【北朝鮮】拉致の目的・理由は3つ!2017現在拉致された総人数は

北朝鮮による日本人拉致

その拉致の目的は3つある

2017年現在、拉致された総人数は?


スポンサーリンク

「生臭寺院」にようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・北朝鮮による拉致の目的は「工作員要請」「文化・言語教育の教官」「身分を盗むため」の3つ

・北朝鮮拉致被害者は、政府認定17人の他に、最大で361名になる可能性がある

・北朝鮮による拉致は、日本だけではなく、韓国・中国・タイ・ルーマニア・レバノンの人々も拉致された

 

■目次

北朝鮮拉致の3つの目的

拉致被害者の総人数は?

拉致されたのは、日本人だけではなかった

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■北朝鮮拉致の3つの目的

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より

北朝鮮が日本人を不当に拉致している問題・・・・。

2017年10月現在、北朝鮮には拉致された人間が多数いると考えられています。

なぜ北朝鮮は、日本人を拉致したのか?

そこには3つの目的がありました。

「工作員にするため」「文化・言語学習のための教員」「身分を盗むため」

工作員に育てるため

日本人拉致被害者で、2002年に小泉訪朝によって帰国した「蓮池薫」さんが証言していました。

北朝鮮が拉致をした目的は

「拉致被害者を教育・訓練して、工作員に育て上げること」

蓮池さんは、朝鮮語の学習を受けさせられたり、あらゆるスパイ教育を施されたようです。

しかし、蓮池さんと同じようにスパイ訓練を施されたレバノン人女性が、1979年に逃亡・・・。

その為この「拉致・スパイ訓練」の作戦は失敗に終わったのです。

言語・文化教育のため

拉致された蓮池薫さんは、工作員へ日本語・日本文化を教え込む教官をやらされたのだとか。

ほぼマンツーマンで、日本語が書かれた新聞や雑誌を使って教え込む・・・。

「拉致被害者をスパイに仕立てあげる」作戦が失敗し、拉致被害者の利用方法を変えたのです。

身分を盗むため

拉致被害者の身分を盗む

それが拉致のもう一つの目的。

拉致した人の身分証をもたせた工作員を日本へ上陸させ、拉致被害者になりきって、また日本人を拉致する・・・。

日本へ工作員を送り込むために、拉致した・・・・ということです。

軍事大国を目指している北朝鮮・・・工作員を多数育て、各国に圧力をかけようというのでしょう


北朝鮮軍・特殊部隊の強さ」について、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓

「北朝鮮・特殊部隊の実力は世界最強?装備と訓練の内容も簡単にご紹介」の記事はコチラ

sponsored link


■拉致被害者の総人数は?

政府が認定した拉致被害者の総数は17名。

そのうち5名は、2002年に帰国しています。

北朝鮮の発表では「拉致したのは13名のみ」とのこと。

そのうち5名だけが帰国。

残りの8名は死亡したと言っています。残り4名は入国していないとのこと。

しかし「李秋吉」という人物が、1977年に東京三鷹で「久米裕」さんの拉致に協力したと証言しているのです。

この久米という方は、北朝鮮が認めた拉致被害者13名の中に含まれていません。

つまり、北朝鮮が言っている「拉致したのは13名のみ」というのは、嘘ということです。

 

拉致された総数は、正確には把握されていません。

しかし、警察で発表している「拉致の可能性を排除できない事案に係る方々」・・・つまり「拉致された可能性がある方々」の人数は「361」名に及びます。

政府認定17名の他に、361名もの方が、拉致されている可能性があるのです。


sponsored link


■拉致されたのは、日本人だけではなかった

実は拉致されたのは、日本人だけではありません。

北朝鮮は当初、拉致被害者を「工作員」にしようとしていました。

レバノン人を拉致して、「青い目の北朝鮮工作員」を育てようとした程ですから、世界各地で拉致を行っています。

「韓国人」「中国人」を拉致し、「タイ」「ルーマニア」「レバノン」などの国民をも拉致した可能性があるとのこと。

他にも「アメリカ人」「オランダ人」「フランス人」「ヨルダン人」「ギニア人」「イタリア人」「シンガポール人」「マレーシア人」が拉致された可能性があるとのこと。

1977年11月15日、新潟市から13歳で拉致された「横田めぐみ」さん

彼女の夫は韓国人拉致被害者「金英男」さんだと言われています。

韓国での拉致被害者は3835名・・・・その大半は韓国へ帰国したらしいですが、未だに「516名」は帰国していないのです。

 

彼らを救出するために、国民ができることとは、まず第一に「拉致事件に関心を持ち、知る」ということでしょう。


拉致被害者を救出するために、何ができるのか?」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「北朝鮮を滅亡させるには何をすれば良い?具体的なシナリオを考察」の記事はコチラ

 

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・拉致の目的は「工作員要請」「文化・言語教官確保」「身分証の奪取」

・北朝鮮の日本人拉致被害者は、政府認定17人のほかに、最大「361名」もいる可能性がある

・北朝鮮に拉致されているのは、日本人だけではなく、韓国・中国・タイ・ルーマニア・レバノンなどで被害の可能性がある

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る