淀殿は密通して秀頼出産?甲冑着て戦ったらしいがその実物は今どこに


淀殿・・・・豊臣秀頼は実は秀吉の子ではなかった?

不義密通は日常茶飯事?

気性が激しく、大阪の陣では甲冑を着て戦った?

その甲冑は今どこに?

実は落城を3度も経験した苦労人?


sponsored link


生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

下のリンク記事は別タブで開きます。

「大阪の陣の敗因は淀殿?」の記事はコチラ
大蔵卿局は無能?実は豊臣秀頼の祖母?」の記事はコチラ
織田有楽斎は裏切り者?子孫は名古屋市在住?」の記事はコチラ

■目次

淀殿の不義密通!秀頼は誰の子?

淀殿の甲冑はどこに?

淀殿は3度も落城を経験した苦労人?

本日のまとめ

その他の記事

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。


%e6%b7%80%e6%ae%bf%ef%bc%94


目次にもどる

■淀殿の不義密通!秀頼は誰の子?

大河ドラマ「真田丸」で「竹内結子」さんが演じている「淀殿

豊臣秀吉の側室で、秀頼の母・・・ですね。

しかし、この秀頼さん・・・・本当に秀吉の子供なの?という疑問がという疑問が、当時からされていたみたいです。

何と言っても淀殿にとって秀吉は「母と兄の仇」ですから。

淀殿の母「お市」は秀吉に敗れて、夫の「柴田勝家」とともに北ノ庄城で亡くなっています。

そして、兄「万福丸」さんは、「小谷城落城」の際に、隠れていたところを秀吉に発見されて、後に「天下分け目の戦い」が行われる関ヶ原で殺害されてしまったのです。

そんな仇の子供を喜んで出産するでしょうか?

そもそも秀吉には子供をつくる能力がなかった・・・・と言われています。

女好きだった秀吉・・・たくさんいる側室の中で、淀殿だけに子供が産まれるなんて不思議ですからね。

実は当時から、「淀殿の密通」つまり浮気は噂されていたらしいです。

そして浮気相手と疑われた人物が、「大野治長」という人物。

淀殿の幼馴染・乳兄弟。

つまり淀殿の「乳母・養育係」の「大蔵卿局」の長男が「大野治長」さんです。

秀吉は身長が小柄なブサイクでしたが、秀頼は大柄でイケメンだったらしいです。

その為、秀頼の父は同じくイケメンだった「大野治長」ではないか?と言われていたらしいです・・・・。

まぁ、他にも疑惑の男性はたくさんいたでしょうけどね・・・。

淀殿からすると「秀吉の子」という名目で子供を出産できれば、誰の子でも構わなかったのかも。

その子が天下人になれれば、母を殺害された怨みを晴らすことが出来ますからね。

目次にもどる

■淀殿の甲冑はどこに?

そんな淀殿が、「大阪の陣」で女でありながら甲冑を来て将兵を励ましていた!!なんて言われています。

彼女が着ていた甲冑って、どんなものだったのでしょうか?

おそらくなのですが、それは「秀吉が生前に着ていた甲冑」だったのではないでしょうか?

秀吉の形見の甲冑を着ることで、おそらく軍のやる気を煽ることが出来たでしょうからね。

ちなみに「秀吉の形見の甲冑なら、秀頼が着ていたのでは?」とも考えましたが、秀吉の身長は160cm以下、秀頼は190cm以上だったらしいですから、おそらくサイズが異なり着られないでしょう。

秀吉の甲冑は淀殿が着たのではないでしょうか?

さて、その「淀殿が着た甲冑」、今どこにあるのでしょうか?

おそらく現存はしていないと思われます。

理由は簡単・・・・「大阪城落城の際に、炎上してしまった」のではないでしょうか。

淀殿と秀頼の遺体は見つからなかったとか。

もしも見つかっていたら、「謀反人」ということでさらされていたでしょう。

しかしそんなことは行われていなかったみたいですので、淀殿のご遺体は見つからなかったのでしょう。

何と言っても大阪城は炎上したということですから、その家事で、淀殿の遺体も、着ていた甲冑も消失してしまったのではないでしょうか・・・。

もしかしたら、秀吉の甲冑のレプリカの中に・・・・・淀殿が着ていた甲冑と同じデザインのものがあったかも・・・。


sponsored link


目次にもどる

■淀殿は3度も落城を経験した苦労人?

淀殿・・・・織田信長の姪で、セレブでプライドが高い感じのする淀殿・・・。

実はかなりの苦労人・・・・。

彼女は大阪城落城も含めると、人生で3度も落城を経験しています。

修羅場をくぐっていますね~・・・。

一度目はまだ幼い頃に父「浅井長政」と一緒に暮らしていた北近江、現在の滋賀県北部にある「小谷城」。

この小谷城落城は、織田信長の手によってなされたことでした。

二度目は、淀殿の母「お市」が、「柴田勝家」と再婚したのちに、その居城「北ノ庄城」。

この北ノ庄城落城は、後の豊臣秀吉である「羽柴秀吉」の手によってやられました。

淀殿・・・・・幼くして父を伯父の織田信長に殺害され、母を豊臣秀吉に殺害され、息子は徳川家康に殺害され・・・・。

この3人のせいで人生めちゃくちゃにされてしまった淀殿・・・・。

美しくって苦労人・・・・。

「悲劇のヒロイン」って言葉が似合いそうな気がしてきましたね・・・。


%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%ef%bc%95


目次にもどる

■本日のまとめ

本日の記事をまとめますと

・豊臣秀頼は淀殿と大野治長の子供であるという噂が当時からあったらしい。

・淀殿が着ていた甲冑は、おそらく焼失している。

・淀殿、お姫様だけど、苦労しっぱなしで修羅場くぐりっぱなし・・・。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

またよろしければお付き合いくださいませ。

それではこの辺で失礼致します。

南無阿弥陀仏・・・。

目次にもどる

■その他の記事

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「戦国時代(大河ドラマ関連)」の記事はコチラ


sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る