説明責任とは何かわかりやすく解説!加計学園問題を例にお話します!

世間を賑わせた「森友学園問題」や「加計学園問題」

これらの問題で、度々耳にする言葉

「説明責任」

この言葉の意味を、分かりやすく解説致します。

そして、加計学園問題において、説明責任は果たされるのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■『説明責任』の意味とは?

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より


加計学園問題。

安倍総理が権力を利用して、友人に利益となるように便宜を図ったのではないか?と疑われている問題。

加計学園の前に騒がれていた「森友学園問題」でも、よく耳にした言葉「説明責任」

この「説明責任」とは、どういう意味なのか?

説明責任とは、英語で言うところの「アカウンタビリティ」で

「政治家などの、社会に対して大きな影響を及ぼす権限者には、その影響力が及ぶ人達(国民など)に対して、結果などを報告する責任がある」

ということです。

2017年6月、国会が閉幕した現在、その「説明責任」を果たさなくてはならない最たるもの、それは「加計学園問題」でしょう。


sponsored link


■「加計学園問題」における説明責任とは?

加計学園問題における「説明責任」とは、一体どういうものなのでしょうか?

説明責任を果たさなくてはいけない人間は誰なのか?

当然、それは疑惑の渦中にいる「安倍晋三」総理大臣です。

では、「安倍晋三」総理は、何を説明すればいいのか?

「加計学園問題」とは

「総理がその権力を使って、総理の友人である『加計学園理事長・加計孝太郎氏』に対して、獣医学部・新設に便宜を図ったのではないか?」

と疑惑を抱かれている問題です。

安倍総理は、便宜を図るなどの関与を一切否定しています。

ということは、「国民が納得できるよう、関与していないということを説明」しなくてはならない・・・・それが「安倍総理の説明責任」ということになります。

しかし、説明責任・・・果たしきれるのでしょうか?

かなり難しい気がしますが・・・。


sponsored link


■加計学園問題・・・説明しきれるか?

安倍総理は、加計学園問題で「説明責任」を果たせるのでしょうか?

2つの理由から、「ほぼ不可能」と言わざるを得ません。

なぜなのか?

それは、「安倍総理に説明する気がないから」とか「疑惑が真実だから」という理由ではありません。

「説明責任を果たせない理由は、『野党』と『マスコミ』」のおかげです。

『野党』

なぜ安倍総理は、説明責任を果たすことが出来ないのか?

理由は簡単です。

この疑惑を追求している「野党」の方々に、「説明を受けて納得するつもりが、そもそもない」からです。

納得するつもりのない人達に、いくら説明しても納得させることなど出来るはずがありません。

なぜ「野党には納得するつもりがないのか?」というと、「与党の疑惑を長引かせて、支持率を低迷させること」が目的であって、「真相究明」が目的ではないから、納得するわけにはいかないのです。

つまり「いくら説明責任を果たし」ても、「説明不足」と言われれば、いつまでも疑惑が終わらないということ。

「日本維新の会」を除いて、何でもかんでも反対の野党さん達・・・・。

「与党を良き方へと導く野党」が無くては、日本は良くなることはないというのに・・・野党は呑気で困ったものです。


sponsored link


『マスコミ』

野党の他にも、この騒動を長引かせよう・煽ろうとしているのが「マスコミ」さん。

実は、安倍総理は説明責任を果たしているのです。

この加計学園問題について、元財務官僚の「高橋洋一」氏が「既に決着した問題だ」と言っています。

どういうことなのか?

詳しくは以下のリンク記事でご説明いたしますが、これまで安倍総理は、「国家戦略特区」についての「議事録」などを使って、徹底的に「加計学園疑惑」についての説明を行ってきました。

何度の何度もです。

しかし、国民の大多数は、そのことを知らないでしょう。

なぜなのか?

答えは簡単です。

マスコミが一切報じないから

いくら政権与党が、この疑惑について説明しようと、マスコミはそのことを全く報じないどころか「新たな疑惑」という見出しを繰り返し、疑惑を煽り、長期化させようとする始末。

なぜ「疑惑を長期化させようとする」のか?というと、理由は「売れる」から。

マスコミからすると、ときの政権のスキャンダルは、貴重な飯の種。

おいそれと疑惑を終わらせるわけにはいきません。

それを「マスメディアは、権力にへりくだってはならない」・・・なんて最もらしいことを理由にして、「真実を報じる」という最優先の義務を怠っているのです。

高須クリニックの「高須院長」が、偏向報道を理由に、あるテレビ番組のスポンサーを降りたことが話題になったことがありました。

偏向報道・・・これによって、国民は正しく問題を認識できないのです。

元財務官僚の「高橋洋一」さんが6/16、フジテレビの「ユアタイム」という番組に出演して言っています。

「(加計学園問題は)特区法に基づいて手続きを踏んでいるので、全く問題はない。」

それに対して、司会の「市川紗椰」さんが

「もしそうなら、政府側にはそのように説明してほしいです」

と言っていました。

全くその通りですが、高橋洋一さんの応えは

「政府は議事録を取り出して『こういう風にきちんとやっていました』と応えています。

それをどうやって報道するか?という問題だと、私は思います」

どうやって報道するか・・・・。

報道されていないのだから、国民はわかりようがありません。

最期に高橋洋一さんは、こう言っていました。

「(この2ヶ月近くの国会でのやり取りについて)他のことをやったほうが良かったでしょうね。」

北朝鮮危機や、憲法改正についてなど、やらなくてはならない問題が山積しています。

貴重な国会での審議の時間を、スキャンダルに費やすとは・・・・果たしてこれが本当に国民のためなのでしょうか?

野党は一体、なにをしているのか・・。


偏向報道に騙されない

そのためにはどのようにすればいいのか?

以下のリンク記事でご説明いたしますので、よろしければご確認くださいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・「説明責任」とは、影響力を持つ立場の人間が、影響を及ぼす先の人達に対して、説明すべき責任を有すること。

・加計学園問題では、安倍総理が国民に『疑惑の真相』を説明する義務がある。

・実は、安倍総理も政府も「何度も何度も説明」してきた。

・しかしマスコミは、政府や安倍総理の説明を報じていない。

・高橋洋一さんが言うには、「この2ヶ月、(国会で)他のことやったほうがよかった。」とのこと。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする