加計学園文書は捏造と言う2人の有識者とは?文書の出処は『あの人』!

「総理のご意向」なる言葉が記された文書

その文書から始まった問題「加計学園問題」

ことの始まりである「総理のご意向文書」

これを捏造だと言い切る2人の有識者とは、誰のことなのか?

そして、噂されている文書の出処は、あの人だった?

「忖度とは?使い方と意味をわかりやすく安倍・森友学園と一緒に解説!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

加計学園問題のおさらい

■「文書は捏造」と断言する2人

文書の出処は「あの人」だった?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■加計学園問題のおさらい

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

加計学園問題とは。

民進党の「玉木雄一郎議員」が、文部科学省内に「総理のご意向」なる文言が記された文書が存在する事実を突き止めたこと、それが発端でした。

総理のご意向とはどういうことなのか?

安倍総理の友人が理事長を務める「加計学園」が、日本国内で50年ぶりに獣医学部を新設したのですが、これが「総理のご意向」によるものだったとのこと。

つまり、「総理大臣が、友人の経営する学園に対して、権力を使って便宜を図ったのでは?」という疑惑が持ち上がっているのです。

総理大臣が、友人の利益のために権力を濫用したのではないか?と・・・・。

しかしこの問題に対して、「文書は捏造だ」と発言する有識者たちが・・・。

どういうことなのか?


sponsored link


■「文書は捏造」と断言する2人

「総理のご意向」と記された文書は捏造だ!という有識者たちが・・・。

正確に言えば、「総理のご意向」という文書の存在は認めているものの、その文書は「正規の文書」ではなく、あくまでもメモ書き。

つまり、文書のレベルが「単なるメモ書き」であり、内容に信憑性が乏しいということを主張している方々がいるのです。

文書について、「意味なし」と断言している有識者とは

「青山繁晴」さんと「高橋洋一」さん。

青山繁晴さん

青山繁晴さんが、「総理のご意向」なる文書について

「あれはメモですから。正規の文書ではない。

内容についても、『総理のご意向』というのがどういうご意向かというと、『国家戦略特区を早く進めなさい』という意味でのご意向。

仕事を早くしてくれ、というご意向であるのだから、何の問題もない」

「私の秘書は元々官僚で、その次に読売新聞に入って、今私の秘書をしているが、彼に文書を見せると、

『こういう文書はよくある』と言う。

あれは官僚に見せればすぐに分かるが、メモ書きでしかない」

つまり、正規の文書ではなく、文科省の官僚が書いたメモ書きでしかないので、「ご意向」があったかどうかすら微妙だ!と言いたいのでしょうね。

文書は存在するが、中身が捏造であると・・。

そういえば、元外務省の「佐藤優」さんも、この「総理のご意向」文書が表に出た時、こう言ってました

「あれは怪文書じゃない。ああいう文書は、いくつでもある。私も何度も作りました」

と・・・・。

つまり、メモ書き事態は存在しているが、内容が捏造だ、ということでしょう。

高橋洋一さん

元財務官僚で、現在は嘉悦大学で教授をしている「高橋洋一」さん。

高橋洋一さんは、「総理のご意向文書は実在する」と常に言ってきました。

内容については、青山繁晴さんと同じく「当事者が作成したメモでしかない」と言っています。

青山繁晴さんの秘書をしている元官僚といい、佐藤優さんといい高橋洋一さんといい、みなさん口をそろえて、「あれは単なるメモ書き」と言っています。

「総理のご意向」が本当にあったのかどうか、疑わしい気がしますが・・・。


sponsored link


■文書の出処は「あの人」だった?

ところで「総理のご意向」なる文書は、一体どこから出てきたのでしょうか?

東京新聞の「長谷川幸洋」さんが「言って委員会」というテレビ番組で、文書の出処を「前川喜平」氏と言っていました。

この「前川喜平が出処」という噂、結構信憑性がある話として広まっているようです。

前川喜平氏といえば、会見で『総理のご意向文書は確実に存在する』と証言していた人物。

もしもこの文書を玉木雄一郎議員に流したのが「前川喜平」氏だとしたら・・・。

自分で流出させて、自分で「文書は存在する」と証言・・・。自作自演ってことですね。

文書を作成したのも、もしかしたら前川喜平氏なのではないか?と言われています。

自分で文書を作成して、自分で玉木議員に流し、自分で「文書は存在する」と裏付け会見。

・・・・。

前川喜平氏って、天下りを斡旋した責任を取って辞職したお方。

クビに追い込まれた安倍総理に相当な恨みを抱いているでしょうね。

青山繁晴さんや須田慎一郎さんが言うには、警察が内偵していた「出会い系バー」に、前任者である「文科省事務次官」と一緒に出入りし、週2~3回出入りしていたそうです。

何故か週刊文春や朝日新聞によれば「権力に立ち向かう英雄」らしいのですが・・・・天下りを斡旋し、暴力団の資金源となっているだろう「出会い系バー」に出入りしていたこの人を、果たして英雄扱いしていいのか?

出会い系バーに100回近く出入りしておいて、『貧困調査のため』と言い訳していたお方。

なぜか今治市に行った様子がまったくないお方。

英雄扱い以前に、信用していいのか?

信じるべきではない気がするんですけどね・・・。

「加計学園問題は何が問題なのか?【3分】で理解できるやさしい解説」の記事はコチラ
「前川喜平・事務次官の【出会いカフェ】に内偵が入った?逮捕なるか」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

「総理のご意向」文書が、捏造なのではないか?という噂がある。

・この文書について、「青山繁晴」氏「高橋洋一」氏などは、「単なるメモ書き」と主張。

・文書を民進党・玉木雄一郎議員に流出させたのは「前川喜平」氏だという噂がある。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る