加計学園と安倍の癒着を報じた週刊現代!疑惑を徹底検証してみた

加計学園と安倍総理が癒着?

週刊誌・週刊現代が報じたというこの問題。

本当に安倍総理は、加計学園と癒着していたのか?

問題を検証してみました。

「森友学園問題とは何かを超分かりやすく超短く説明!保育園でも不正?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

加計学園疑惑!愛媛・獣医学部新設

週刊現代が報じた、加計学園・淡路島の一件

疑惑を検証!加計学園と総理は癒着してる?

本日のまとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■加計学園疑惑!愛媛・獣医学部新設

2017年5月、加計学園と安倍総理の癒着疑惑が浮上しました。

愛媛県今治市に「加計学園・岡山理科大学・獣医学部」が新設される件について、文科省に「総理のご意向」「官邸トップが言っている」などと書かれた資料が存在していると、民進党の玉木議員が国会でコメントしたのです。

加計学園の理事長・加計孝太郎氏と、安倍総理は数十年来の友人ということで、何かしらの癒着があったのでは?と疑われているのです。

実際加計学園は、約50年の間どこの大学でも認められていなかった「獣医学部」新設を認められました。

そりゃあ何かしらの大きな力が働いたのでは?と考えちゃいますよね。

大きな力・・・・「安倍総理」みたいな絶対権力者のね・・・。

しかも、どうやら大学に対して、約37億円の土地が無償提供され、更には96億円の補助金まで出された・・・・とのことです。

実は、加計学園と安倍総理の疑惑については「愛媛県今治市」の一件だけではなく、どうやら「兵庫県・淡路島」でも似たようなことがあったみたいですね。

2017年3月下旬、「週刊現代」さんが「淡路島」で発生した「加計学園の不可解な土地問題」について報じていました。

「加計学園疑惑を簡単にわかりやすく解説!森友学園問題と比較してみた」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■週刊現代が報じた、加計学園・淡路島の一件

2017年5月、加計学園と「愛媛県今治市」の土地・安倍総理の関係について、問題になっているのですが、実は「加計学園・安倍総理」疑惑は2017年3月下旬に報じられていました。

報じたのは「週刊現代」

週刊現代は、加計学園と「淡路島・南あわじ市」の土地問題について報じていました。

淡路・加計学園!

週刊現代が2017年3月下旬に報じたところによると、加計学園が淡路島で、ある騒動を起こしたのだそうです。

ある日、南あわじ市にある県立志知高校跡地、この土地の利用について、大阪のパチンコ業者が「工場や倉庫の建設をしたい」、と名乗り出たのです。

パチンコ業者と南あわじ市の担当者は、数十回以上も話し合いを重ねました。

雇用と税収アップを目指す「南あわじ市」も、パチンコ業者に「高校跡地」を使わせることに結構乗り気でした。

しかしある日突然、この「高校跡地」の使いみちが決まってしまいます。パチンコ業者との交渉の最中であるにも関わらずです。

この「南あわじ市」の「高校跡地」は、吉備国際大学のキャンパス候補地となったのです。

南あわじ市は、この「高校跡地」について交渉を続けていたパチンコ業者さんに対して、「無かったことにしてくれ」と言ったきり、謝罪もなし。

この「吉備国際大学」・・・・「加計学園」のグループに属する大学で、安倍総理の友人で理事長・加計孝太郎の姉・美也子さんが理事長を務める大学

南あわじ市が、突然それまでの交渉を全て打ち切った・・・・ということは、よほどの権力者が介入したのでは?

加計学園の理事長・加計孝太郎は、安倍総理の友人・・・これは偶然なのか?。

まさか安倍総理の権力が、何かしら動いたってことなのでは?

週刊現代は、加計学園と安倍総理の癒着を、「南あわじ市」で仄めかしています。

「森友学園問題とは何かを超分かりやすく超短く説明!保育園でも不正?」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■疑惑を検証!加計学園と総理は癒着してる?

週刊現代が報じた「南あわじ市」での土地の一件。

その後話題になった「文科省のメモ『総理のご意向』」の件。

安倍総理と加計学園は、本当に癒着しているのでしょうか?

よくテレビに出演している、2人の元官僚のコメントをヒントに、検証してみたいと思います。

元外務省「佐藤優」の意見

外交官だった「佐藤優」氏。

彼が言うには、「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと書かれたメモは「それほど珍しいものではない」とのこと。

何故かと言うと、自分がこれまでにも散々作成してきたメモだから・・・。

こういうメモに書かれているものは、真実である可能性が高い。

が、文科省は「臆病官庁」として有名だから、もしかしたら、「こういうことを内閣府から言われた」という言い訳のために、こういうメモを残していたのかもしれない。

つまりまとめると、佐藤さんはこう言いたいのかな?

「このメモは真実が書かれている可能性もあるが

言い訳のためのイタズラ書きである可能性もある。

どちらかは、今のところわからない」

ということかな・・・。

一言で言えば「わからない」ということですね。

元財務省「高橋洋一」の意見

財務省でお仕事をしていた高橋洋一さん。

彼が言うには、

「「総理のご意向」のメモは、おそらくランクの高い人ではなく、下っ端の役人が書いたのだろう。

「総理の意向」を耳にできる役人なんてほとんどいない。

それに「いつ」「どこ」なのかが全く書かれていないってことは、かなりいい加減なメモだと思う。

こんなメモを取り上げるんだったら、民進党政権下ではこんなメモいくらでも出てくる。」

加計学園問題は、あっという間に終息すると思う・・・。高橋洋一さんはそう言ってました。

つまり、総理は潔白だ!と言いたいのでしょうね。


sponsored link


加計学園問題は、長期化する

拙僧はこの問題、長期化すると思っています。

籠池・森友学園問題で、あれだけ粘った民進党が、この加計学園問題をそう簡単に手放すとは思えません。

以前、維新の会の「足立康史」議員が言ってました。

「民進党は、主張に全くまとまりがない。

憲法を党内で議論すると、党が分裂する。

原発についても議論すると、党が分裂する。

だから、政策を議論できず、森友ばっかりやるんだと思う。」

やることないから「森友・加計」ばかり・・・。

民進党・・・・・もしこの足立康史議員の指摘が当たってたら、本当に終わりですね。

もはや必要ない政党でしょう・・・。

安倍総理は潔白?

おそらくですが、安倍総理は「潔白」でしょう。

加計学園に対して、安倍総理が便宜を図ったのなら、いくら隠蔽しても現代社会では隠し通せるものではありません。

それは安倍総理が最もよくわかっているでしょう。

にも関わらず、なぜ加計学園にとって有利な事が起こったのか?

おそらく、また「忖度(そんたく)」が発生したのではないでしょうか?

総理の友人である、加計学園に忖度・・・。二度と起こらないようにしないといけないですが、総理に責任あるか?というと、ないでしょう。

「【判明】森友学園問題の黒幕は誰?須田さんの推測と麻生太郎疑惑!」の記事はコチラ

sponsored link


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・安倍総理が「加計学園」に対して、便宜を図ったのではないか?という疑惑が持ち上がっている

・実は、淡路市でも加計学園に対して、便宜があったのでは?という疑惑が浮かんでいた。

・元官僚は、「問題ない」という意見を強調している気がする。

・おそらくこの問題は「長期化」するだろう。

・しかし、多分安倍総理は、何も知らない。潔白ではないだろうか。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「忖度とは?使い方と意味をわかりやすく安倍・森友学園と一緒に解説!」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る