籠池泰典の補助金問題を日本一わかりやすく解説!不正受給した金額はいくら?

最近話題の「籠池泰典」理事長の「森友学園」問題。

まぁ、民進党が自民党を追い落とそうとキャンペーンしている感じはありますが、

その森友学園問題の1つ「補助金問題」を日本一わかりやすく解説致します!

森友学園は一体いくら不正に受給したのでしょうか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■「森友学園」おさらい

森友学園問題をおさらいしてみましょう。

土地の値引き問題

事の発端は「大阪府豊中市」にある国有地が、森友学園に対して、「9億円」の値段から「8億円」も値引きされて「1億円」で売りに出されてしまったこと

なぜこれが問題なのか?というと、国有地ということは国のもの、国のものということは「国民の財産」のはずだからです。

その「国民の財産」を8億円も値引きして売ってしまったことが問題視されたわけですね。

そして、なぜ、森友学園がこれほど安く国有地を購入できたのか?

その理由について、森友学園の名誉校長に「安倍晋三首相」の妻である「安倍昭恵」夫人が就任していたことが、疑惑となったのです。

総理夫人が名誉校長に就任しているので、夫人から総理大臣を通して、何らかの「口利き・圧力」があったため、国有地が値引きされたのではないか?と野党・特に政権奪取という叶うわけない夢を観て暴走している民進党が追求しているのです。


sponsored link


忖度(そんたく)問題

土地の値引きについて、安倍総理は「口利きや圧力など全くない」と疑惑を明確に否定しています。

口利きの証拠が全く出てこなかったため、民進党などの野党は「忖度(そんたく)」を疑い始めたのです。

忖度・・・つまり国有地を管理している近畿財務局が、総理夫人が名誉校長をしている森友学園に対して、総理に気を使うという形で、勝手に土地を値引きして売却した!ということ。

それに対しても安倍総理は明確に否定。そんなことがあるわけがないと言ってました。

しかし、総理の知らないところで忖度が起こってしまった可能性もあるため、この忖度問題については、与野党で言い合いが続いています。

ちなみに忖度(そんたく)の意味について、詳しくは以下のリンク記事を御覧くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます


総理夫人の寄付金問題

安倍総理が、妻である安倍昭恵夫人を通して「森友学園」に対し、100万円を寄付した!という疑惑が持ち上がっています。

籠池理事が言うには

「公演に訪れた昭恵夫人が、人払いをし、私と二人きりになったところで『総理大臣からです』と言って100万円の入った封筒を手渡してきた」

とのことですが、対して昭恵夫人は

「そんなことはしていない」

と否定。昭恵夫人についていた官僚も、

「人払いなどされていない」

と証言しています。

これについて、籠池理事長は「安倍晋三」と書かれた振込用紙を提出していましたが、この筆跡が、籠池理事長の妻の筆跡と似ているとの声もありました。

しかも話を聞く限りでは、「昭恵夫人から手渡された」と言っているのに、振込用紙が存在しているということは、振込用紙に安倍晋三という名前を書いたのは安倍総理や総理夫人であるはずがない。とその証拠能力に疑問を抱かれています。

森友学園に対して寄付する行為自体に問題はありません。

この寄付がどうして問題視されているのか?というと「大幅に値引きされた土地を購入するなどの疑惑が多数持ち上がっている学園に、総理が寄付するとは、何か疑惑に総理が関係しているのでは?」と思われているからです。


sponsored link


「3つの建築費」問題

さて、この森友学園問題について、もう1つ大きな疑惑が残っています。

それは「3つの建築費」問題。

森友学園は、大阪府豊中市に学校を建設する際に、3つの機関に対してその「工事請負契約書」を提出しました。

提出した先は「大阪府」「国土交通省」「関西エアポート」の3つ。

なぜ3つの機関に対して「工事請負契約書」を提出したのか?というと

「大阪府」に対しては、小学校設立の認可に関係して、報告として提出。

「国土交通省」に対しては、小学校設立のための補助金申請のために提出。

「関西エアポート」に対しての提出は、建設予定地近くにある「伊丹空港」を運営する会社である「関西エアポート」に対して工事請負契約書を提出することで「航空機の騒音障害防止」法についての助成金申請をするためでした。

実はそれぞれの工事請負契約書は、金額がどれも異なっているのです。

「大阪府」へ提出した工事請負契約書の金額は「7億5600万円」

「国土交通省」への金額は「23億8464万円」

「関西エアポート」への金額は「15億5000万円」

なぜ豊中市に建設するための小学校の工事請負契約書の金額が、どれも異なっているのか?

籠池理事長が言うには、「7億5600万円」が正しいそうですが、工事請負業者の話では「15億5000万円」が正しいのだそうです。

籠池理事はさらに、どれもこれも請負契約書の金額が異なっている理由について、こう言ってます。

「工事金額の上振れ分を十分に見込んで申請したのであって、補助金を搾取したのではないか?という疑いは、誤解である」

と・・・・。

それにしても、上振れを含んでって・・・7億円と23億円じゃあ、実に16億円もの差があるんですよね~。

これほどまでに上振れを見込まなくてはならないものなのでしょうか?

実はこの「工事請負契約書」の金額の相違が、新たな疑惑として問題になっているのです。


sponsored link


目次にもどる

■補助金を不正に受給?額はいくら?

なぜ工事請負契約書が異なるのか?

気になるのは「国土交通省」への補助金申請と、「関西エアポート」への助成金申請の工事請負契約書の金額が、「大阪府」へ提出した契約書の金額よりも遥かに高額であるということ。

つまり、これは、補助金・助成金を多く受け取る絶えに、金額を誤魔化したのではないか?と言われているのです。

実際に、国土交通省は「23億円」という申請を受けて、「6194万円」の補助金交付を決定し、そのうち「5645万円」を、森友学園に対して支給していました。

もしも国交省への「工事請負契約書」の金額が、大阪府へ提出したのと同額の7億5000万円だったなら、おそらく補助金は6194万円も無かったことでしょう。

この「5645万円」というお金を、森友学園が不正に受給したのではないか?という「公金詐取」の疑いが持ち上がっているのです。

これだけの大金・・・国民の血税が、こういう不正によって詐取されたのだとしたら、たしかに問題です。

このお金について、国交省は3月14日に「返還」を要求しました。

すると森友学園は3月28日に、全額を返還しました。

返還期限は3月30日と言われていたそうなのですが、森友学園はその2日前に全額返金しています。

返金すればいいというものではありませんが、それでも、一応お金は返していますね。


sponsored link


目次にもどる

■今後どうなる?逮捕?

籠池さんは今後どうなるのでしょうか?

噂によると「逮捕される」なんて声もあるようです。

なぜ逮捕されるのか?

理由は「証人喚問」

この証人喚問で「偽証」、つまりウソをついた人間は逮捕されてしまうのです。

籠池理事は証人喚問で、「ウソついたのでは?」と疑われている点が2つありました。

「昭恵夫人からの100万円寄付の証言」と「安倍晋三記念小学校という名前での寄付金について」の2つです。

「昭恵夫人の100万円寄付の証言」については、先程ご説明したとおりです。

もう1つ「安倍晋三記念小学校という名前での寄付金について」ですが、森友学園が豊中市に建設中の小学校、「瑞穂の国記念小学校」という名前ですが、元々は「安倍晋三記念小学校」という名前にしたいと、籠池理事長は希望していました。

しかし、安倍晋三首相はそれを断ったのです。

それにもかかわらず、籠池理事長は「安倍晋三記念小学校」の名前で寄付を募っていた・・・。

それについて、公明党議員から追求された際に彼はこう証言しました

「安倍晋三記念小学校の名前で寄付金を集めていたのは、ほんの一瞬。

その間に寄付してくれた人は一人もいない」

しかし、その後の調査で「安倍晋三記念小学校」という名前で寄付を募っていた期間は、一瞬どころか数ヶ月という証言が出てきました。

これで、彼は偽証の罪で逮捕される可能性が出てきてしまったのです。

実際自民党では

「これ以上この問題を長引かせないためにも、籠池理事長を潰すしかない」

という声が挙がってきているようですので、自民党は本気で偽証を立証しようとするでしょう。

籠池理事長逮捕は、時間の問題かもしれません。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ(森友学園関連ニュース・動画)

本日の記事をまとめますと

・森友学園問題が更に深刻さを増している。

・籠池理事長は国交省から「5600万円」の補助金を受け取った。

・しかしその補助金は全額変換済み。

・逮捕が近いとの噂もある。

以上となります。

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より


本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする