イギリスでテロが多いのはなぜか?更なる被害の可能性も!

テロが頻発しているイギリス

更なる被害の可能性も?

なぜテロリストはイギリスを標的にするのか?

テロリストがイギリスを目の敵にする理由を解説!

テロは、防ぎきれないのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■イギリスで3件のテロ発生!

公式チャンネル「BBC News Japanチャンネル」より


イギリスで、テロが頻発しています。

3月22日、ロンドン、国会前で刃物を使ったテロが発生し、5名が死亡。

5月22日、マンチェスター、ミュージシャン「アリアナ・グランデ」さんのコンサート会場で、自爆テロ。22名が死亡。

6月3日、ロンドン橋で車と刃物を使ったテロが発生。7名死亡。

イスラム国のテロと考えられているこれらの事件。

なぜイギリスでばかり発生しているのか?

その原因を解説致します。

■「イギリス」でテロが頻発している理由

どうしてイギリスでばかりテロが発生しているのか?

ロシアやトルコでも、テロが発生しているようですが、イギリスは特に多い気がします。

理由は、どうやら、3つあるようです。

1,「元々イスラム国に共感する人間が多かった」

2,「規制が厳しくなり、イスラム国に合流できなくなった」

3,「ソフトターゲット、つまり無差別テロであるから」

一つ一つご説明いたします。

「イスラム国に共感する者が多い」

ヨーロッパは、元々イスラム国に共感する人間が多いのです。

そのため、これまではイスラム国に参加するために、シリアやイラクに渡る人も、かなりの数いました。

つまり、「イスラム国予備軍」が元々イギリスをはじめとするヨーロッパ諸国には、多数いたのです。

規制が厳しくなり、イスラム国入り出来ない

イスラム国へ入信し、共に戦おうとしたイギリス人がいたとしても、今のイギリスからでは、イスラム国へ行くことが出来ないのです。

イギリスでは、2005年に52人もの犠牲者を出したテロが発生しています。

そこから、規制が一気に厳しくなり、イスラム国への合流が事実上不可能になったのです。

イギリスはヨーロッパで、特に規制が厳しくなっています。

合流出来ないが、イスラム国の考え方に共感したテロリスト予備軍は、自国でテロを強行。

イギリス人が、祖国を対象にしてテロを行っているのです。

ソフトターゲット(無差別)なので、防ぎきれない

刃物と自動車を利用したテロ。

相手は「無差別」、つまりソフトターゲット、「誰でもいい」という考え方であるため、犯行を予測しづらく、防ぎきれないのです。

銃などと違い、刃物と車という簡単に手に入る凶器で犯行をしていることも、未然に防げない原因の一つでしょう。

「イスラム国予備軍が多い」

「イスラム国入り出来ず、自国でテロ」

「無差別テロ」

これらの理由から、イギリスではテロが頻発しているのです。


sponsored link


■テロは防げないのか?

テロを防ぐことは、かなり難しいでしょう。

なぜなら、「外からの攻撃は防ぎようがあるが、中からの攻撃を防ぐには、限界がある」から。

例えば、国外から「イスラム国の兵士」が来て、爆弾を製造し爆発・・・というテロなら、警察が外国人をしっかりチェックし監視すれば、テロは防げます。

しかし、イギリスにすむ若者が、ある日いきなり地下で刃物を振り回したら?

防ぐことは至難の業でしょう。

「関係のない者を巻き添えにする」

テロとは、メチャクチャ卑怯な方法ですが、残念ながら効果的なのです。

イスラム国の壊滅が近い

司令塔であるイスラム国さえ滅びれば、テロは終息へと向かうでしょう。

イスラム国は、主要都市である「モスル」のほぼ全域を失い、更に首都「ラッカ」にも「クルド人部隊」が突入しました。

敗北するのは時間の問題と言われています。

2017年内に、イスラム国は崩壊すると言われています。

そうなったら、一部のイスラム国兵士を除いて、テロは徐々に無くなるでしょう。

テロを防ぐことは出来る!ということです。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・イギリスでテロが頻発している。

・イスラム国に参加できないイスラム教徒が、自国でテロを起こしている。

・テロを防ぐのはかなり難しい。

・しかし、イスラム国を潰せば、イスラム国によるテロは徐々に無くなるだろう。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする