北朝鮮とアメリカが戦争したらどこに逃げる?日本への影響は負担甚大

北朝鮮とアメリカの緊張が非常に高まっています。

もしも開戦してしまったら、どこに逃げればいいのか?

日本への影響は?

被害の他にも、経済への影響が!!


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■北朝鮮が核実験?開戦必至?(ニュース・動画)

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


北朝鮮とアメリカの緊張状態が高まっています。

シリア攻撃から始まった米朝開戦の噂と緊張感。

これに対して金正恩は、さらなる核実験の用意をしているとも言われています。

噂では、4月15日に、当初から核実験を行う予定であったと言われています。

北朝鮮北東部の核実験場では、4月13日時点で既に核実験の準備が完了したとのこと。

開戦については、中国への圧力が功を奏して、中国から北朝鮮への経済制裁が発動して戦争を回避!という見方が強まってました。

しかし、最近になって、その緊張状態が更に激化してきた感があります。

理由はもちろん北朝鮮が、このタイミングで核実験をしようとしているため。

そして、北朝鮮に「核実験」と「ミサイル開発」をやめる様子がないこと。

まぁ、アメリカとの交渉窓口を開いた・・・という一面もありましたが、効果があるかどうかは不明です。

北朝鮮とアメリカが戦争になったら、在日米軍基地がある日本にもミサイルが飛んでくる可能性があると言われています。

いったいどうなってしまうのか??


sponsored link


目次にもどる

■どこに逃げればいいのか?

もしも日本に北朝鮮のミサイルが飛んできたら、いったいどこに逃げればいいのか?

もちろんことが起こる前に海外に逃げることが出来たなら、一番いいのでしょう。

でも、そうもいかないわけです。

ではミサイルに対して、どこに逃げればいいのか?

内閣官房が発表している内容を確認すると、こんなことが書かれています。

「屋内ならば、ドアや窓を全て閉め切る。

その上で水道やガス、換気扇も閉じる。

ドア・壁・窓から離れた位置に座って動かないようにする。

もしも屋外にいるのならば、近くの頑丈な建物に避難。

又は地下街に避難する。

そして冷静に情報を集めて行政からの指示を待って避難を開始する」

となっています。

参議院議員の青山繁晴さんも、

「ミサイルが落ちてきたら、深度のある地下に避難せよ」

と言っています。

核が落ちてきた場合、生半可な地下に逃げても効果は薄いですが、可能な限り深い地下・・・つまり「地下鉄」などに逃げ込む必要があるでしょう。

とはいえ、それも確実とは言えません。

どうか避難については、行政が公開しているものを確認して頂きたい。そしてどうか、自己責任でお願い致します。

「国民保護サイレン」というものがあるそうなのですが、武力攻撃などが発生したら、このサイレンが鳴るそうです。

このサイレンが鳴ったら、テレビ・ラジオ・消防などが、何が起こったかを知らせると同時に、どのような行動を取るべきかを知らせてくれるそうですので、冷静な対応を!

国民保護サイレンは、以下のリンクからご確認くださいませ。

ちょっと不気味な音ですので、音量は低めにしてご確認ください。

国民保護サイレン動画はコチラ


「北朝鮮のミサイルは、何分で日本に落ちるのか?避難方法は?」について詳しくは以下のリンク記事をご覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


目次にもどる

■日本への影響は?株価はどうなる?

北朝鮮とアメリカが戦争になったら、いったい日本はどうなってしまうのでしょうか?

まず、先程ご説明したとおり、日本にも暴走した北朝鮮のミサイルが飛んできてしまう可能性があると言われています。

被害が出る可能性も否定は出来ないでしょう。

一部の噂では「戦争特需」なるもので株価が上がるのでは?なんて言われているようです。

確かに歴史を見れば、第一次世界大戦などで日本の景気は上向いたとされています。

しかし、今回の米朝戦争では、その歴史は繰り返されそうもありません。

なぜか・・・・理由は簡単で、短期決戦で終わるから。

北朝鮮とアメリカの戦争。北朝鮮には食料などの物資が乏しいと思われるので、長期戦は不可能でしょう。

つまり、物資の特需はない!ということ。

そのため、株価は戦争に巻き込まれるリスクを嫌って急激に下がると思われます。

4月13日には、2017年の年初来安値を更新したとされる日経平均株価。

おそらく開戦したら、更に下がってしまうことでしょう。

そして、日本に与えられる役割は?というと、米軍の後方支援を担当することになるでしょう。

つまりは補給。

思いやり予算などを支払っているといっても、米朝開戦となると、この戦争は日本の安全保障上最も重要なものですので、相応の負担を求められることは必至。

おそらく日本はかなりの負担を強いられることとなるでしょう。

戦争・・・失うものが多いからこそ、安全を獲得しなくてはならないのでしょうね。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・北朝鮮とアメリカの戦争が始まるのでは?と言われている。

・もしも開戦したら、日本にも北のミサイルが飛んでくる可能性がある。

・そうなったら、内閣官房の指導によると、屋内・地下などへ逃げ込み指示を待つようにとのこと。

・開戦したら、株価は下がるだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 入江たかし より:

    やっべー!よな
    戦争とかマジ勘弁っす
    こえーー

  2. 大日本は過去なのよ より:

    釧路に疎開するのがイイかもな