加計文書の問題点は何?野党が怒っている『2つの理由』が衝撃的

文部科学省から見つかった「加計文書」

「総理のご意向」「官邸の最高レベル(首相)が言っている」

という文言が記された文書

この文書の一体何が問題なのか?

野党はなぜ、この文書の存在に怒っているのか?

野党が怒る「2つの理由」が、あまりにも衝撃的!

「加計学園問題は何が問題なのか?【3分】で理解できるやさしい解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

加計文書が、再調査で見つかる!

野党が怒っている「2つの理由」

文書の何が悪かったのか?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■加計文書が、再調査で見つかる!

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年6月16日。

文部科学省が再調査を行い、これまで「存在しなかった」と報告していた「総理のご意向」「官邸の最高レベル」と記された文書が発見されました。

これまで、政府は「調査の結果、文書は存在しなかった」と回答していました。

しかし、結果として、文書は存在していたことに・・・。共有フォルダの中に文書は存在していたみたいです。

この結果「民進党」の「蓮舫」代表は

「結果として隠蔽していた」

とコメント。

どんな理由があれ、「文書が存在しない」と言っておきながら、実際には存在していたということは、嘘をつくつもりが無かったとしても「嘘をついた」と言われても仕方ないです。

隠蔽・・・・もし万が一、隠蔽していたとするなら、そこには「隠蔽しなくてはならない理由」が存在するはず。

そもそもこの文書、いったい何が問題だったのでしょうか?

「加計学園問題で文書の隠蔽が発覚!なぜ嘘をついたのか2つの理由」の記事はコチラ

sponsored link


■野党が怒っている「2つの理由」

この加計学園文書が見つかったことで、野党は怒っているようです。

何を怒っているのか?

主に野党が怒っている理由は、2つ

1,内閣が文書を隠蔽していた

2,総理のご意向があった可能性がますます高まった

1,内閣が文書を隠蔽していた

この文書の存在を、前川喜平元事務次官が、会見で明らかにしてから、政府はこの「総理のご意向」文書の存在を否定してきました。

「調査の結果、文科省にそのような文書は存在していない」

と・・・。

しかし、再調査であっさりとこの文書は見つかりました。

先程も申し上げたとおり、「隠蔽」していたと言われても仕方ないわけです。

野党が怒っているのは、それが原因です。

2、総理のご意向があった可能性がますます高まった

「総理のご意向」と記録された文書が、実際に見つかったのです。

総理自身は「ご意向なんて発揮していない」と関与を否定していますが、文書に「総理のご意向だと聞いている」とはっきりと記されている以上、「ご意向があった」可能性が高まったと言えるでしょう。

総理のご意向があった・・。

 

しかしちょっと待って下さい・・。

総理のご意向があると、なぜいけないのでしょうか?

あの「文書」が見つかったことの、いったい何がまずいのでしょうか?

「忖度とは?使い方と意味をわかりやすく安倍・森友学園と一緒に解説!」の記事はコチラ

sponsored link


■文書の何が悪かったのか?

「総理のご意向」と記された文書。

一体何が問題だったのか?

それは「総理が権力を使って、友人に便宜を図った」という疑惑が存在していることが問題なのです。

「総理大臣」という権力者が、「ご意向」という権力を発揮して、不公平にも「安倍総理の友人が運営する加計学園」に「獣医学部」を新設させてあげたという疑惑。

もしも総理大臣が、権力を使って、友人に便宜を図ったなら、それは「韓国のパククネ前大統領」と同じ不正をした・・ということになります。

獣医学部新設を希望していたのは「加計学園」だけではなく、「京都産業大学」も声を挙げていました。

しかし、京都産業大学はあえなく落選。

新設を認められたのは「加計学園・岡山理科大学」のみ。

加計学園に大学を新設させてあげる為に、「総理はご意向」を発揮したのでは?

そのように疑われているのです。

そして、その「ご意向」があったことを・・・証明はしていませんが、仄めかしているのが、再調査で発見された「総理のご意向」と記された「加計文書」なのです。


sponsored link


竹中平蔵氏のコメント

獣医学部新設のために働いていた、「国家戦略特区諮問会議」という組織の「竹中平蔵」氏がこんなことを言っています。

「元々獣医学部の新設は、空白地に限って認める方針だった」

つまり周囲に「獣医学部」が存在していない地域に限って、新設を認めるつもりだった、ということです。

この方針が決まった時点で、まだ京都産業大学は落選していなかったのです。

しかし、

「その後、日本獣医師会が、新設は1校限りにしてほしい、と要望してきた。

なので仕方なく、近畿に獣医学部が存在することを理由に、京都産業大学を落選させた。」

と、竹中平蔵さんは言ってました。

確かに・・・・安倍総理からすると、「京都産業大学」を落選させた事で、今現在、ろくなことになっていません。

「総理の友人が運営する加計学園・ただ1校のみ」が、獣医学部新設を認められたことで、不正が疑われているのです。

1校だけ認めたら、その後「総理と加計学園理事長」の関係が明らかになった時、疑われるのは当然です。

そんなことは、事前に誰でも気がつくことですよね。

もしも不正があったのなら、「京都産業大学」の獣医学部新設も認めれば、「加計学園だけ認めた」という形を回避して、言い訳もしやすかったはず。

既得権益打破が、獣医学部新設の目的だったはずなので、2校とも認めたほうが、既得権益打破の効果も、より大きいはずです。

それにもかかわらず、1校だけ・・・。まるで「不正がありましたよー」と大声で自白しているようなものです。

確かに、不正があったというなら、辻褄があわない気がします。


sponsored link


内閣府も調査!高橋洋一さんが言う真相

文科省から文書が見つかった翌日、内閣府が「総理のご意向」なんて指示があったのかどうかを調査しました。

その結果

「『官邸の最高レベル』とか『総理のご意向』なんてことを伝えたことはないし、総理からもそういう指示は一切なかった。」

という報告がなされました。

その結果を受けて元「財務官僚」の高橋洋一さんが「フジテレビ」の「ユアタイム」に出演して、「国会議事録」などを根拠にして、こう言っていました

「この『総理のご意向』文書を作ったのは文科省。

文科省の人が内閣府に内緒で、勝手に文書を書いたのだ。

当然、内閣府は『総理のご意向なんて知らない』、とこういうことになる。」

高橋洋一さんが言うには、

文部科学省は、「総理のご意向」なんて無かったのに、勝手に「総理のご意向」があったものとして文書を作った

のだそうです。

文科省はどうして勝手に「総理のご意向」なんて文書を作ったのか?

高橋洋一さんが言うには

「文部科学省のお役人は、交渉で内閣府に全く勝てずに、既得権益を打破されてしまった。

そのお役人が、上司への言い訳のために『総理のご意向があった』と文書に記した。」

のだそうです。

つまり、「総理のご意向」なんてものは存在せず、文部科学省の役人が「既得権益を守れなかった言い訳」のために「捏造」したということ。

・・・・。

これが真相だとしたら・・・・加計学園問題は一体何だったのか?

「総理のご意向」なんてものは存在しなかったということです・・問題自体、存在しなかったということ・・。

高橋洋一さんが、呆れ気味に言ってました。

「加計学園には問題ない。

実は政府は、そのことを議事録を使って、何度も説明している。

それを、マスコミは報じていない。

マスコミがその事実をどのように報じるか・・・という問題だ。

ここ2ヶ月の国会での追求は何だったのか・・・。

他のことやったほうが良かったんじゃないかな。」

加計学園には、全く問題なかった。

高橋洋一さんが言うには、そういうことなのでしょうね。

竹中さんと高橋さんが言うには、「加計学園問題」は、疑惑でも何でも無かったということに・・・。

では野党の怒りは何だったのか?

与党の足を引っ張って、議席をふやすことだけが目的だったのでしょう。

選挙で勝利する・・・・それしか考えていないから、「北朝鮮危機」が叫ばれるなかで、こんなことで時間を無駄にしていしまったのでしょう。

野党・・・・何をやっているのやら・・・・。

「加計学園疑惑報道しない真実語る3人の有識者!今治獣医学部開設は正しい」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・「総理のご意向」文書が、再調査の結果、発見された。

・野党は「隠蔽」と「ご意向疑惑」に怒り心頭

・竹中平蔵さんが「不正は無かった」と証言。

・高橋洋一さんが「問題などない」と呆れ気味に言っていた。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る