橋下徹の政治家復帰の可能性は2万%ない!その2つの理由とは?

2017年6月、一部報道で流れた「橋下徹」の入閣!

「法務大臣に就任」なんて、2万%あり得ない!

橋下氏の政治復帰もあり得ない!

その理由について考察致しました。

分かりやすく、解説致します。


スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

■目次

橋下徹が「維新の会」政策顧問を退任

橋下徹が「入閣」?

橋下・入閣があり得ない2つの理由

橋下徹の政界復帰!2つの理由で、絶対ない!

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■橋下徹が「維新の会」政策顧問を退任

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

橋下徹氏が、政界引退後も続けていた「日本維新の会」の「政策顧問」を辞めることになりました。

今後も「法律顧問」は続けるということですが、日本維新の会から距離をおいた・・・ということになります。

つまり、「橋下徹は、日本維新の会とは関係ない」ということを強調したということでしょうね。

さて、この日本維新の会から距離をおいた、という事実は、一体何を意味しているのでしょうか?

一部の報道では、「入閣への布石」という噂もあるようです。


sponsored link


■橋下徹が「入閣」?

橋下徹氏が、安倍政権へ入閣するのではないか?という報道が、一部でされています。

なぜそんな報道がされたのか?

原因は2つあるようです。

1,「橋下徹が維新の会と距離をおいた」

2,「安倍政権が追い詰められている」

「1」については先程申し上げたとおりです。

「2」についてですが、安倍政権は「森友学園問題」「加計学園問題」と、続けざまのスキャンダル追求を受けて、後手に回っている状態。

支持率は5割以上をキープしているようですが、それでも守勢に立たされている状況に間違いありません。

この状況を、どのように打破するのか?

わかりやすい対抗措置としては、「内閣改造」が挙げられます。

政府の人間を変えることで、新しい体制を作り、新しい人気議員を配置することで支持率を回復させ、野党からの追求に対する・ということでしょう。

橋下徹氏が、維新の会と距離をおいた!という報道のタイミングが、安倍政権が厳しいタイミングとマッチしたため、「橋下徹・入閣」という報道がなされたのです。

非常にわかりやすいですし、橋下徹という「法律のプロ」と「ネームバリュー」は、捨てておくにはもったいないでしょう。

維新と距離をおいたということは、自民党に入閣するというのも可能かもしれません。

かつて「与謝野馨」氏が、民主党政権で入閣したように・・・。

とはいえ、可能ではありますが、橋下徹氏の入閣はあり得ないと思います。

その理由は2つあります。


sponsored link


■橋下・入閣があり得ない理由

橋下徹入閣はありえません。

理由は2つあります。

「橋下入閣」を報じたのが「東スポ」だから

橋下徹・入閣を報道したのは「東スポ」さんです。

冗談半分ではありますが

「東スポは、日付以外は全て誤報」

と言われているのが「東スポ」さん。

この東スポさんが、「橋下徹・入閣」と言っていたとしても・・・信憑性がありません。

維新の会に打撃となる

橋下徹が「維新の会」と距離をおいたのは、なぜか?

維新の会は、今だに橋下氏の影響力と人気による恩恵を受けているので、その現状を打破しようとしたのでしょう。

遅かれ早かれ「橋下徹」という看板から独り立ちしないと、維新の会は長続きしません。

そのため、橋下徹氏は、維新の会から距離をおくため「政策顧問」を退任したのです。

しかし、だからといって橋下徹氏が、どこで誰と何をしようとかまわない!というわけではありません。

もし万が一、橋下徹氏が即「自民党政権で入閣」したら、維新の会はどうなるでしょうか?

橋下徹支持者が、一気に自民党に流れて、維新の会の支持率は低迷するかもしれません。

遅かれ早かれ、維新の会は橋下徹から独り立ちしなくてはいけませんが、いくらなんでもいきなり入閣されたら、維新の会は困ります。

維新は、橋下徹入閣を非難するかも。

しかも報道では「法務大臣」での入閣と報じられました。

法務大臣といえば、死刑執行のサインをする職業です。

国会議員ではない民間人でも、入閣することは可能ですが、橋下徹の法務大臣就任は、重責に過ぎるので、可能性が低いです。

橋下徹・入閣。2万%ありえません。

本当にあり得ないでしょうね。

■橋下徹の政界復帰!2つの理由で、絶対ない!

そもそも橋下徹の政界復帰はあり得るのか?

2つの理由から、ないでしょうね。

その2つの理由とは

1,「維新の会の存在」

2,「政界復帰への期待が少ない」

維新の会の存在

橋下徹氏の政界復帰を阻んでいる存在は、維新の会そのものでしょう。

維新の会がある限り、橋下徹が政界復帰をしても、彼の受け皿は「維新の会」以外にはありません。

しかし、橋下徹氏が引退したとき、彼の影響力はかつての輝きを失い、地に落ちていました。

終盤には、自民党という「巨大な既成政党」の「組織力」を手放しで賞賛し、自らの組織力に絶望していた感もありました。

カリスマとしての輝きはあったものの、巨大組織を統率する「統率者」としての能力は橋下徹氏には無かったのでしょう。

維新の会が橋下徹の受け皿となって、政界復帰を果たしたとしても、はっきり言ってかつてのような発言力はありえません。

それよりも、テレビ出演で外から政治へ物申していたほうが、橋下徹氏が目指す政治を実現できるのではないでしょうか。

つまり、政界復帰する意味が乏しい、ということです。

政界復帰への期待が少ない

政界復帰する意味が乏しい。

「橋下徹・待望論」でも出てくれば話は別ですが、現状「橋下徹・復帰」に期待している国民は、ほとんどいません。

そんな状況で復帰しても、何も得ることは出来ないでしょう。

一言で言ってしまうと「まだその時ではない」ということ。

あれだけ「機を見るに敏」な橋下徹氏が、今この何もないタイミングで、政界復帰するとは思えません。

今はテレビ出演をして、コメンテーターとして、外から政界へ提言しているほうが、橋下徹氏本人からしてもやりやすいのではないでしょうか。

政界復帰はない。

遠い将来なら話はわかりませんが、近い内の復帰はありえません。


sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・橋下徹氏が、「日本維新の会」の政策顧問を退任した。

・東スポが「橋下徹・入閣」と報じた。

・東スポは「日付以外は全て誤報」と言われた新聞。

・橋下徹の入閣は、維新の会にとって打撃となりかねないので、あり得ない。

・政界復帰も、意味が乏しいのであり得ない。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

・「核兵器の攻撃を受けたら避難場所や子供対策は?各対処方法を徹底解説」の記事はコチラ
・「北朝鮮ミサイル発射で何分後日本のどこに落ちる?どこに避難すれば?」の記事はコチラ
「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る