下村博文に文春砲スキャンダル!加計学園の違法献金で安倍政権退陣か

6月29日追記!下村氏が会見で、報道内容を全否定!

下村博文元文部科学大臣に文春砲が炸裂?

加計学園からの違法献金疑惑が浮上。

政権を追い詰め続けてきた加計学園疑惑に、違法献金!

下村博文と安倍内閣、この文春砲で、今後どうなってしまうのか?


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■下村博文氏に、文春砲炸裂!

加計学園問題について、下村博文・元文部科学大臣に「週刊文春」のスキャンダルが炸裂しました。

週刊文春によると

「2013・2014年に加計学園から合計200万円の違法献金の疑いあり」

とのことです。

週刊文春が入手した「下村博文氏の事務所の内部文書」には、2013・14年に、『加計学園』から合計200万円の献金を受けたことが記載されています。

献金は「パーティー券購入」という形で行われたのだとか。政治家が資金集めのためにパーティーを開くってのは、よくある話ですよね。

政治資金規正法によると、「20万円超のパーティー券を購入してもらったら、『政治資金収支報告書』に記さなくてはならない」のですが、下村博文さんの報告書には、この200万円の記載が無かったのです。

「内部文書」には「加計学園から200万円」と記載されているのに、「政治資金収支報告書」にはその旨が書かれていない。

つまり「事務所内部文書」と「政治資金収支報告書」の内容が異なっているということです。

下村さんが言うには

「加計学園にパーティー券を買ってもらったことはない」

とのことですが・・・本当でしょうか?


sponsored link


■下村博文さん、議員辞職か?

週刊文春は、賭け学園が獣医学部新設のために、下村博文さんに口利きを依頼した・・・という疑いについても報じています。

下村博文さんの元秘書が記した「日報」に、口利き依頼について記されていたのだとか。

もしも口利き依頼があったとしても、陳情ってのはどこの政治家にも行われるものですから、「見返りに利益を得ていた」わけではないのなら、それほど問題はないはず。

ただ、文春砲が報じている「200万円」が、もしも口利きの見返りとして渡されたものだったら・・・。

政治資金規正法違反で、間違いなく議員辞職ってことになるでしょうね。

実は下村博文さんって、これまで何度も「政治資金」の問題で疑われてきたお方。

2015年に、政治資金規正法違反の疑いで、東京地検が告発状を受けています。その後、2016年11月22日に不起訴。

他にも、『反社会勢力』と関わりがあると言われた「名古屋の進学塾元代表」から、献金を受けたことがあったのです。その献金は、返金したとのことですが・・・。

またしても「政治と金」の問題で、騒がれている下村さん。

違法な政治献金で、議員辞職。

となると加計学園問題は、これまで以上に盛り上がる事となるでしょう。

下村さん・・・何度となくお金の問題で疑われているのはなぜなのか・・・。

ちょっと詰めが甘いのかもしれません。


sponsored link


■安倍政権は崩壊か?

下村博文さんが議員辞職したら、安倍政権へのダメージは、相当なものとなるでしょう。

2017年6月現在「閣僚」ではないので、致命的というわけではないでしょうが、「加計学園に関係している」ということが、安倍政権からすると相当マズイです。

おそらく野党は、この下村博文さんのスキャンダルを相当に追求するでしょう。

マスコミも放っておいてくれるとは思えません。

たとえ問題が無かったとしても、有権者は自民党・安倍政権に嫌悪感を抱くのは間違いありません。

スキャンダルが出たのが「東京都議選」の真っ只中ということで、自民党へのダメージは計り知れないものがあります。

東京都議選は、その後の「衆議院選挙」に直結するとも言われています。

もしかしたら、この東京都議選の結果が、次の衆議院選挙の結果を占うものとなってしまうかも・・。

となると、安倍政権が崩壊する!という可能性もあります。

「加計学園問題」・・・。この「加計学園問題」自体は、不正があったとは思えないので、それほど大きな問題ではないです。

しかし「政治と金の問題」となると話は別。

これが致命傷となって、安倍政権崩壊となる可能性もあります!

とはいえ、自民党の対抗馬・民進党の支持率が全く上がっておらず、東京都議選でも民進党は大敗しかけていますので、「政権交代」とまではいかないと思いますが・・。

それでも政権に、相当なダメージとなるのは、間違いありません。

もしかしたら、「安倍政権」が倒れて、「石破茂」さんが総理大臣になるかも・・・。まぁ、可能性は低いでしょうけどね・・・。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・下村博文・元文部科学大臣のスキャンダルを、週刊文春が報じた。

・違法献金の疑いあり。しかも献金を受けた相手が「加計学園」。

・もしかしたら、下村博文氏の「議員辞職」となるかもしれない。

・政権交代とはならないだろうが、安倍政権崩壊にも繋がるかもしれない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。


sponsored link


■6月29日追記!下村氏が会見!疑惑否定!

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より


6月29日、下村博文氏が記者会見を行い、週刊文春が報じた疑惑について説明していました。

それによると、

「事実に反している。選挙妨害目的だ」

とのことです。

どういうことなのか?

2013年、加計学園の秘書室長が下村氏の事務所に、100万円を持ってきたのだとか。

しかし、その100万円は、加計学園からの献金ではなく、合計11の個人や企業からのパーティー券購入代金を、加計学園の秘書室長が「とりまとめて」持ってきただけのことだそうです。

この11の個人・企業の中には、「加計学園の関係者」も含まれているものの、加計学園の関係者だけではないと言ってました。

2014年にも同様に、11の個人と企業によるパーティー券購入代金を、加計学園の秘書室長がまとめて持ってきたのだとか・・・。

この200万円のパーティー券購入について、

「加計学園が購入したものではない」

と下村博文氏は、記事内容を否定しています。

週刊文春に対して、「名誉毀損」などの対処も検討しているみたいです。

東京都連会長を務めている下村博文さん。

都議会選挙直前だということで、週刊文春に「選挙妨害」のつもりは無くても、結果として選挙を妨害することに繋がりかねないでしょう。

しかし、週刊文春の続報がありそうで・・・ちょっと気になります。

全力で否定しておきながら、続報で「クロ」確定・・とか・・・。

そんなことになったら、流石に自民党、マズイでしょうね。


sponsored link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする