井伊直政はイケメンだった?前年・真田丸のキャスト陣で誰が演じた?

 「おんな城主直虎」

主人公井伊直虎の養子で、後に徳川四天王の1人に列することになる名将・井伊直政

彼は実は相当なイケメンだったとの噂が。

では前年の大河ドラマ「真田丸」では、一体誰が演じたのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■井伊直政とは?

井伊直政

現在の静岡県西部・遠江の国、井伊谷出身の戦国武将。

徳川家康に仕えた筋金入りの武闘派!その才覚で「徳川四天王」「徳川十六神将」「德川三傑」の1人に数えられる人物です。

「おんな城主直虎」に登場し、主人公・井伊直虎の許嫁・井伊直親と「しの」の間に産まれた「虎松」が、後の「井伊直政」ですね。

父・直親を今川氏真の家来「朝比奈泰朝」に殺害され、幼くして父を亡くしてしまった人物・・・。

彼はその後、井伊直虎の養子として扱われ、大切に育てられたと言われています。

小野政次に殺害されそうになった際にも、三河の鳳来寺に避難させられ、難を逃れています。

1575年・彼が15歳の時に、徳川家康に臣従します。

直政の顔を見た家康は、「ただならぬ子」と言ってその将来性に期待して、自らの小姓に抜擢したと言われています。

まぁ、家康からすると、井伊直親を救う事が出来なかった負い目もあり、その子である直政を見捨てるわけにはいかなかったのでしょう。

直政はその後、遠江・高天神城の戦いなどで順調に出世を重ね、本能寺の変における家康最大の危機「伊賀越え」に同行し家康の信頼を勝ち取ります。

ちなみに本能寺の変が起こった1582年・・・・織田信長が亡くなった直後に、井伊直虎も亡くなりました。

井伊直政はその凄まじい闘争本能と外交力・・・更には恐怖統制で束ねられた家臣団に過労でぶっ倒れるまで働くワーカーホリックぶりで、徳川家の家臣団の中でも異例の出世を果たしていきます。

その働きを認められ、彼は武田信玄の家来で名将と呼ばれた「山県昌景」の部隊「赤備え」を引き継いで「井伊の赤鬼」の異名で呼ばれました。

そして関ヶ原の戦いでは、多数は工作に成功した上に、戦場では抜け駆けしてまで猛将・福島正則を出し抜いて先陣をきり、戦後は敵の大将「石田三成」の本拠地「佐和山城」18万石を獲得。

その後直政の次男「井伊直孝」が「ひこにゃん」で有名な彦根城30万石を与えられ、德川譜代家臣団の中で最大の領地を得るに至ったんですね。

井伊直盛から井伊直親・井伊直虎が必死になって守った井伊谷・・・・。

その井伊谷を本拠地としていた小領主が、30万石の大名になったんですから、直政・・・・かなりやり手だったんですね。


sponsored link


目次にもどる

■実は相当なイケメンだった?

さて、井伊直政・・・噂によると、かなりのイケメンだったそうですね。

井伊直政・・・・そういえば、これまでの大河ドラマでは「勝野洋」さん・「篠井英介」さん・「長森雅人」さん・「東幹久」さんなどのイケメン・中性的な人が演じていました。

おんな城主直虎では、「寺田心」くんと「菅田将暉」さんという美男子が演じていますからね。

現代人のイメージも、井伊直政=イケメンで通っているのでしょう。

史実でも、井伊直政については美男子との記録がありますね。

「容姿美麗にして、心優に優しければ、家康卿親しく寵愛給い」

秀吉の母が、小牧・長久手の戦いの後に家康の元に人質に行った際、秀吉の母の侍女たちは直政のイケメンっぷりに相当キャーキャー言っていたそうです。

また、彼は非常に小柄で童顔だったため、一見すると敵にに侮られていたんだとか。

その為、戦場ではド派手な赤い装備とめちゃくちゃ長い槍を持って敵を威嚇したと言われていますね。

そんなイケメン直政・・・・実は家康の愛人だった・・・・なんて噂もあるようです。

確かに・・・・・戦国時代は同性愛は当たり前だったと言われてますからね。

織田信長と前田利家の愛人関係・・・。

伊達政宗が家来を寵愛したという事実。(ちなみに井伊直政の娘は、伊達政宗の息子の嫁さん)

同性愛に興味がなかったのは、極度の女好きと言われている「豊臣秀吉」くらいでしょう。


sponsored link


さて・・・・彼は家康に非常に愛された武将と言われているようですが、一説によると、直政は家康の息子「徳川信康」に非常に似ていたとも言われています。

信康といえば、諸説ありますが織田信長に殺害を命じられて、家康が泣く泣く自害を命じた武将。

信康も相当なイケメンだったと言われておりましたので、信康に似ていたということは直政も相当にイケメンだったんでしょうね。

何といっても直政と信康は親戚(諸説ありますが・・・)

信康のひいおじいさんは「おんな城主直虎」で「前田吟」さんが演じる「井伊直平」。

直政のひいおじいさんも「井伊直平」。

2人は「はとこ」ということですね。

直政・・・・かなりのイケメンで武闘派だったらしいですが、奥さんの「」さんには頭が上がらなかったみたいですよ。

花・・・・徳川家康の養女・・・松平康親の娘。

直虎が亡くなった2年後の1584年に直政と結婚。

直政に相当惚れ込んでいたらしく、彼が側室との間に「直孝」をもうけた際には、直政をかなりビビらせたと言われています。

直政・・・・直虎に育てられたため、もしかしたら女性に畏敬の念を持っていたのかもしれませんね。


sponsored link


目次にもどる

■真田丸では、誰が井伊直政を演じた?

さて、イケメンで有名な井伊直政・・・・2016年の大河ドラマ「真田丸」では一体全体誰が演じたのでしょうか?

実は井伊直政と真田一族・・・・結構因縁があるんですよね。

徳川軍と真田が戦った「第一次上田合戦」において、徳川軍は大敗。

その敗軍を救出して撤退させたのが井伊直政だったんですね。

そして関ヶ原の戦いの前哨戦「第二次上田合戦」でも徳川秀忠軍は真田一族に大敗。

その後、関ヶ原の戦いで徳川家康が大勝したため、敵方の真田一族は窮地に立たされ、真田昌幸真田幸村は処刑されかけました。

その時、昌幸の長男で幸村の兄である「真田信之」は唯一と徳川方に味方したこともあり、父と弟の助命に奔走。

その信之の助命の手助けをしたのが、信之の姑の「本多忠勝」と「井伊直政」。

直政は信之と面会した時に、その人柄を観て「将来徳川の忠臣となる」と見抜き、必死で昌幸・幸村の助命に奔走したのです。

それによって昌幸・幸村は死罪を許されて「九度山」に15年もの間幽閉されることになるのです。


sponsored link


井伊直政・・・・「真田丸」において、実は登場してきません。

「翌年の大河ドラマ・おんな城主直虎で直政が登場するから、真田丸には登場しなかったのだろう」

と噂されているのですが、おそらくそうではなく、真田丸に登場させるほど、真田一族と親しい接点がなかったということなのかも。

確かに真田一族のために奔走した井伊直政ですが、真田幸村の見せ場「大坂の陣」の13年も前に亡くなってますからね。

ただ、真田丸のワンシーンで「井伊直政」の次男「井伊直孝」について、真田幸村がコメントするという場面がありましたね。

「井伊にも、ここに来るまでに物語があるのだろう」

と台詞を口にしたことで、「脚本家・三谷幸喜の次回大河ドラマへの粋なエール」と評判になりました。

井伊直政・・・・子孫は徳川幕府を支えようとした大老「井伊直弼

対して真田信之が収めた領地からは、倒幕の推進力となった「佐久間象山」が誕生・・・。

明治維新では、井伊と真田は、ある意味で敵同士になったんですね。


sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・井伊直政・・・井伊の中興の祖で、井伊の赤鬼と呼ばれた名将

・井伊直政は、史実では相当なイケメンだったらしい。

・一説には家康の愛人だったと言われている。

・井伊直政・・・真田丸には登場しない・・・。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする