被曝するとどうなるのか?症状を分かりやすく簡単に説明

「被ばく」すると、人間はどうなるのか?

そもそもどれくらいの放射線を受けると「被ばく」したことになるのか?

「被ばく」には2種類ある?

被ばくの症状を分かりやすく解説致します。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

2種類の「被ばく」について

内部被曝と外部被曝

被曝するとどうなる?症状は?

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■2種類の「被ばく」について

公式チャンネル「KyodoNewsチャンネル」より

放射線を浴びてしまうことを「被ばく」といいます。

しかし実は「被ばく」には2種類あるのです。

「被」と「被

「被」とは爆弾によって被害を被ることを言います。

放射性物質は関係ありません。

対して「被曝」というのは、「放射線にさらされて、人体がそれを浴びてしまうこと」を言います。

「曝」という字は、一般的に多く使われている字ではないため、世間では「被ばく」と呼んでいるのです。

■内部被曝と外部被曝

「被曝」にも2種類あります。

内部被曝外部被曝です。

どう違うのでしょうか?

外部被曝

外部被曝とは、「身体の外側、つまり皮膚が放射線にさらされてしまった状態」のことです。

例えば、放射性物質が満ちている空間に、防護服無しでいると、外部被曝をしてしまいます。

一般的に、核兵器やメルトダウンなどで被害を受けやすいのは、この「外部被曝」でしょう。

内部被曝

内部被曝とは、「呼吸や、汚染物質を飲食したために、体内から被曝してしまう」ことです。

放射性物質は、特殊な防護服やマスクをしないと、呼吸で体内に取り込まれます。

更には、放射線に晒された水や食料を口にすることでも、体内から被曝してしまうことがあります。


sponsored link


■被曝するとどうなる?症状は?

被曝すると、どうなってしまうのでしょうか?

2017年6月6日「茨城県・大洗」で被曝事故がありました。

彼らは「内部被曝」していたらしいですが、担当医師の話では、

「内部被曝の症例が少ないため、今後どういうことになるのか、わからない。

とはいえ、すぐに命に別状があるということはないだろう」

と言っていました。

確かに、内部被曝したらどうなるのか?

情報は殆どありませんでしたので、残念ながらはっきりしたことはわかりません。

以下には「外部被曝」した場合の症状をご紹介致します。

放射線量ごとの症状

0.5シーベルト(500ミリシーベルト)で、出血・・・すなわち鼻血などの症状が出る可能性があります。

これは「白血球」という抗体が著しく減るために起こる症状だそうです。

1シーベルト(1000ミリシーベルト)で、吐き気やめまいなどの症状があります。

先日の「茨城県・大洗」の事故で、被害を受けた男性の肺から22000ベクレルのプルトニウムが検出された!と言われています。

この量の放射性物質が体内にあるということは、「年間1.2シーベルト」の放射線を浴びてしまうということです。

3シーベルト(3000ミリシーベルト)で、脱毛の症状。

中には亡くなってしまうケースも有るようです。

5シーベルト(5000ミリシーベルト)で、身体に赤い痣があらわれます。

生殖機能を失うこともありえます。

7シーベルト(7000ミリシーベルト)でほぼ確実に亡くなってしまうと言われています。

 

0.1シーベルト以上の放射線を浴びると、癌になる可能性が高くなるとのこと。

通常の生活で、放射線にさらされることはありませんが、何かしらの事故や災害時には注意が必要でしょうね。

現在放射能について、最も迫った危機といえば「北朝鮮の核兵器」。

爆発を除けば、メルトダウンなどに比べて放射能の危険性は低いですが、それでも危険であることに違いはありません。

いざという時の避難方法については、以下のリンク記事をご覧くださいませ。

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ
・「北朝鮮戦争秒読みの2017年!最新の日本危険エリアは柏崎と大阪!」の記事はコチラ

■まとめ

本日の記事をまとめますと

・被爆と被曝は違うもの。

・被ばくには「内部被曝」と「外部被曝」がある

・大量の放射線を浴びると、命に関わる。

・3シーベルト以上の放射線を浴びると、命の危険もある。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

・「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る