新野左馬助親矩の家系図によると妹はあの人!子孫は現在どこにいる?

大河ドラマ「おんな城主直虎」

このドラマに登場する人物「新野左馬助親矩」

彼はどんな人物だったのか?

噂によると「井伊家1000年に一度のピンチを救った人物」ということですが

何をやった人なの?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「戦国時代(大河ドラマ関連)記事一覧」の記事はコチラ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「新野左馬助親矩」とは?

大河ドラマ「おんな城主直虎」に出演している俳優・苅谷俊介さんが演じる戦国武将「新野左馬助親矩

彼は一体どういう人物だったのでしょうか?

噂によると、「井伊家の1000年に一度のピンチを救った男」とのことなのですが、一体全体どういう人物だったのか?

新野親矩は井伊谷を支配する「井伊家」の家来。現在の御前崎市新野地区を支配していた、新野新城の城主。

しかしその立場はただの家来ではなく、「今川家の目付」という役割も負っていたそうですね。

目付、つまり「監視役」のことです。

井伊家は当時今川家の家来をしていました。しかし古くからの家来・・・ではない井伊家に対して、今川家は監視役として新野氏を送り込んだということでしょう。

目付役というものは、通常任命したものの味方をするのが普通です。

つまりこの場合、新野左馬助は、通常井伊家ではなく、今川家の味方をするのが普通。

しかし、新野左馬助親矩の場合は、そうでもなかったみたいです。

彼は生涯、井伊家の味方をし続けました。

もう一人の目付であった小野政次とはえらい違いです(^_^;)

新野左馬助は、実は今川家の一族だったんです。

にも関わらず、井伊家の味方をした理由・・・・それは、彼の妹が、井伊家に嫁いでいたから。

新野左馬助の妹は、井伊直盛の妻「祐椿尼」。井伊直虎の母。

つまり新野左馬助は、井伊直虎の伯父。

これは確かに、自身の主家であり、本家筋の今川家よりも妹の実家を優先しようとするのもわからんでもないですね。

新野は井伊直親が殺害された際、息子の「虎松」こと「井伊直政」も殺害せよという「今川氏真」からの命令に対して、必死の助命嘆願を訴えることで、なんとか虎松の命を救ったんですね。

井伊家の菩提寺・龍潭寺の近年の住職は、彼をして

「井伊氏1000年の歴史で最大のピンチを救った」

と言わしめた新野親矩。

今でも毎年、彼の御霊を慰めるための祭事が行われているということですね。


sponsored link


目次にもどる

■最期は?

新野左馬助はの最期は、1563年の引間城攻め。

今川家に謀反を起こした「飯尾連龍」、「天野景泰」らを討伐するための戦いで、井伊家の重臣・中野直由と一緒に戦死しています。

また、一説には、今川家から松平元康に鞍替えした謀反人・飯尾連龍を討伐する際に、駿府の飯尾の屋敷を攻めた戦闘にて戦死したとも言われています。

壮絶な最期を遂げた新野左馬助親矩。

彼は直前に亡くなっていた井伊家の後見人「井伊直平」や、一緒に戦死した「中野直由」とともに井伊直親亡き後の井伊家を支える老練なる重臣でした。

彼らが次々と亡くなったことで、井伊家は人材不足に陥ります。

その為、出家していた次郎法師が還俗して、「井伊直虎」として、井伊家を支えることになったんですね。

新野左馬助・・・・・彼には息子はいなかったようで、娘が1人だけいました。

大河ドラマにも登場する、井伊直虎のいとこ「新野桜」さん・・・・。

この娘・・・・どうやら新野家の子孫を現在に伝える重要人物なのだそうですね。

新野左馬助の子孫は、現在どこにいるのでしょうか?


sponsored link


目次にもどる

■子孫は現在どこに?

新野親矩の子孫はいったいどこにいるのでしょうか?

彼の娘は、どうやら関東の小田原北条家の家来「狩野主膳」というお侍さんに嫁いだらしく、その息子は「木俣」という家に養子に出されているみたいです。

北条氏が秀吉の小田原征伐で滅亡した後、叔母の夫である木俣守勝の養子となって「木俣守安」と名乗っています。

この木俣守勝は元々は徳川家康の家来で、後に井伊直政の家来に組み込まれて井伊家の家老を務めた人物。

養子の木俣守安も、井伊直政の次の代の「直継」を初めとして「直孝」「直澄」に仕え家老となり、大阪冬の陣では井伊家の先陣を務めていますね。

この木俣家から、幕末になって、「木俣守易」という人物が、新野家を再興して「新野親良」を名乗ったとのことです。

新野親良は彦根藩の家老ですね。実は、日米修好通商条約を結んだ幕府大老「井伊直弼」の異母兄。実の兄です。

つまり、新野家を再興したのは「井伊家」の10男坊だったんですね。

彼は新野左馬助のお墓を彦根にも建立しています。実は井伊谷じゃなく、彦根にも「龍潭寺」というお寺があるそうなのですが、そこに新野左馬助のお墓があります。

確かに井伊家と新野家は親戚関係にありますし、井伊家にとって新野左馬助は恩人ですから・・・・新野家を断絶させておくことはできなかったのでしょう。

新野親良には「河手良貞」という息子がいたそうですが、それ以降の子孫の詳細は不明。

ですが、おそらく現在でも新野氏の子孫はどこかに・・・・多分彦根にいるのではないでしょうか。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・新野左馬助親矩は、井伊直虎の伯父

・最期は引間城攻めで戦死した。

・新野左馬助は井伊直親が殺害された際に、命がけで井伊家の家名を守った英傑

・子孫は、井伊直弼の兄が新野の家名を継いだ

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする