も危険視されているのは4月25日の「朝鮮人民軍創立記念日」。通称「健軍節」。

北朝鮮はこれまでにも、祝日・記念日に「核実験」や「ミサイル実験」を強行して国家の権威を高める手法を好んで使っている。

4月15日の太陽節「金日成生誕祭」に合わせて核実験を行うという噂もあったが、実際には行わず、翌日16日に「ミサイル実験」を実施。

しかしこのミサイルは、アメリカのサイバー攻撃「残骸作戦」で発射5秒後に爆発し、失敗。

このミサイル発射をアメリカは「開戦の口実」にすることはなかった。

なぜ、4月15日ではなく、翌16日に発射したのか?

参議院議員の青山繁晴さんが理由を解説していた。

「金正恩は普段地下150mのシェルターで生活している。

太陽節のような大衆の前に姿を表す時に、行動は起こさない。暗殺されるリスクがあるのだから!

だから、地下シェルターに戻った翌日16日にミサイルを発射したのだ」

つまり、金正恩が地上にいる間は、核実験は行われない。

健軍節は、おそらく金正恩は大衆の前に姿を表すだろう。

青山繁晴氏の理論に当てはめると、4月25日の核実験はないということになる。

では、いつだろうか・・・。

25日の健軍節に合わせるなら、25日の周辺。23・24・26・27日の可能性が高いだろう。

健軍節前に核実験を行い、健軍節当日に開戦となるリスクは金正恩も避けたいかもしれない。

だとしたら、26・27日。

健軍節に備えて、人民軍の戦闘準備は整っていることだろう。

健軍節の前・又は後・・・・。この辺りが最も核実験の可能性が高いだろう。

とはいえ、北朝鮮が核実験を行えば、即「北朝鮮の崩壊」に繋がりかねない。

核実験を控え、ほとぼりが冷めるまで待つ可能性もある・・・・。

北朝鮮・・・・アメリカに屈していない!という印象を国際社会にアピールするためには、核実験をするしかない。

とはいえ、今実行してしまったら、アメリカの攻撃を招き、崩壊する。

つまり、ほとぼりが冷める頃・・・・おそらくアメリカ軍が朝鮮半島からいなくなるタイミングには、核実験を強行するだろう。

追記いたします。

北朝鮮危機が噂されていた2017年4月が、何事も起こらずに過ぎました。

アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮に対して、「核とミサイルの開発を放棄するなら、首脳会談に応じる」とコメントしました。

ただ、北朝鮮がミサイルと核を放棄するとは思えません。

リビアのカダフィ大佐は、核を放棄した途端にクーデターを起こされて亡くなった、と言われています。

金正恩はそれを知っているでしょう。

北朝鮮の核とミサイル放棄は、武力行使でしか実現しない・・・。

現実的に考えて、対話での放棄はありえないのではないでしょうか。

 

・「北朝鮮戦争の可能性最新2017!アメリカのシナリオは何日で終戦?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■核実験強行後、米軍の攻撃中止はありえない?

世界に対してトランプ大統領は宣言した。

「核実験・ミサイル実験をやったら、北朝鮮を攻撃する!」

明言した以上、アメリカが攻撃をしなかったら北朝鮮は更に勢いづくだろう。

「核開発の判断は間違っていなかった」と確信し、更に核・ミサイル開発を加速するだろう。

20年もの間、アメリカは北朝鮮を放置し続けてきた。

今の北朝鮮は、以前とは異なり、アメリカ本土を攻撃する能力を持つ。

しかも、核の小型化もある程度成功し、日本全土を射程におさめる弾道ミサイル「ノドン」に核弾頭を搭載出来るという。

アメリカ本土を攻撃できる「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」への核搭載はまだ出来ないと言われているが、それも時間の問題だろう。

つまり、時間が経過すればするほど、北朝鮮のリスクは増していってしまう。

もはや武力行使以外に、現実的な北朝鮮という脅威を排除する方法はない。

「血の盟約」と呼ばれた「中国」の説得も、もはや効果はない。

中国が北朝鮮への石油パイプラインを停止すれば、北朝鮮人民軍は無力化出来る!と言われているが、北朝鮮がアメリカに滅ぼされることを望まない中国が、パイプラインを止めるかどうか・・・。

もしもパイプラインを止めたら、北朝鮮の暴走の可能性もある。

アメリカと北朝鮮の開戦。2017年4~5月の危機を乗り越えたとしても、北が「アメリカ本土を攻撃できる核搭載・大陸間弾道ミサイルを開発する」前に、アメリカは北朝鮮を攻撃するだろう。

開戦の時は、1~2年以内に訪れる。

・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮が6回目の核実験の準備を整えた。

・4月25日に実験をするだろう!と噂。

・しかし、青山繁晴氏の理論をもとに考えると、25日ではなく、その周囲の日に核実験を行うだろう。

・アメリカの北朝鮮攻撃の可能性は、かなり高い。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る