金正恩暗殺がいつか未来人ぶって予言してみた!2017年米中が動く

暴走を繰り返す北朝鮮

その北朝鮮を束ねる金正恩

絶えることがない「金正恩」暗殺の噂。

暗殺されるとしたら、いつになるのか?

未来人ばりに予言してみた。

アメリカと中国が、怒りを爆発させるのは、一体いつなのか?

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

緊迫する北朝鮮情勢

金正恩が暗殺される日

暗殺後の北朝鮮

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■緊迫する北朝鮮情勢

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より

北朝鮮情勢が緊迫しています。

アメリカや日本、中国・韓国などの関係各国が自制を呼びかけているにも関わらず、ミサイル発射を3週連続で強行した北朝鮮。

対してアメリカは、空母カールビンソン・空母ロナルド・レーガンに加え、空母ニミッツを日本海へ向けて派遣。

空母ニミッツの到着は6月中旬と考えられますので、その日をもって北朝鮮に先制攻撃してもおかしくないのです。

もしも3隻の空母が、揃って北朝鮮に圧力をかけた場合、北朝鮮はどう出るのか?

これまでの強気姿勢を見る限り、たとえ空母3隻が圧力をかけようとも、北朝鮮はアメリカに反発し続けるでしょう。

3隻の空母が揃ったところで、ミサイル発射!なんてことにもなるかもしれません。

アメリカも、それがわかっているでしょう。

となると、3隻揃ったところでミサイル発射されるよりも、3隻揃わないようにするかもしれないです。

とはいえ、そこまでコケにされて、アメリカが黙っているわけがありません。

金正恩暗殺!

時期が迫っています。

「アメリカの北朝鮮攻撃のため空母3隻集結!ハワイから更にもう1隻?」の記事はコチラ

 

■金正恩が暗殺される日

金正恩暗殺。

その日は間違いなく迫っています。

ではいつなのか?

2017年秋。中国共産党大会が終わった直後。

中国共産党大会という、歴史に刻まれることになる一大イベントの前に、北朝鮮で揉め事が起こることを中国が許すはずもなく、アメリカが武力行使を行おうとしても、強行に「対話での解決」を主張し続けます。

しかし、北朝鮮の核とミサイル開発問題が、「対話」などで解決するはずもないことは、6カ国協議で決まった「核開発凍結」を、北朝鮮が躊躇なく破棄したことからしても明らか。

中国からしても、核兵器という危険な代物を、中国のすぐ隣で開発し続ける北朝鮮・金正恩は、厄介者です。

とはいえ、アメリカと北朝鮮の戦争となると、日本・中国・韓国に相当な被害が予想されます。

日本でも相当な被害が出ることは、避けられないでしょう。

となると暗殺しか方法がないのです。

暗殺時期を予言

2017年秋・中国共産党大会が開催され、何事もなく閉幕。

大会の直後に金正恩が、爆撃と急襲部隊に襲われて戦死。

北朝鮮軍は、指揮命令系統が混乱。開戦を命じる人間がいなくなったことで、大々的に反撃することも出来ず沈黙。

あっけなく、金一族の支配体制は崩壊。

 


sponsored link


■暗殺後の北朝鮮

崩壊後の北朝鮮。

どうなるのか?というと、アメリカと日本、そしてロシアや中国が国際統治を行うことになります。

中でも中国は北朝鮮を、韓国と在韓米軍からの盾として扱ってきたため、北朝鮮という地をまだまだ盾として使いたいため、韓国と北朝鮮の併合に難癖。

北朝鮮は、第二次大戦後と同じく、国際統治となり、民主化に徹底的に反対する中国と、投票箱を持ち込もうとするアメリカの間でせめぎ合い。

最終的に北朝鮮は、またしても北と南に分断され、南は韓国と併合。

北朝鮮北部は、中国とロシアが統治。

中国とロシアが統治している北朝鮮北部では、これまでのような「一族世襲」の支配体制ではなく、中国の「一党独裁」がモデルとされて新しく国家を建国。

北朝鮮ほどの暴走はしないものの、やはり中国の操り人形国家であることは、変わりませんでした。

金一族と「核」「ミサイル」を排除することさえできれば、アメリカや日本からすると大成功。

共産主義国家が残ってしまうことは、残念なのかもしれませんが、当面は北朝鮮という問題に悩まされずに済むでしょう。

とは言え、これはあくまでも個人的な推理。

上記のようにうまくことが運ぶ保証もないので、もしもハズれても、どうかご勘弁ください・・・。

 

・「北朝鮮はなぜアメリカと戦争に?超わかりやすく簡単に説明!」の記事はコチラ
・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮が、アメリカからの武力圧力に、ミサイルを利用して必死に抗っている。

・北朝鮮・金正恩の暗殺は、2017年秋以降。

・中国共産党大会が終わるまで、中国は北朝鮮での有事に、反対する。

・金正恩が亡くなっても、中国の思惑で、北朝鮮の一部に共産主義国家は存続する。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る