常岡浩介はISのテロリスト?通訳の仕事でイスラム国に勲章受けた?


クルド人自治政府から釈放されたジャーナリストの常岡浩介

何度も何度も拘束されまくっている常岡氏。

以前は北海道大学生をISに斡旋したなんて報道もありました。

彼はISのテロリストなのでしょうか?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

団時朗の孫はモデルの浦浜アリサ?孫が唯一の家族?」の記事はコチラ

■目次

「常岡浩介」解放

「北海道大学生IS斡旋事件」

度重なる拘束の理由

イスラム国から表彰された?彼はテロリストなの?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e5%b8%b8%e5%b2%a1%e6%b5%a9%e4%bb%8b%ef%bc%94


目次にもどる

■「常岡浩介」解放

2016年11月7日、ジャーナリストの常岡浩介氏が解放されたそうです。

常岡浩介氏は、イラク北部で過激派組織「イスラム国(IS、イスラミック・ステイト)」を取材中にクルド人自治政府の部隊に拘束されたのだとか。

ちなみに「クルド人」というのは「国を持たない民族」として有名で、トルコ・イラク・イラン・シリアなどに居住している3000万人ほどの民族ですね。

かつては「クルディスタン」という国があったらしいですが現在では存在しません。

ちなみに常岡浩介氏は、怪我はしていないらしく、11月8日の夕方には日本に帰国するということです。

目次にもどる

■「北海道大学生IS斡旋事件」

さて、常岡浩介さんといえば、2014年に「北海道大学」の大学生をISこと「イスラム国」に斡旋したのではないか?と疑われた方ですね。

イスラム教徒で実業家の「中田考」氏も同様の疑いで家宅捜索を受けていました。

しかし、常岡浩介氏はこの疑惑を否定。

実際には、この大学生に「イスラム国」に参加するつもりはなく、ただただ常岡浩介氏の取材に同行したいと言っていただけだとか。

しかもこの大学生は「現実逃避」気味の人物だったと常岡浩介氏は証言しています。

中田考さんも、この疑惑について「勘違いだ」としています。

常岡浩介氏はさらに、「警察は大学生に、イスラム国参加の意思がないことを知っていたはず」と主張しています。

ちなみに中田考氏について、詳しくは以下のリンク記事をご覧下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます

中田考氏とテロリストの関係とは?彼は危険人物?それとも中立者?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■度重なる拘束の理由

常岡浩介氏は、これまで何度も拘束されていますね。

明らかにされているだけでも3度拘束されています。

アフガニスタン・パキスタン・そして今回のイラク北部。

詳細については以下のリンク記事をご覧下さいませ。

下のリンク記事は別タブで開きます。

常岡浩介の拘束の経歴とプロフィール」の記事はコチラ

どうして彼はこれほどまでに拘束されまくっているのでしょうか?

ネット上では、彼が拘束される度に「呆れた」という意見が溢れています。

彼が言うには、「拘束されて心配をかけたことは申し訳ないが、ジャーナリストとして行かないわけにはいかない」のだそうです。

確かにジャーナリストで、しかもイスラム教徒だという常岡氏。

誰よりもイスラム国に精通しているでしょうから、行かないわけにはイカンのでしょうけど、いくらなんでも拘束されすぎでしょ・・・。

なぜ拘束されまくっているのか?

それは、おそらくですが、2003年にチェチェンの報道機関から「日本国籍のテロリスト」と報じられてしまったからではないでしょうか。

各国、又は各テロリストが、このチェチェンで報じられた情報をもっているのだとしたら、常岡浩介さんは業界では「危険人物」とみなされていることでしょう。

その為、マークされているのかもしれません。

だから、いつもいつも拘束されちゃっているのかもしれませんね。

目次にもどる

■イスラム国から表彰された?彼はテロリストなの?

今回クルド人自治政府に拘束されてしまった常岡浩介氏。

なぜ拘束されてしまったのか?というと、理由は二つ。

一つは常岡浩介氏が「IS」のキーホルダーを所持していたため、ISのテロリストと勘違いされてしまったこと。

このキーホルダーを常岡浩介氏は資料として所持していたらしいです。

二つ目の理由は、彼がクルド人の報道機関「ルダウ」に「ISの通訳を務めて、ISから表彰された」と報じられてしまったため、クルド人部隊に勘違いされたのだとか。

しかし、常岡浩介氏はこの事実をツイッターで否定。

「ひどいよ!ぼくアラビア語全くわかりません」

そして、時事通信も「ルダウ」の記事を引用して「常岡氏がISの通訳で『名誉勲章受賞』」と報じた事実について

「なんじゃこりゃ!僕が自分で自白したことになってるじゃないか!ルダウが酷いのか、クルド治安機関のアサイシュがデマ宣伝をしたのか?」

と怒ってました・・・。

まぁ、これだけ拘束されまくって、しかも素性がはっきりしている人物が「テロリスト」だとは思えません。

何と言っても早稲田大学出身で、あのコラムニスト「勝谷誠彦」さんの後輩らしいですからね。テロリストってことはありえないでしょう。

それにしたって常岡さん・・・・なんというか・・・・ちょっと拘束されすぎでしょ!拘束される度に政府の人が助けに行っているわけですからね~・・・。

仕事だって言うのは分かるんですけど・・・。ちょっと自重したほうがいいんじゃないですかね~(T_T)


%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・常岡浩介氏がクルド人自治政府から解放された。

・常岡氏は、北海道大学生IS斡旋の疑いを否定している。

・常岡氏はチェチェンで「日本国籍のテロリスト」と報じられた事がある。

・彼はどう考えてもテロリストではない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「東京オリンピックエンブレムパクリ疑惑の佐野研二郎のその後は?葬儀出された?」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る