衆議院の議席数は現在いくつ?政党別議席と憲法改正に必要な数は

2017年10月、衆議院選挙が行われます。

衆議院の議席数が10議席削減される事になりますが、選挙前の各政党の議席数はいくつなのか?

憲法改正が議論されていますが、憲法改正には3分の2の議席が必要と言われています。

3分の2って、何議席のことなのでしょうか?

「【2017】衆議院解散総選挙の結果を予想!なぜ今解散したのか?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

「生臭寺院」へようこそ。

拙僧は住職の「生臭坊主」こと省略して「ナマズ」と申します。

この記事をざっくり言うと

・衆議院と参議院で、与党の自民・公明は過半数を維持している

・憲法改正には「衆議院」で「310」、参議院で「162」議席が必要となる

・おそらく、2017年10月の選挙で自公は議席を微妙に減らすこととなる

 

■目次

2017年9月現在の衆議院・政党別議席数

憲法改正に必要な議席数は?

2017年10月の衆議院選挙の結果予想

まとめ

よろしければお付き合いくださいませ。

南無阿弥陀仏・・・。

■2017年9月現在の衆議院・政党別議席数

公式チャンネル「ANNnewsCHチャンネル」より

2017年10月に衆議院選挙が行われます。

それに際して、選挙前の衆議院・各党勢力を確認してみましょう。

2017年9月20日現在、衆議院の議席総数は「475」です。

2017年10月に予定している衆議院選挙で、「10議席」が削減されて「465」議席となります。

衆議院・与党

2017年9月現在、与党は「自民党」と「公明党」です。

与党は、衆議院で合わせて「323」議席保有しています。

自由民主党・・・・288議席

公明党・・・・・・35議席

「憲法改正の発議」に必要なのは「衆参ともに3分の2議席」です。

自民・公明両党で、3分の2以上である「317」議席を保有している事になります。

衆議院・野党

2017年9月現在、衆議院に議席を持つ「野党」は5つあります。

民進党・・・・・・88議席

日本共産党・・・・21議席

日本維新の会・・・15議席

自由党・・・・・・2議席

社会民主党・・・・2議席

無所属・・・・・・21議席

欠員・・・・・・・3議席


sponsored link


参議院・与党

参議院の議席数も、念のため記載しておきます。

参議院の与党勢力は、「3分の2」を確保していません。

自由民主党・・・・122議席

公明党・・・・・・25議席

参議院の総議席は「242」議席。

3分の2は「162」議席です。

今のところ、与党だけで「憲法改正の発議」は出来ません。

憲法改正に意欲を見せる「日本維新の会」や「日本のこころ」、「無所属」の議員を含めて、ギリギリ「3分の2」を確保している状態です。

参議院・野党

参議院には、「日本のこころ」と「沖縄社会大衆党」という野党が存在していますが、政党要件を満たしていないので、正確には「野党」ではありません。

民進党・・・・・・48議席

日本共産党・・・・14議席

日本共産党・・・・11議席

自由党・・・・・・4議席

社会民主党・・・・2議席

日本のこころ・・・2議席

沖縄社会大衆党・・1議席

無所属・・・・・・13議席


sponsored link


■憲法改正に必要な議席数は?

2017年10月の衆議院選挙ですが、メディアでは「大義なき解散」などと言っています。

9月19日、虎ノ門ニュースに出演していた作家の「百田尚樹」さんが、今回の選挙の「大義・解散の理由」「国民に対して、何を問うているのか?」について、こんなことを言っていました。

「憲法改正に賛成か反対か。非常にわかりやすい選挙です」

と・・・。

では憲法改正に必要な議席数はいくつなのか?

衆議院

憲法改正には、衆議院で3分の2、参議院でも3分の2の賛成が必要です。

2017年10月の衆議院選挙から、議席数が「475」から「465」へ減ることになります。

なので、過半数は「233」議席。

憲法改正の発議に必要な3分の2は「310」議席となります。

参議院

参議院は総数「242」議席なので過半数は「122」議席となります。

3分の2は「162」議席ですが、現在のところ、「自公」合わせて「3分の2」を確保できていません。

「維新の会」や無所属議員の中に「憲法改正」に積極的な政党が存在しています。

それら「改憲勢力」を総動員すれば、憲法改正の発議に必要な「3分の2」が確保できます。


sponsored link


■2017年10月の衆議院選挙の結果予想

 

解散の大義とは?

2017年10月の衆議院選挙ですが、メディアでは「大義なき解散」などと言って、安倍総理の決断を徹底的に非難しています。

ジャーナリストの「長谷川幸洋」さんや、自民党の参議院議員「青山繁晴」さんは、こう言っていました。

「解散の理由は、日本の安全保障をどうするか」

与党と野党、どちらに北朝鮮問題で緊迫している日本の「安全保障」を任せるのかが、今回の選挙で国民に問われていることなのです。

テレビの偏向報道は、今に始まったことではありませんが、「安倍政権」を批判しまくっていたテレビと野党が、政権交代のチャンスである解散総選挙が目の前に迫ると、ビビったのか?「大義なき解散」と批判する・・・・。

なぜ「受けて立つ」の一言を言えないのか・・・・呆れてものが言えません。まぁ、『与党の足を引っ張るのが野党の仕事だ』と思い込んでいる野党議員の皆さんなら、及び腰になるのも仕方ないのでしょう。


「なぜ今このタイミングで解散したのか?」について、詳しくは以下のリンク記事をご覧くださいませ。

↓↓↓↓↓

「【2017】衆議院解散総選挙の結果を予想!なぜ今解散したのか?」の記事はコチラ

「投票先をどのように決めればよいのか?」については、よろしければ以下のリンク記事をご覧くださいませ。

↓↓↓↓↓

「選挙権の18歳引き下げのメリット・デメリット!投票先の決め方とは」の記事はコチラ

sponsored link


結果予想

おそらく自民・公明・民進は議席を微妙に減らす事になります。

流石に支持率が50%台に回復したとはいえ、現在の「3分の2」以上の議席を確保できるとは思えません。

反対ばかり言って、何一つ出来ていない「民進党」も、議席を増やせるとは思えません。

何より「天皇制廃止」「日米安保破棄」を主張している「共産党」との選挙協力に否定的だった「前原誠司」代表が、共産党へにじり寄っている現状・・・民進党に投票したら「共産党の利益となる」とわかっている有権者は「民進党」を敬遠するでしょう。

その他「自由党」「社民党」は議席を減らすかもしれませんが、減らすだけの議席を持っていない両党は、現状維持がいいところでしょう。

日本維新の会」も相当に厳しいと思います。橋下徹という看板を失った今、議席確保は難しく、微減となる可能性が高いです。

小池新党」だけは議席を増やすが、東京都議選並に議席を確保できるとは思えないです。

なぜなら「準備期間が足りない」でしょうから、立候補者を確保出来ないから。

東京都のすべての選挙区で立候補者を擁立するとのことでしたし、おそらく東京都の半数で議席を確保するでしょうから、20~30前後の議席を取るのではないでしょうか。

強固な地盤を持つ共産党は、微増・又は現状維持でしょう。

勝利するのは「小池新党」のみで、後は微減となるのが関の山でしょうね。

それにしても・・・小池新党の注目度がアップしていますが、以前にも似たようなことがありましたね。

「維新の党」が出てきた時、第三極として躍進し、民主党に肉薄する議席増をみせました。

しかし「維新の党」はその後「民主党」「結いの党」と意味もなく野合し「民進党」へ改名。

その後「維新の会」は「民進党」から出ていき、離党ドミノが止まらない状況・・・・。

「加計学園問題」で有名になった「玉木雄一郎」議員が

「共産党以外は、解党して一つにまとまるべき」

なんて、とんでもないことを言っていました・・・。それって野合ってやつですよね・・・。

主義主張が異なる国会議員がまとまって、一つになっても、何が出来るというのか?シンプルになって分かりやすくなるのは良いですが、選択肢が少なくなれば、それだけ実績のある自民党が有利となります。

選択肢の激減は、国民からすると迷惑なだけかもしれませんが・・・・。

小池新党が、「維新の党」みたいにならないよう祈っています。

ちなみに「加計学園問題」について、詳しくは以下のリンク記事をご覧くださいませ。

↓↓↓↓↓

「加計学園問題は何が問題なのか?【3分】で理解できるやさしい解説」の記事はコチラ

sponsored link


■まとめ

本日の記事をまとめますと

・衆議院の議席数は、475議席。2017年10月の選挙で「465」に減る事となる。

・自民党・公明党の与党は、衆議院で3分の2、参議院では過半数を維持している。

・憲法改正に必要な議席、自公・与党は衆議院では確保しているが、参議院では確保できていない。

・2017年10月の選挙で、自公はおそらく議席を減らす。

以上となります。

本日は「生臭寺院」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければコチラの記事も合わせてお読み下さいませ。

リンク記事は別タブで開きます。

「北朝鮮情勢まとめ!戦争・ミサイル・核実験・崩壊予言について」の記事はコチラ

sponsored link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらも合わせてお読みくださいませ!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る